井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

アメリカの大統領なんて大企業に担がれた神輿

 広島の呉に親戚がいるので、広島弁には馴染みがある。
 この方言は軽妙な響きで、「お好み焼きぶち旨いけん」なんていう調子なのだが、大阪弁がヤクザの印象から乱暴に思われているのと同様、広島弁も『仁義なき戦い』のために怖い印象をもたれている。
 「広島の喧嘩は(命を)取るか取られるかの二つしかありゃせんのじゃ。いっぺん後手に回ったら死ぬまで先手は取れんのじゃ」
 などのセリフによって。







 ところで、『仁義なき戦い』には、こんなセリフがある。
 「アンタは初めっからワシらが担いどる神輿じゃないの」
 「神輿が勝手に歩けるいうんなら歩いてみいや」

 これと同様のことを、オバマ大統領も言われてるはずだ。だから、かつて勇気をもってイラク戦争を批判したり、ノーベル平和賞を受けたりしたが、大統領になったら周りに流され戦争を推進や支持してばかりである。本心ではイスラエルを非難したいのではないか。
 だいたい、大統領や首相は、みんな大企業に担がれた神輿で、勝手に歩くことはできない。こんなのが「民主主義」だと、学校で教えこまれ、マスメディアに刷り込まれてきたのだった。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by かわぞー at 2014-08-04 23:55 x
神輿は軽いほうが担ぎやすいですが、あまりにも軽すぎるとバランスが崩れてしまいます。
なかなかムズカシイですねw
Commented by ruhiginoue at 2014-08-05 06:57
 ほんと、そうですねw
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2014-08-03 11:09 | 国際 | Comments(2)