コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

NHKは契約や集金の苦労の体験を全員必須とすべき

 NHKの受信契約スタッフという人たちは委託をうけただけでNHKの正規職員ではない。この人たちは、出向いた先で反発を受けて辛い思いをすることがあるそうだ。
 この仕事は、NHKの職員が直接やったほうがいい。銀行だって、自分が扱う金の大切さを知るためには、その金を集める苦労を知らなければならないということで、どんなエグゼクティブでも外回り営業は必須である。
 前から、NHKほど無駄遣いをしているところは無いと言われていて、これは他のマスメディアと違い扱う金について気を使うことが無いため無神経になるからだと指摘されている。
 しかし、NHKの正規職員が自ら契約や集金の業務を苦労しながらやれば、そうして集めた金の大切さと、金を払わされる側の気持ちを身をもって理解し、それ相当の放送内容とするよう努力し、政治家の顔色を伺ってばかりではなくなるのではないか。また。籾井とか百田とかいう人たちも、苦労を知れば口を慎むようになるだろう。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by なかはら at 2014-08-10 22:04 x
朝日新聞の誤報を認めた記事は取り扱わないのか?
Commented by ruhiginoue at 2014-08-11 09:30
 NHKは、82年の歴史教科書問題で、今回と同じことを指摘していました。
 テレビの記者が調査して誤記したものを新聞が掲載したことをとりあげ「誤報で起きた教科書問題」と『産経』(当時サンケイ)や『正論』『諸君』など右派のメディアや竹村健一、堺屋太一、渡部昇一など自民党のお抱え連中が騒いだことに対して、もちろん一部の間違いで全体を否定するのは詐欺論法だという反論があったけれど、NHKは、他所の報道はともかく、NHKとしては、教科書問題の報道はしたが、その部分に基づいた報道はしていないので関係ないとの見解でした。
 つまり、誤報があっても影響はなく、その証拠に、NHKは誤報の部分はとりあげていないけれど同じ趣旨の報道をしているので、そういう右派の騒ぎ方のほうが間違っている、ということを暗喩していました。
 今回の、朝日新聞が一部訂正したことにも、同じことが言えます。
 またツィターで軽く触れたので、あとでもう少しまとめて詳しく述べるつもりです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2014-08-06 19:33 | 社会 | Comments(2)