コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

靖国神社に政治家が参拝するのは祟りが怖いから

 靖国神社に政府の関係者が参拝することが問題になるのは、まず、憲法で規定された政教分離に違反するからで、実際に宗教へ肩入れしている政治家は宗教団体の組織的な集票など個人的に利益を得ているから、癒着は公益を損なう。
 また、戦犯まで合祀したため、国内だけでなく戦争の相手だった外国からも抗議された。昭和天皇が靖国参拝をしなくなったのは戦犯合祀が不愉快だったからで、そう述べていたことを宮内庁長官が書き残しており、周辺の事実と一致するため、この発言はほんとうだろうと、右派と呼ばれる人たちでも結論づけている。

 それでも靖国神社にこだわって参拝する政治家がいるのはなぜか。ウケ狙いでやっている人がいて、例えば石原慎太郎など、そうとしか見えないパフォーマンスをしているけれど、そうではなく本気で熱心に参拝している人たちの様子には不可解な感じがする。
 そもそも、詳しく分析すれば不利だとの指摘が当時からあったのに、それでも日本は必ず勝つと言って開戦を強行したのだ。日本は、神が人の姿となった天皇を中心にした神の国だから、戦争をすれば必ず勝ち、戦死した者も靖国神社に祀られ神になる、ということだった。
 それは嘘だったことを、敗戦の現実が証明した。この現実を自認したということを、玉音放送によって政府と天皇が発表した。その記念日に、その嘘の犠牲者たちを、国に命を捧げた英雄だから神だといって祀る神社に、大臣や政権与党の議員らが参拝するというのは、過去に政府がしてきたことと整合性がない。
 
 もちろん、靖国神社に参拝する人たちのなかには、単に現実をうけいれず妄想に囚われているだけの人もいるだろう。しかし、日本古来の伝統だからどうしても、という人たちも少なくないし、実際にそうした信仰がある。
 日本人の精神風土のドロドロした部分を題材とした横溝正史の小説で、特に人気がある『八つ墓村』は、騙し討で惨殺した落武者らの祟りを恐れた村人たちが、村の守り神と祀りなだめた、というところから始まる話だが、このように、自分で殺しておいて、あとから祟りを恐れ神と祀る信仰が日本にある。
 実は靖国神社も元は同じ発想だった。戦争で死に追いやっておいて、祟らないように祀り英雄とおだてた。だから、無謀な戦争によって敗北したら兵は犬死にであり、勝ってもいないのに英雄だと持ち上げるのでは辻褄が合わないようだが、しかし日本古来の特異な信仰によれば、犬死にさせてしまったから、祟らないで欲しくて英雄だと持ち上げるというのは、不可解ではない。
 
 これを神社庁が隠蔽しようと國學院大学神道学科に圧力をかけたことがある。80年代の半ばに、靖国神社の成り立ちを指摘したうえで政治的な利用は英霊への冒涜ではないかと批判した神道学者に対し、国家護持運動の妨げになるとクレームをつけたため、不当な介入として問題になったのだった。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by ケーキイーター at 2014-08-17 23:11 x
「安倍家のお化け」。どんなお化けだろう。
Commented by keitan020211 at 2014-08-18 10:43
『天皇は現人神である』などとの言説が一般に普及したのは主にメディア、殊に言論誌(今日に言う週刊新潮や中央公論など)の力が大きいでしょう。
 天皇の神格についての説は概ね西欧の王権神授説のアレンジですが、言論誌はそのような学問的論議を簡略化して一般に伝えられるものです。それは新聞やテレビ、ラジオによっても可能ではありますが雑誌よりも語る人の『姿』が目立つので少なくともそのような説が普及していない頃には馬鹿かと思われるのが怖いのでもう少し秘密の話めいている雑誌でしか言えない。
 言論誌を読むのは当時においては知的有産階級なのでその程度の出版言論に触れているだけでも自らには大衆を教化する使命があると思い、至る所で「天皇は現人神だ」と語り聞かせる訳です。
 詰まる処は国民一般には伸坊次郎の言っていることを「そうなんだ~」と言って聞いている程の影響力しかなかったと思われます。
Commented by 次郎くん at 2014-08-18 11:33 x
天皇現人神論はkeitan020211様の仰る通りの小さな影響力でしかなかったですね。
現在は鬼籍に入っている、戦前生まれの尋常高等小学校卒業のオバちゃんたちと1983年3月に色々と話せたお蔭で、敗戦間際でも大半の日本国民は、天皇はんを現人神だと思い込んでいるのは少数派であることを知りました。

またこうも付け加えらえましたよ。「天皇はんは昔のイギリス国王や中国皇帝とは違う。神道の信徒代表なので極東版のローマ法皇はんや。だから廃止論は無理な政治イデオロギーなんよ。今の日本国憲法こそが日本人の伝統かつ民意に沿ってる。廃止論は、アメリカレーガン共和党政権も含めて過激な共産主義者の意向がかかっているので、日本人の大半には支持されない。八紘一宇の精神で欧米人インテリを指導できた、岡倉天心とか鈴木大拙とかいるんやから、理念の間違いではなくて運用の問題と理解できないとあかんよ」だそうでしたね。
Commented by 次郎くん at 2014-08-18 23:57 x
もしも悠仁天皇のあとにお世継ぎがなかったとしても、権力を本当に握ってる支配者たちと、ローマ教皇的存在としての支持をしてる女性たちの、双方ともに痛手は全くないとこの次郎は考えます。

世の中には、共和体制とはいうものの、象徴天皇制的大統領制度というものがありまして、「ドイツの大統領」「インドの大統領」「イタリアの大統領」などで検索すると詳細が出ます。

もしもの場合には、GHQ政策で臣籍降格されたけれども、それなりの精神世界の(不可視の世界の)探求の成功者または、日本語とその他10数か国語での会話と論文と空気(ニューマ)を読む能力に長けた、442連隊関係者の内の誰かに、象徴天皇的大統領に就任していただければそれで済むことですから。

それよりもニッポンの「自称左派」の人材不足は何とかならないものでしょうか?北斗の拳でいえば、ジャギやアミバのような存在だけは豊富ですけれど。
Commented by dankkochiku at 2014-08-19 09:44
始めまして。 「祟りを恐れ神と祀る信仰」説は、歴史的にはそうだったかもしれませんが、国家神道時代の靖国神社の役目を終えた戦後、政治家たちの関心は、票田だけしかないのでは?与野党の議員たちの節操のない靖国参拝者には投票しないという風潮が広がったらどうでしょうね。戦死者でなかった人、軍人でなかった人も祀られているのですよ。
Commented by ruhiginoue at 2014-08-19 14:34
 庶民と違って為政者には後ろめたさがあるので、オカルトめいた話でも神経質になったのでしょう。
 安倍総理の祖父の岸総理は、安保が通るかと霊能者として売れていた女性に相談したほど。
 この女性は中曽根総理の相談も受けたとテレビで言ってました。なんとこのさいインタビューアーは丹波哲郎でした。
 中曽根総理は靖国公式参拝を強行して批判をうけすぐ中止したけど、そのあと桜田淳子も参加した統一協会の合同結婚式に公然と祝電を送りました。安倍総理も親密で「安倍壷三」と揶揄されています。
 実は宗教団体の組織票が欲しいだけで、だから公明党とも組むということもあるでしょう。八百万の神がいるわけだし、年末年始と子供が産まれたら神社に詣で、ハロウインやクリスマスのパーティーをして、葬式は仏教という国民ですから。

Commented by ケーキイーター at 2014-09-09 07:09 x
 ぽろっと思いついた。「綾波レイ」ならぬ「悩みの霊」。レイちゃん調に「幽霊とか世論とか嫌いだから…」て言うかどうかはわからないが。
 私自身は「多神教世界の人間だなあ」と思っている。

Commented by ケーキイーター at 2014-09-09 21:21 x
 正確に書くと「自分は多神教世界の人間だなあ」かな。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2014-08-17 14:15 | 政治 | Comments(8)