コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

お高くとまった朝日新聞の騎士道精神

 朝日新聞の上品だがお高くとまったような姿勢に、良い感じがしないという人は多い。また、松浦総三という元雑誌記者の老ジャーナリストは、そうした朝日新聞の記者たちとは違った感じのスター記者である本多勝一や筑紫哲也も、優秀だが真に大衆のための働きはできない、と書いていた。特に松浦と本多は親しい間柄であったが。

 ただし、そういう朝日だから、騎士道精神で社会の不平等などを告発する。しょせんは他人事で上から目線という限界はある。だが、大衆と同じ目線だといわゆるルサンチマンでしかないから、自分より弱い者をいじめて気を紛らわすだけになりがちだ。

 それで、下衆な左翼は朝日新聞が嫌いで、産経新聞を愛読している。そういう人たちに出くわした時は意外に思ったが、観察していたら納得であった。
 そんな左翼たちは、お高くとまって理想的な朝日と違って産経には大衆の本音が書かれていて面白いと言う。世の現実が判るという意味ではなく、自らが、今で言うヘイトスピーチのような内容に喜んでいる。安いから産経新聞を買ったうえ、その底辺庶民の僻み根性を意識した内容に共感もしているのだ。

 もともと庶民大衆には、飾らないところと卑しいところがあり、自分は前者だと思っているけど実は後者であることが多く、これは新聞や運動団体にも見事に反映しているのだった。



人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 次郎くん at 2014-09-02 22:05 x
産経のオトナノジジョウニついては、日田こまち氏とそのお仲間連中が、幾分詳しいのでした。曰く「南京大虐殺の実数は3万から4万でしょ。20万人から70万人説を日本で最初に捏造宣伝したのはサンケイ出版の蒋介石秘録だというの知らないの?、フジ系の無能地方テレビU局どもが開局して数年後に大々的にCM打ってたし、歴史に興味ある小学生すら学校の先生か小学校の図書館で借りられる時代背景だけど、それすら読んでないの?ああ、オルヤナティブ@政治経済板の出入り禁止記事と削除問題ね。アソコの管理人さんはまだまだ洟垂れ小僧だから、産経新聞のオトナノジジョウとやらを知らなかったので、オレが出典の明記し貸出してる図書館の情報を教えてあげたら、最初オドロイテいたけれど、産経がいうからこその南京大虐殺数字10倍水増し説を支持する左派が多いと納得してくれたよ」と、です。
Commented by 石畳 at 2014-09-03 03:30 x
フランス革命下の「恐怖政治」やロシア革命後のスターリン体制、ナチスドイツと日本ファシズムの戦時体制を支えていたものは、まさに大衆の「僻み根性」であったと言えるだろう。それに媚びることが「左翼」であると勘違いしている輩が多いところに、現代日本の深刻な病理があるのではないか。
Commented by keitan020211 at 2014-09-03 10:05
謝謝。――と半角英数字のみのコメントをする際には終りに記しています。因みに私はシナ人ではありません。親北朝鮮の日本人です。中国には擁護しますが特に親中と言う程のものでもないので日中関係の改善には余り関心はありません。

 さて、産経新聞は昔(の良かった頃)から社会党や共産党についての情報は充実していました。取材で情報を取れるには敵対的な記者では取りにくいからかと思いますが産経には幅広い支持層がおり、現在の様に自民党ばかりではなかったのです。よって読者にも左翼の方々が多いのでしょうが、彼等もこの2ディケードの世界の潮流の変化とこの1ディケードの産経の変化に迎合して(つまり新聞が迎合しているのではなく客の側が迎合している。)従来の左翼的基軸を改めない侭に保守化を図っているのでしょう。
Commented by ruhiginoue at 2014-09-03 11:41
産経の南京事件報道の過去は語り草ですね。

歴史に学べない日本とは、保守派だけでなく左翼も同じですね。

そうした昔の産経の象徴が俵孝太郎でした。ミヤケンにフリーハンドで会える、がウリでしたが、その後は単純な反共屋に。
Commented by 魔法 at 2014-09-10 01:26 x
共産崩れの朝日新聞は産経に負けたのでは無く、

資本主義、新自由主義の日経新聞に負けたのでは?
Commented by ruhiginoue at 2014-09-10 12:50
日経の美化はバブルの時代に言われて、もう過去のことになりましたね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2014-09-02 20:42 | 社会 | Comments(6)