コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

朝日新聞の社長辞任は経営者または所有者の圧力では

 朝日新聞の木村社長は、責任をとって辞任したのではないだろう。毅然とした対応をしようと社内で呼びかけたら、そうしないように辞任させられたのだろう。このほうが筋が通る自然な解釈だ。
 
 ところで、福島知事選挙に立候補を表明した井戸川もと町長の登場で物議となった漫画『美味しんぼ』は、谷岡ヤスジの漫画「鼻血ブー」ならぬ「鼻血タブー」だと皮肉られたが、この漫画の主人公が勤務する東西新聞は朝日新聞がモデルで、強引勧誘の帝都新聞に部数を抜かれたという話も出てきた。実際に読売新聞が強引勧誘で朝日新聞の発行部数を抜いているから、作者は明らかに読売新聞を皮肉っている。
 そして東西新聞は、しばしば社主と現場の微妙な関係が描かれ、これも朝日新聞社内に昔からある経営者または所有者と編集の齟齬がモデルである。
 
 だから、今回の朝日新聞木村社長が、対決姿勢から一転して辞任となったのは、おそらく経営側の圧力だろう。これは状況からの推測だが、こうした朝日新聞内の齟齬は昔から言われてきたことだ。

 例えば、昭和時代に、朝日新聞社が主催する展覧会を見に来た天皇に社長夫人が接近しすぎたとして、宮内庁の護衛役をしている空手の有段者の男性が社長夫人に殴りかかり、骨折の重症を負わせた事件。
 この社長夫人は、ただ展示物の説明をしようとしただけで、どこの誰かも判っている六十才代の女性にいきなり殴りかかるとはひどすぎると言った。しかし、記事にしてくれと訴えても朝日新聞は拒否した。宮内庁を批判すると皇室ネタが得られなくなるなど商売に差し障りがある、ということだった。

 この、宮内庁による暴行事件は、被害者の朝日新聞社長夫人が、当時の社会党の女性国会議員に話したのを週刊新潮がききつけて、こんなことがあっても朝日新聞は宮内庁を批判できないなだなあ、という週刊新潮お得意の嫌味調記事にしたため、世間に知られるようになった。

 また、これも社長夫人がらみだが、本多勝一記者を一躍有名にした連載『カナダエスキモー』で、ベストセラーとなった単行本化には収録されている名場面が、なぜか朝日新聞に連載されたさいには無く、これは轌犬を鞭で打つ代わりに蹴りを入れるという描写に、愛犬家の社長夫人が怒ったためだった。
 この場面は動物虐待ではなく、轌犬の扱いに慣れない日本人がてこずっている様子を見てカナダエスキモー(イヌイット)たちが大笑いしているユーモラスな場面だった。疾走感のある場面を、その場に居合わせて見ているような描写で、たいへんな名文と言われている。
 なのに、生活を共にする動物ではなく愛玩動物としかみない社長夫人が、記事を理解せず、可愛い犬を蹴るなんてとんでもないと言い出したのだった。これについて本多記者は相当頭にきたらしい。
 
 このようなことがあるから、今回の社長辞任も、強気の姿勢から急転したこともあって、当人の意思によるものではないと考えている。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 次郎くん at 2014-09-19 18:25 x
旧日本帝国軍の国策同性愛セクハラ行為を隠す目的での「従軍慰安婦はなかった」デマ宣伝ではないでしょうか。同性愛セクハラは当時の国際条約に加盟していた国々の多数派では従軍慰安婦女性奴隷行為強要よりも重罪でありました。、即刻パリ不戦条約違反で、死刑または無期懲役の判決でてもやむを得ない国際情勢でした。その声を掻き消せすさえが出来れば、「従軍慰安婦はなかった」というデマ行為によって、偽証罪で犯罪で懲役5年程度であるという、世界の人々の合意のもとで下される刑罰服役なんて何でもないと覚悟ができたヒトタチなのでしょう。

Commented by ruhiginoue at 2014-09-19 23:37
それだけではなくて、売春も違法行為でした。
日本軍は捕虜虐待など国際法違反を違反と思っておらず、それ以前に法を遵守するという意味をちゃんと理解していませんでした。
Commented by 次郎くん at 2014-09-21 10:38 x
防空法とか戦陣訓とか軍人勅諭などで、一億総玉砕を夢見ていた連中、自国民=日本人を大量虐殺した罪で即刻死刑が妥当な連中が、東京軍事裁判の被告どもであります。しかも主宰者様の告発紹介で初めて宮内庁の連中にも知能の低い脳筋がいることを知ることができてありがとうございました。

次郎が抱く宮内庁のイメージとは、阿修羅カルト板の名物オッサンである「ポスト米英時代」のように、反体制B層を扇動することが特に得意な、高知能かつ面白く楽しいデマを飛ばせる活動屋の逸材が揃っているとの過大評価していたのですが、その幻想をぶち壊しにして下さいましたことに感謝です。
Commented by masagata2004 at 2014-09-21 11:35
大正時代の白虹事件みたいですね。私はそれをエピソードに入れた小説をブログで連載しました。
Commented by ruhiginoue at 2014-09-22 19:34
B層向けの商売はタブロイド紙の役目なのに、クオリティペーパーがやっているということですね。
小説は後ほど読ませていただきます。
Commented by masagata2004 at 2014-09-23 21:20
念のため、TBしておきました。10年前に書き始めたものです。朝日の記者の人に読んでもらったことがあります。それも、朝日の戦争責任を追及する記事を編纂していた記者に。
Commented by ruhiginoue at 2014-09-24 21:55
はい。どうもです。
by ruhiginoue | 2014-09-18 01:18 | 社会 | Comments(7)