コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

池上彰のうますぎる処世術

 池上彰が、朝日新聞を叩いている新聞や雑誌を批判した。聖書の言葉「罪なき者が石を投げよ」を引用して、他の新聞も同様かもっと問題だと告発したうえで、自らを棚に上げて朝日新聞を叩いているのは見苦しく、それなら朝日新聞の対応のほうが非を認めたら訂正したり詫びたりと誠実でよほど良いとまで言う。
 そのうえ、朝日新聞に掲載を拒否された週刊誌の広告にも苦言を呈し、軍国主義時代に弾圧で使われた表現を使用していると指摘。厳しい批判をするにしても、報道に関わる者としての矜持を持つべきだと喝破する。
 さらに、自らの古巣NHKにあった深刻な事例まで暴露してみせる。
 もちろん、朝日新聞に難色を示された池上コラムは、これではダメだという部分が幾つもあるし、彼がNHK時代にしでかし批判された件から、引用した聖書の言葉は「ブーメラン」だ。
 ところが、この表現力も伴った見事な全マスコミ公正批判により、「バランス感覚がある」とか「さすが池上さん」などと褒めそやされた。
 うますぎる処世術であり、まあ、確かに「デキル人」なのだろうとは思うが、こういう人が波に乗る世の中のあり方にはあまり感心しない。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by L at 2014-09-26 00:39 x
 こんばんは。ホント、池上はうまいですね。常に身を安全な位置において、相手を殴る。創の篠田さんが東京新聞のコラムで褒めていてずっこけました。
 池上は、朝日のコラムでは、各紙の論調を比べる趣旨なのに”他紙を引き合いに出すのは潔くない。朝日は謝れ”と罵倒。
 文春では、なぜか各紙誌・NHKのやってきたことを比べて、”人のこと、言えた義理ですか”しかしながら、ここで比べる対象は、広告・掲載・放送拒否であって、本題というべき原発や性奴隷の報道についてはきっちり避けています。
 NHKについて触れていますが、2001年ETV特集事件における池上自身の不作為と作為・総括は狡猾に避けていますし、コラムで取り上げた政治家インタビューの放送中止についても自分がどう振舞ったかは書きません。
 サーファーというか、フリークライマーというか、世渡り上手の罰当たりというか。こういう手合いを賞賛する手合いの気がしれません。
Commented by L at 2014-09-26 00:57 x
 先日、集会で永田浩三さんが書いたこの件についての「マスコミ市民」のゲラ?をいただきました。今、手元にないのですが、
・朝日がこのタイミングで慰安婦の記事を出した理由は、少し聞いたがわからない。ひどいことになるだろうと思った。
・なぜか記事に熱がない。それは続報が月末になったことからもわかる。なにか消毒液の匂いを感じた。
・朝日は、説教臭い新聞で、無謬を装う。だから、しくじると激しく叩かれる。鼻持ちならない記者もいる。NHKとそっくりだ。しかし、朝日よ、偉そうであれ!朝日が潰されたら、他の頑張っているメディアも潰されてしまう。
 というような趣旨でした。機会を見つけてお読みになってはいかがですか。
 まあ、ポストの記事によると、官邸筋からゴリゴリ圧力をかけられて防衛のために記事を出したら、逆手に取られて総攻撃を受けたということだそうですが。
Commented by keitan020211 at 2014-09-26 08:23
今日26日の朝日新聞の『池上彰の新聞斜め読み』は休みになっていました。
 その調子で打ち切りになって欲しいです。
Commented by ruhiginoue at 2014-09-27 08:18
「創」の篠田さんには何度か会って話したこともあるけど、「東京」のコラムは褒め過ぎだと思いました。
「朝日」は、トロイを受け入れた失敗に懲りて欲しいから、連載打ち切りすべきです。
Commented by 次郎くん at 2014-10-01 15:59 x
安倍晋三内閣の正体が、反日極左の中露同盟のスパイであることを隠す目的での、劇場型政治に朝日の経営者たちも加わっているのではないでしょうか。「大森勝久評論集」とか「右翼エセ評論家を強く非難する」の見解を全面的に受け入れる訳ではありませんが。特に「右翼エセ評論家を強く非難する」のサイトの管理人さんは、安重根先生を不当に貶め、テロリスト伊藤博文を極端に美化する文体から、山口県庁勤務の特権公務員クサイので、次郎にとっての信用度は山本○太郎前知事のパシリである長周新聞と同じ程度でしかありません。

それと一般人の日本人はアホなので活字漢字が読めず意外と知られていない事実ですが、ニッポンで二番目にシベリア抑留問題を追及したのが日本共産党であることを知りませんね。
一番目が民主党ゼンセン同盟派で、旧民社党が存在していた時代には、それが浮動票獲得の大きな原動力になっていたことも「自称愛国保守」連中は隠蔽しまくっておりますから、この連中の正体も「自由民主党」に偽装潜入乗っ取りに成功した「隠れスターリニスト」に正体は間違いないのではないでしょうか。元々がソ連共産党をモデルに作られた党ですから。
by ruhiginoue | 2014-09-24 21:51 | 社会 | Comments(5)