井上靜の気楽な日誌です。コメントよろしく。おたよりはe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

朝日新聞なんて「左」じゃないという「ブサヨ」

 朝日新聞の連載「プロメテウスの罠」は、正直これまで面白くなかったが、今の本田雅和記者が担当になってからは面白い。目の付け所が良く、構成も表現も上手だ。
 この人には三回会ったことがあり、そのうち一度は話したこともあるが、気ばかり強くて感じの悪い人という印象で、しかしデキル人という印象でもあった。やはり優秀なのだろう。

 もうひとり朝日新聞で有名なのは本田ではなく本多勝一記者だが、こちらはとても優しい人柄である。十代の頃、親切にしてもらった思い出がある。詳細は省くが、見ず知らずの少年なのに、困っているとき丁寧な助言をしてくれた。身近な人によると、彼は強者に向き合う時は辛辣だが、弱者には優しいそうだ。そして自分のようなガキにも優しかったので、まるでガメラのような人だと思ったものだった。
 こんなこと本多氏はすっかり忘れていることだろうが、そういうさりげないところに人柄が出るものだ。

 ところで、『朝日』とは別のある大手新聞社を、左寄り発言が原因で辞めさせられた元記者が、ことあるごとに本多勝一氏を誹謗していたから、何度も不愉快にさせられた。

 まず、意見とか批判はよいが、事実と違うことに基づいているのだ。例えば、「本多勝一は、大江健三郎が右翼の文藝春秋に書いていると批判しているが、朝日新聞だって右翼じゃないか」と言う。しかし、本多氏は大江氏対してそのような批判をしてはいない。
 これについて説明すると長くなってしまうので簡略に述べるが、作家と出版社との関係や距離の置き方について、本多氏は小説家などに質問したところ色々な反応があって、そのうち森村誠一氏は、
 「『悪魔の飽食』の件で文藝春秋社には不愉快な思いをさせられ、右翼出版社の体質を目の当たりにしたが、そんな人ばかりではなく、関係修復の努力をしてくれている社員もいる。作家にとって出版社に対し関心があるのは、政治的な姿勢より先ず読者との橋渡しをどれだけ上手にしてくれるかであり、その点では文藝春秋社は作家にとって魅力的である」(要約)
 と、率直に返答しており、とても説得力があった。
 たぶん森村氏は、『悪魔の飽食』に本多氏が推薦文を書いてくれたうえ右翼から脅迫されても動じなかったから恩を感じていたのかもしれない。
 しかし大江氏はノラリクラリと逃げてばかりで、それでいて面と向かわない別の場で、本多氏からこう批判されたと愚痴り、その批判されたという内容が事実と違っていたり、かなり問題のある対応だった。こうした態度を大江氏は批判されているのであって、文春はダメで朝日は良いという話ではない。事実関係を確認せずに評価しては、ジャーナリスト失格だ。

 また、その元大手新聞社記者は、本多氏が取材のしやすさと身の安全のために顔写真はカツラで髪型を変えて撮っているという話について、「あんなのはポーズだけだ」と決めつけて嘲笑していた。
 このカツラについては前から知られていたが、小林よしのり氏が漫画のネタにしたため広く知られるようになった。本多氏と会って話したさいの話と一緒に、自分もトレードマークのオールバックをしないで外出するが、すぐバレてしまうというギャグで落としていた。

 これについて元大手新聞記者氏は、本多氏なんて大したことを書いていないから身の危険があるわけないと決めつけていた。しかし、あれほど注目されてるのなら、その評価とは別に、危険が無いと言うほうが不自然だ。
 あのボブ=マーレイは歌で社会批判したため銃撃されたことがあり、ジョン=レノンが銃殺されたのはストーカーの仕業と言われるが政治的背景があったと言われ、CIA説まであるくらいだ。いっぽう、熱狂的なファンに薬品をかけられた美空ひばり、精神病患者に殴られた松田聖子、どちらも政治性はないが大スターだから襲われたのだ。最近ではAKBとかいう連中も被害に遭っている。

 そうしてみると、その評価は別にして、有名だからというだけでも警戒して当然だ。これを否定するのはただの僻みとしか思えない。実際にその元大手新聞記者は、本多氏をこき下ろしながら「僕だってネットでブサヨと書かれたことがある」と言っていたので、まるでドサ回りの歌手がボブ=マーレイやジョン=レノンや美空ひばりや松田聖子の歌をこき下ろしながら、自分だって場末のキャバレーで歌っていたときに酔客にからまれたことがあると言っているようなものではないかと思った。悔しかったら、文春などの広告で大きな見出しにされて非難されてみろと言いたい。
    
 こうした僻み根性としかいいようがない態度では、大手マスコミを批判しても(批判されるべことがあるとしても)まったく建設的ではない。だから「ブサヨ」なのだ。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2014-10-03 22:16 | 社会 | Comments(0)