コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

田村元もと衆議院議長の思い出

 田村元もと衆議院議長が、90歳で亡くなった。

 その訃報とともに、今日の朝日新聞は故人のインタビューを掲載していた。これらによると、もと議長は自民党の典型的政治家だが、若いころに戦争で苦労したため反戦と護憲の姿勢を貫き、仕事には厳しいが人には優しかったため人柄が慕われており、地元の支持者たちは「神様」とまで言っていたそうだ。

 これには納得させられる。なぜなら、90年代のことだが、田村氏の人柄を知る機会があったからだ。
 知人の家族が事故で亡くなり、そのさい警察から不遜な対応をされ、これに怒った知人は有力な政治家たちに手紙を書いて訴えたが、だいたいは無反応であるか、印刷による素っ気ない挨拶状が事務所から郵送されて来ただけだった。
 そんななかで、田村元氏から直筆の手紙が来て、
「事故とご家族のお話にもらい泣きしてしまいました。けれど訴えについては既に政界から引退して年金生活の身なので力になれず、申し訳ありません。僅かですが御見舞いを同封しますので、貧者の一灯として受け取って下さい。そして、どうか頑張って下さい」
という趣旨の励ましが丁寧に綴ってあった。

 それまでは、よくいわれるように顔がブレジネフ書記長に似ているという印象だけだったが、その知人から手紙のことを聴いて驚き感心したのだった。

 だから、訃報と評伝に納得したのだ。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 次郎くん at 2014-11-05 23:14 x
日田こまちさんとそのお仲間たち、田村先生の名前を出していなかったけれど、死票のない中選挙区制制度での復活と、衆院の自公与党によるギリギリ過半数与党が半永久的に続くことが理想であるとの理由の詳細を教えてもらえなかったけれども、主宰者様の記事で納得致しましたですよ。しかしオレ田村先生と読売の堀内投手を完全に間違って覚えていたので、どっか良い病院に替えないとイカンですね、若年性痴呆の傾向は誰にもあって大半の人は医者にかかる必要のない軽い段階で済んではいるけれど、9歳の時に発症して他覚症状ありまくりなのに治す気が本人になくて周囲に迷惑かけまくりの知人がいて、ソイツもう40代なのでどの医者も匙を投げてますから「下を見て安心する」材料扱い周囲にされてます。
Commented by ruhiginoue at 2014-11-07 23:01
 党派で判断すると判り易く無難だけど、人柄までは及びませんから。
by ruhiginoue | 2014-11-05 20:03 | 政治 | Comments(2)