井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

それでもボクはやってない」

 朝日新聞の土曜別刷版で映画「それでもボクはやってない」が取り上げられ、その脚本を書き上げるまで監督が何年もかけて徹底的に取材した経緯を詳しく説明していた。
 この長期にわたる取材のため、周防正之監督は「shall we ダンス」が大ヒットした後に何年も新作の撮影に入らなかったのだが、そうとは知らない映画ファンたちは「太陽を盗んだ男」の後に新作にとり組まない監督と同じことになっているのではないかと噂していた。
 これを、機会があって周防正之監督監督に直接話したところ、苦笑してこう言った。
 「いくら何でも、長谷川和彦と一緒にされたくないなあ」

 この映画は試写会で周防正之監督の舞台挨拶とともに鑑賞したのだが、試写状が二人一組だったから義姉と一緒に行った。その義姉は昨年病気で急死した。年齢的に早すぎたし、その10日前に電話で話したばかりだった。
 それで去年は落ち込んでいたのだった。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by ケーキイーター at 2014-11-09 15:18 x
『それでもボクはやっていない』は映画館へ観に行っておいて良かったな、と思っています。
Commented by ruhiginoue at 2014-11-18 12:48
加瀬亮が主役だから観たという女性がいて、これを機会あって周防監督にはなしたら、
「加瀬亮を起用したのはあくまで役に合っていたから。彼は主役にしたから客を呼べるスターではない。でも、裁判に無関心だった人が加瀬亮のファンだからと観てくれたなら嬉しい」
とのことでした。
Commented by ケーキイーター at 2014-11-19 21:09 x
 私の場合は。昔々掲示板でお師匠さんが勧めてくれたから、観に行ったのかな。

Commented by ケーキイーター at 2014-11-29 18:01 x
 あくまでも私の好みで言うと、加瀬クンよりも竹中直人さんの方が好き。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2014-11-09 08:46 | 映画 | Comments(4)