井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

池上彰が立派にみえてしまうマスコミの劣化

 池上彰が月刊誌『世界』誌上で、報道は国益を考えながらするもんじゃないと指摘した。
 これを、あるサイト上で、立派な見識としながらも、しかし大した指摘ではないのに立派に感じてしまうのは、劣化したマスコミが「国益」「国益」と平気で言うためかもしれない、と述べている人がいた。

 結論からいうと、マスコミの劣化であり、池上が『世界』で述べたことは大した指摘ではない。
 
 1988年(昭和63年)に奥野誠亮衆国土庁長官が、毎度おなじみ歴史認識の問題発言で辞任することになったが、そのさい記者会見で「国益を考えて報道してほしい」と言った。
 国土庁長官としての仕事とは無関係な発言をして自ら問題を作ったのだから、国益を損なったのは奥野当人であるはずだが、それなのにマスコミが騒ぐから悪いと言わんばかりで、醜い責任転嫁だった。

 これがテレビで放送されると、これに対して『ニュースステーション』で司会の久米宏は、「マスコミは真実に迫ることだけ考えるべきで、国益を考えて報道するようになったらお終いなんです。マスコミではなく、国のほうがお終いなんです」と、毅然として言った。

 そして、この久米宏の発言は当然のこととして視聴者に受け取られ、支持された。
 
 だから、先の結論のとおりである。 
 
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2014-11-18 01:55 | 社会 | Comments(0)