コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

朝日新聞の第三者委員会は木村社長と安倍総理の会食で何が話されたか調査せよ

 朝日新聞は、旧日本軍の性奴隷慰安婦に関する記事の中で、信憑性に疑問が出ている証言があり真偽の確認は不可能であると続報したが、今年になって取り消した。記事が掲載されてから何十年も経ってから突然であり、虚偽と判断したと言うが、そこまで否定する決定的な根拠は存在しないのに。

 ところで朝日新聞の木村社長は、安倍首相と13年2月7日に帝国ホテルで、同7月22日に永田町「黒沢」で会食したそうだが、何を話し合ったのだろうか。「慰安婦」「吉田証言」について「検証して訂正します」と裏で口約束していたのではないか、という疑惑が広がっている。

 朝日新聞社は、記事取り消しの経緯を「第三者委員会」で詳しく調査すると発表しているのだから、安倍総理と木村社長の会食も、ぜひ調べてもらいたい。

 そもそも安倍晋三という人は、NHKに圧力をかけて番組を改変させ、従軍慰安婦問題などで被害を訴えている女性たちはただの売春婦であるなどと主張して旧日本軍の加害責任を否定してきた側の「歴史研究家」秦郁彦を出演させて延々と喋らせる番組にした前科がある。
 
 その前科者が総理大臣になってさらに権力を持ち、それと社長が会食をしたら途端に朝日新聞は同じテーマの記事を取り消したのだから、疑いを持って当然で、特に詳しく調べなければいけない。
 これは、報道の自由や外交にも関わるので、木村社長と安倍総理を国会に呼んで証人喚問しなければならないほどの重大問題である。

 これについて、第三者委員会は、避けることなく検証するよう、みんなで朝日新聞社にメールやfaxで訴えよう。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 次郎くん at 2014-11-27 14:01 x
右の左翼安倍政権主導の、茶番は懲り懲りです。隠そうとしてる目的の「シベリア虜囚問題」では死者40万人から60万人、重軽傷者170万人から150万人と、犠牲者が韓国問題と比較すると何と一桁も多いではあーりませんか。
「ソ連は攻めてきません」とぬかしたデマ公共ラジオ放送で関東軍幹部関係者10万人のみが先に敵前逃亡、現場に残された関東軍兵士と満蒙開拓団の合計500万人を、昭和軍閥とソ連との半年前からの裏取引要求丸呑み大量虐殺は、もちろんポツダム宣言で米英仏がソ連に認めた権利の範囲を大幅に超えていたのでした。たとえ宮本事件が一部の警察官の間で囁かれている通りに黒魔術の生贄儀式殺人だったとしても、犠牲者が40万から60万人と3人とでは桁が大きく違いすぎです。
Commented by L at 2014-11-27 17:08 x
 こんにちは。吉田清治『私の戦争犯罪 朝鮮人強制連行』を読むhttp://d.hatena.ne.jp/hokke-ookami/20140917/1411045789
を読むと、あまり具体的な事が書いていないので、個々のエピソードの真偽の確認は難しいようですね。で、いろいろな場所で聞いたり体験したり想像したことを再構成したらしいと。
 朝日は、尊大な記者が目立ち、トップは腐っていて、中堅下々は内ゲバと内通・場外乱闘が好きで、組合は高級官僚・与党政治家・財界と利害・価値観を共有・応援して、闘う新聞労連執行部と対立。あるいは無視といいところがほとんどない。マシな個人はいるのだけれど全体としては実にしょっぱいようで。
 上丸洋一さんとかは素晴らしいと思うのだけど。先日、デモに行ったら東京新聞の対面の街路樹の脇で古ぼけた黄色い朝日の腕章を巻いて地味に写真を撮っていてちょっと感動。その前は有名になった出版労連のヘイト本を巡る研究集会に取材に来ていたし。
 竹信美恵子さんも文化家庭部だけど、立派な人は傍流に押し込められて嫌な思いを抱えて”社内と”戦うみたい。
Commented by ruhiginoue at 2014-11-29 18:28
故吉田清治氏は、告白をしたら暴力の迫害を受けて、自分は高齢者だから良いが家族に危害が及ぶと言い語らなくなったそうで、そこへ秦郁彦が付け込んだのでした。
さらに安倍政権が圧力をかけたことは、容易に想像できます。朝日新聞の「検証」は
ズサンどころかデタラメで、虚偽と決めつけ記事の取り消しなど、あれでは不可能です。

上丸さんには、著者がよかったので発行した岩波書店に葉書を出しました。編集者から「上丸さんが喜んでいた」と返信がありました。企画を通してよかったと編集者が思うことが著者にとって一番だから、本の応援に葉書を出してください。
by ruhiginoue | 2014-11-26 21:37 | 社会 | Comments(3)