井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

「野党は反対だけ」は自民党とマスコミの嘘宣伝

 けっこう前のことになるが、今思い出しても不愉快になることが仕事上あった。
 その2歳年上の男は、自分は他人の意見に難癖ばかりつけているのに、自分の意見が通らないと難癖をつけられたと言い出す。そしてちゃんと理由を説明されて反論できないと「おまえの言うことは批判じゃねえか。俺がバイクの運転が下手でも他人から批判される筋合いじゃねえのと同じなんだよ」と言った。これは言葉の使い方も譬え方も不適切だが、仕事で必要な話し合いになっていない。ただのワガママだった。

 これと似たようなことをし続けて来たのが自民党である。そして、それはマスコミを使って国民に刷り込んで来たのだから、ただワガママだけでなく意図した不正だ。
 今は選挙だからやっているが、もともと自民党は、野党は批判や反対ばかりしているとか対案を出さないと非難している。これを普段からやっていて、選挙になると激しさを増す

 しかし、今年死去した故土井たか子もと議長もと委員長が言っていた。議長ではなく委員長つまり野党の代表として国会で質問に立つ時、批判のしっぱなしではなく提案するよう必ずしてきたのに、そこをマスコミはカットしてしまう、と。これは議事録が裏付けている。
 また、他の野党の議員も同様だ。そもそも議会では、批判とか反対だけで質問に立つものではないのだから、当然だ。それに、前にも指摘したが、全会一致で可決というのがたいへん多い。そのなかで意見が対立することもあるというわけだ。

 つまり、反対ばかりと言うのは自民党の嘘宣伝であり、そんな自民党の意を受けたマスコミの世論操作である。これは特にテレビがひどく、一方に与してはならないと規定された放送法に違反している。
 ただのワガママも不愉快だが、そのための嘘を強引に押し付けて浸透させているのだから、かつて自分が仕事で出くわした嫌な奴とは比較にならない。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 次郎くん at 2014-12-15 03:14 x
今回も不正選挙ですが、前回に引き続き追求をしないでおいて良いのでしょうか?中川八洋先生と大森勝久さんではありませんが、第二次石原慎太郎潰し不正選挙ということで。次世代の党が壊滅するのは不正としか考えられません。この次郎の身近な人々では、民国社連立与党時代からの黒字経営の自営業または会社の成績の良い高齢者男性で、次郎の面倒を見て下さったかたがたは「比例は次世代」でした。
Commented by ruhiginoue at 2014-12-15 22:53
おなじみムサシかどうかはともかく、選挙で不正は必ずあるでしょう。
ただ中川八洋という元高級官僚の筑波大教授を「先生」という気にはなれません。東大出のタコツボの典型ですから。
Commented by 次郎くん at 2014-12-16 08:08 x
中川先生につきましても主宰者様の見解が正しいです。あのお方につきましてもトンデモ本扱いをこの次郎はしております。が、周囲が多重人格型精神病で病識のない連中に囲まれての幼少期からの虐待を受け続けた結果、鬱病に陥れられてしまった存在ですから、鬱病患者が歴史の捏造勢力に騙された振りをして「自己防衛」するための鎧としてのみ役立ちます。この方法での「自己防衛」もまたやり過ぎると、八正道の教えに背いたブーメラン現象を食らうのでほどほどにしませんと。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2014-12-11 23:45 | 政治 | Comments(3)