井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

次世代の党が駄目なのであって不正選挙ではない

 次世代の党を支持している人たちが不正選挙だったからだと一部で言っていた。
選挙の不正は必ずあるけれど、次世代の党の惨敗は当然のことだろう。

 まず、次世代の党が惨敗したことについて、極右が有権者に拒否されたと解釈する人がいる。
 けれど、それが成り立つのは自民党が河野か誰か党内の進歩的な人を総理総裁にしていた場合だ。
 しかし実際には極右の安倍が総理総裁なのだから、なら次世代の党は要らないと右派の有権者が判断しただけだろう。本家本元があるのに分家のしょぼいところなど無意味だ。

 それに、次世代の党は、政策や候補者が良くなかった。テレビの党首討論でも、他の党が経済政策の話をしている時も、次世代の党は「従軍慰安婦が」「外国人参政権が」と言ってばかり。
 これでは、やはり経済そっちのけで「秘密保護法が」「憲法が」と言ってばかりいた社民党と同じ数まで減るだろう。

 あと、次世代の党から立候補して落選した中に、問題を起こして辞めた元航空自衛隊のトップを売りにする田母神俊雄という人がいる。彼は「ネットでは私が一番支持されている。投票してください」と呼びかけたが、水増し放題の数値を真に受けたうえ引きこもりネトウヨに外出して投票させようとは、発想が荒唐無稽すぎる。

 また、同党から立候補した「拉致被害者の家族の1人」を売りにする増元という人が、敗因は「拉致は他人事」と言ってたが、これも違うだろう。
 みんな心を痛めているけれど、そこへつけこんで政治的に利用している増元とかいう人たちに、みんな嫌悪感を抱いているだけだ。

 つまり、次世代の党は、単に話にならなかっただけだ。不正など必要ない。普通にしててもちゃんと落ちる。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by ぷろんぷと at 2014-12-22 00:06 x
自民党と次世代とは決定的な違いがあります。
それは自民党は、表向きだけでもヘイトスピーチを批判しており、慰安婦などへの反省も口にしていることです。中には本音が違う極右議員もいますが、建前上では国際世論に反することは言いません。

ですが次世代は堂々と排外主義を表に出しています。排外主義団体やネオナチ団体を持ち上げたりもしています。
次世代は「俺たちが政権を取ったら排外ファシズムをする」と公言しているに等しい存在です。

多くの有権者は表面的な主張を最も重視します。というよりあまり深く考えません。
それでもついて行けないほど次世代はイカレた存在だった、だから選択肢になかったのです。


「右」のピント外れが次世代なら「左」のピント外れが社民というのはその通り。共産はどちらかといえば「経済左派」の政党です。労働者の待遇改善とかブラック企業の撲滅とか、庶民の望むところを押さえていたから伸びたのでしょう。
社民が今までの通り、原理主義的な左翼思想だけ掲げるのなら、次世代と同じく消滅の道をたどるでしょう。
Commented by ruhiginoue at 2014-12-22 13:13
確かに、自民党は政権与党なので、人数が多くいろいろな人がいて、一部に極端な人はいても、そうじゃない人もいるし、国民に対しても外国に対しても反発を買うことを控えようとはしますし、これに対して次世代の党は野党だから無責任でいいと思っているのか、デリカシーのかけらもない。
また、社民党は、生活と掛け離れたところで護憲とか平和と言ってばかりで、憲法そのものを読んだことがない人ばかりです。
Commented by 次郎くん at 2014-12-22 13:34 x
日本人は、ドキュンかつ社会構造を道連れにしての破滅願望を抱いている連中の比率が世界の平均値よりも高いですから、「合法的手段」で願望を満たす装置としての次世代の党はグーミンの男どもには一定の人気があります。普段から読書をすることを軽蔑し、テレビ真理教教徒でもあり、テレビタレントの妄言を現人神の神託の如く盲信します。文革時代の紅衛兵がお似合いの知能が低いことを自慢する反知性主義者どもです。そういう連中は、小選挙区自民:比例区次世代または維新です。万が一(爆笑)共産と社民がどういう立派な行動をとっていたとしても「周囲の雰囲気を読めよ」のたった一言の「精神勝利法」の亜流を使用することで満足する立派なプロ家畜どもです。が狂暴化した家畜のほうが腕力は強いことを、一応悪い「人間」である公務員の皆様方はお忘れのようです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2014-12-21 08:02 | 政治 | Comments(3)