井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

カボチャの頭の山本太郎

 かつて、「保守系無所属」ではなく「無党派」を売りに当選した無所属の議員を、自民党が引っ張り込み、その議員はもちろん自民党も批判されたが、このとき、自民党の御用評論家の三宅久之がテレビでこう言った。
 「自民党は勢力が衰えてしまい、とにかく頭数が欲しいんだ。カボチャの頭でも欲しいんだ」
 これが本音だ。誘われた人は「あなたが必要だ」などと、おだてられてただろうけど。山本太郎も同じだろう。

 そんな山本太郎に対して、その愚かしさを嗤うだけでなく、すっかり落ち目の小沢一郎と組んだことを政策の観点から問題にする人たちがいる。この中には共産党の議員や党員らも含まれていて、盛んにツィターやブログなど自分のウエッブサイトから発信している。

 こうした意見に対して文句を言う人たちがいる。
 このうち、政党助成金をもらうために頭数を揃えて何が悪いという「カボチャの頭」論は、コケにされた山本太郎議員自身の問題だ。
 そうではなく政策論で、「反自民」や「脱原発」で仲間なのに批判するなという奇妙な非難がある。
 けれど、そもそも先に山本太郎がブログで共産党を侮辱したうえで小沢一郎と組んだという事実がある。だから文句なら連帯を呼びかけず侮辱した山本太郎に、先ず言うべきだろう。これはどの政党とか議員を支持するかとは関係ない、物事の道理とか筋という問題だ。

 他にも、特定の政党と関わらなければ偏らないと考えて支持した有権者たちへの裏切りではないかという問題もある。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 次郎くん at 2014-12-29 11:03 x
これで山本太郎さんの狙っている票田稲狩りの傾向と対策が、リア充の中産階級やインテリではなくて、ダメダメ家庭(機能不全家庭)出身者でストックホルム症候群にかかっていることを自覚していないB層連中に票を入れてもらうのが目当ての芝居だと判明した瞬間なのでありました。敢えて「毒をもって毒を制する」目的で共産党に投票している人々=私欲の観点からは損してばかりだけれども=公益こと「国民」の生活向上が第一でIQが高い人々からは、もう投票してもらえない危険を冒したことになります。不正選挙を仕掛ける側に「不正選挙はなかったそれらしい説明のできる口実」を与える行為を、山本太郎さんがしてしまったことは誠に残念であります。
Commented by L at 2014-12-29 20:56 x
 安倍が解散を公言する前に集会で山本太郎の話を聞きました。山本は、「選挙が近い。にも関わらず、野党は選挙協力をしようとしない。話をしても、”おまえが議席を捨てて立候補する気があるのか?現職優先だが”。古臭くしがらみだらけの既成政党はもうダメ。10人の新人を集めて新党を立てたい。」とよくある話をしていました。全部当選しても10人の無知な新人で経験豊富で狡猾な自民をはじめとする既成政党に対抗できるわけないだろうと聞いていました。
 全体としては、よくやってきたと思いますし、よく勉強もしていると思います。秘密保護法裁判の傍聴にも来ていて報告会でスピーチもしてくれました。

 切羽詰っている生活が条件が良かったのだとは思いますが、いい加減な社民ならまだわかるけど、生活はねえべ。件の集会はアーサー・ビナードさんや奈須りえさん、なぜか公務員叩きの新自由主義者の区議がスピーカーで、山本を応援するものでした。彼の応援者はよくわからないけど、社共緑ぽい人が多そうと思うので、落ち目な上に本音はネオコン・ネオリベの小沢とくっついたのを見て判断の悪さに引っ繰り返ったんじゃないかしら。また、中核派とか罵倒していた連中は何を思うんだろう?

 松本哉さんが事務所は近所だが山本は推せないと言っていたけど、また正解でした。
Commented by ruhiginoue at 2014-12-30 20:08
そもそも芸能人とか、例の川田龍平やら福田衣里子とか、何かで目立った人がそれで選挙出るのが間違いです。
そして調子に乗って田母神とか変なのが湧いて出ますから。
Commented by ruhiginoue at 2014-12-30 20:13
もしも山本太郎が社民党に入ったなら、政党助成金なんておかしいと思いながらも背に腹は代えられないと受け取っている政党だから、お互い貧乏なので助成金もらうのも仕方がないかなと言ってもらえたかもしれない。
しかし生活の党だから、小沢一郎は前から政党助成金で汚いことしてきたからなあ、そんなのと組むなんてなぁ、と言われちゃったわけです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2014-12-29 07:57 | 政治 | Comments(4)