井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

新宿ミラノ座が最後の上映

 今年で新宿ミラノ座が閉館する。取り壊されて新しい建物が作られ、そのなかに映画館も入居するようになるらしい。

 五十年くらいの伝統がある新宿ミラノ座は、過去に上映して来た人気作を再上映している。大晦日には「ET」を上映する。この映画は昔ここで観た。

 また、先日、火球が目撃されたことで思い出した。「メテオ」というSF映画をミラノ座で観たことを。冷戦中、米ソが不信を乗り越え協力して隕石を破壊し地球を救うという話。ベテラン俳優の勢揃いだった。
 ところが「アルマゲドン」「ディープインパクト」は、隕石が降るから冷戦後も核兵器は必要というプロパカンダだった。特撮は進歩したがドラマは堕落した。
 
 この大きな映画館は、大画面でスペクタクルを鑑賞するのに向いている。だから他にミラノ座で見た記憶といえば「スタートレック」だった。あと年末にここで観た記憶があるのは「グレムリン」だ。

 このようにSF映画の記憶ばかりがあるのは、大画面であることに加え、年少だったからそうした映画を好んで観ていたということだろう。

 そしてミラノ座に限らず歌舞伎町で映画を見なくなっていたのだが、それは西武線を利用しなくなったからだ。
 行かなくなって久しいとはいえ、大きな映画館がなくなることは残念だ。もちろん、西武線沿線に住まなくなった事はとても幸運だが。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2014-12-31 12:44 | 映画 | Comments(0)