井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

「ホームレスが糖尿病になる」より「片山さつきが国会議員になる」ほうが不可解

 お笑い発言で知られる片山さつき議員、日本がいかに豊かであるかという証拠として「ホームレスが糖尿病になる国ですよ」と。
 それよりも、「片山さつきが国会議員になる国ですよ」という問題にするべきだ。
 
 ホームレスが糖尿病になるのは栄養が偏るからだと指摘されていて、だから片山さつき議員は無知だと批判する人もいるが、これは病気について間違えただけだと言える。
 では、糖尿病ではなく痛風など贅沢病と言われるものだったら適切な発言かというと、そうではない。
 
 浮浪者が高級料理店の残飯をあさっているためグルメになっているという図式は、映画やマンガに描かれている。黒澤明の「どですかでん」、伊丹十三の「たんぽぽ」、漫画「美味しんぼ」などがすぐ思い浮かぶ。

 これは、滑稽にも、庶民には手が届かない高級料理をなぜか浮浪者が知っているということだ。高級料理の食べ残しが多く、また残飯あさりをするをする人がいからだ。
 つまり、高級料理を食べ残せる人たちと、高級料理には無縁な人と、住む家も無く残飯をあさる人が、いるというわけだ。

 そんな社会の不平等と理不尽を、滑稽な図式として映画やマンガは描いているのだが、それを片山さつき議員は、国が豊かなのだと勘違いしてるようだ。
 この方が糖尿病について誤った認識をもっていることよりよほど問題だろうう。

  
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented at 2015-01-02 22:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2015-01-02 13:21 | 政治 | Comments(1)