井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

エルビスとボウイの誕生日に思う

 1月8日はエルビス・プレスリーとデビッド・ボウイの誕生日だそうだ。これも、たまたま同じだっただけだ。
 しかし山本直純はベートーヴェンと同じ誕生日だったため、音楽家だった彼の父親が、息子は音楽家になる運命だと思いこんで英才教育を施し、期待に応えた息子は父親より有名な音楽家になったとのことだ。
 
 ところで、新宿ミラノ老朽化で閉館というリバイバルの一貫として再上映された「戦場のメリークリスマス」にボウイが出演したのは、監督の大島渚が、たまたまテレビの宣伝に出ているボウイを見て台本を送ったところ、「会いたい」と返事が返って来たと言ってたが、その時期からすると宝焼酎純の「ロックで割ればジンロックジャパン」だったのではないかと思われる。

 その後、ボウイがコンサートで来日したら、「戦メリ」でボウイを知っただけで歌は解らない人が大勢詰めかけたと、昔からのファンが不快感を示していたものだ。
 その意味を理解できなかったが、70年代に来日したデビッドボウイが「ヒーローズ」を歌う様子を録画で観る機会があり、なんで彼が80年代に「レッツダンス」で変節したと言われるのかが解った。
 その時の歌い方は、ベルリンの壁がある権力構造と、その社会に置かれた個人に力点が置かれていた。その後の歌い方では、場所がベルリンなだけで、ただの逢引の歌になっていた。
「time may change me, but I can't trace time.」ということか。

 
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by ケーキイーター at 2015-01-09 21:28 x
 1月8日は小泉純一郎の誕生日でもある。しょうもないことを覚えている私。

Commented by ruhiginoue at 2015-01-10 12:51
それでプレスリーに親近感があると言っていたのでしょうか。
Commented by 次郎くん at 2015-01-10 14:08 x
プレスリーさんと小泉元総理には思想的共通点があります。政敵の批判の内容文章に対して「古き良き道徳の壊し屋」「過激派の友達」「極左的思想」「不道徳な存在」と言われても平気でしたが、どんな手段を使用してでも「時代遅れの奴」扱いされるのには耐えられず、あらゆる合法的な手段を使用して封印しようとして、成功を収めたところですね。特にプレスリーさんは存命時代と亡くなった後も、有能なプロデューサーを工作員として雇って攻撃してくる政敵に対して「過激すぎる進歩主義者」といった攻撃内容の連中に対して多額の金銭を渡して「いままで通りの批判攻撃内容でお願いします、ただ、時代遅れの奴という根拠なき批判だけは辞めて下さいまし」との司法取引を行ったので、相手の側が驚くと同時に大喜びで攻撃を再開して続けまくったことがありました。
Commented by ruhiginoue at 2015-01-11 14:05
 ブレスリーが変だということは、ジョンレノンも指摘していましたね。憧れのスターで、会ったら嬉しかったけど、どうも変だと。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2015-01-09 12:38 | 音楽 | Comments(4)