井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

ツィターに論文モドキを書く大学の先生

 ツィターとはつぶやくように短文投稿するものなのだが、延々と連続投稿する人が時々いる。これならブログに書いてリンクすればいいのにと言われるものだが、なぜそうしないのか不可解である。
 
 そして先日、大学で教鞭をとっていると言う人が、ツイートで延々と連続投稿し、南北格差の問題を説いていた。ヨーロッパが、嗜好品の砂糖とコーヒーを生産するために南半球の生産地から搾取しているという説明に続く結論として、安い労働力で儲ける企業と、そこから無自覚に購入してしまう消費者に問題がある、という趣旨だった。

 これには異論がない。多くの人たちに関心をもって欲しいとも思う。ただ、そうした問題の代表のような会社としてユニクロを挙げたので、これまでの説明にそぐわなかった。

 だから、砂糖やコーヒーの事を言うならユニクロよりもネスレだろうと指摘した。南半球の生産者からの収奪と北半球の労働者からの搾取で暴利を貪るこの多国籍企業は、日本でも労働裁判になっている。
 そして、大企業におもねる裁判官の偏った訴訟指揮も指弾されていたし、こうした企業の製品をやめて公正で良心的な商取引をしようと頑張っている小さな会社があるから、なるべくこういう所から購入するよう心がけている人たちがいる。

 すると、この大学の先生は、そうだと返信したうえ、ユニクロは議論の入り口に過ぎないと続けた。そして別の話題を始めた。これを読んだ人は、ツッコミがあってから話題が急に変わったようで面白いという反応だった。

 こちらとしては、特にツッコミを入れたつもりではなかった。だが、この先生はツッコミがあったら急に話題を変えたと面白がられた。
 この先生は、いつも何か言われると「こんなことも知らないなんて駄目だ」「私の教えている学生なら知っている」「ちゃんと勉強しなさい」「どんな学問も最初は丸暗記から入る」などと上から目線で説いてばかり。
 だから面白がられたのだろう。

 しかし、南北問題の歴史的経緯を延々と語り大学で学問する意義を説く先生が、まさに今、南北問題から労働問題になり、大企業を相手に体張って裁判などで闘う市民がいることへ具体的に話が及ばない。そして「社会に出て今の現実を直視せよ」ではなく、「本を読んで勉強してから何か言いなさい」と威張る。
 
 これは面白がってばかりも居られない。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by keitan020211 at 2015-01-16 18:44
ブログは往時の人気が退潮となっており、マイナー・メデイアとのボーダー・ラインにあるらしいです。片やツィッターは全盛にあるメジャー・メディア、知識人としての体裁が欲しい低水準な大学教授が何れを選ぶかは火を見るよりも明らかです。
 私がブログを始めたのは一昨年であり、往時が過ぎて悠に後です。それでも便利さに惹かれて自製のサイトをブログにシフトしています。

 ネスレと言えば、この処の諸々の『値上がり攻勢』はネスレのようなコスパの低い高価格中品質の製品が殆どであり、それらが高くなったと言って「生活が苦しくなっている」とは幾らなんでも無茶な話です。仮に高価格高品質であっても、いつも買えるのが当然であると思える筈はないでしょう。そんなことであると税と社会保障に関しても高負担中福祉、延いては高負担低福祉になってしまうでしょう。
その大学教授も、少ない字数にとてつもない労力と権威主義の精神を注ぎ込んでいるのであろうと思われ、同じことです。
Commented by 次郎くん at 2015-01-16 21:13 x
ビスマルク大元帥の格言を理解してる積りになってる昇進試験だけが得意なバカは、安晋三政権版の文革の対象になっても仕方がありませんね。このシトと比べると、某戦隊物のデスマルク大元帥のほうが架空の人物ゆえに実害ないですからマシに思えてなりません。
Commented by ruhiginoue at 2015-01-17 15:55
 19世紀は文学の時代、20世紀はジャーナリズムの時代、21世紀はコラムの時代、とネットが普及する前から言われていて、それは誰でも発信できる時代になってきたからだけど、その形式は衰勢が思ったより遥かに早そうですね。
Commented by L at 2015-01-20 13:54 x
 こんにちは。
 ショボイ先生ですね。
 ネスレと言えば、「世界の半分が飢えるのはなぜ?」 という本に出てくる逸話を思い出します。著者は青年時代にキューバ革命に痛く共鳴し、ジュネーブを訪れたゲバラに「革命に参加したいのです。私をキューバに連れて行ってください」
 だが、チェは彼の手を引いて、レマン湖を見下ろすバルコニーまで連れていき、対岸に輝く製薬会社バイエル社や食品企業ネスレ社のネオンサインを指してこう語ったという。
「君はスイスに残って、この怪物と戦うのだ」
 
 大センセイにはこの辺りを踏まえてご高説をぶって頂きたいものですね。

 さありながら、昨今は連続ツイートをツイログとかトゥゲッターで纏めたりするようですから、こうして試食販売というか、コマセを撒くのも良いのではないでしょうか。まあ、この人にとってはバカッターになっているようですが。
 あと、先週からNGOによるユニクロの中国工場の潜入調査について日本で記者会見・報告会が4,5回行われていますので、センセイの事例選択に影響があったとしたら嬉しいです。顔見知りの方々が関わっているので。http://www.labornetjp.org/news/2015/0116kaiken
Commented by ruhiginoue at 2015-01-20 20:32
さすがゲバラですね。
バイエル製薬もヤバイ企業ですが、日本では731部隊の残党が作った会社が薬害事件を起こしたけど、市民が力を合わせて闘ったのを、自分の功績にしていいとこ取りした菅直人や川田龍平や、デタラメ書いて訴えられた櫻井よし子なんかが威張り散らしているから、情け無いものです。
Commented at 2015-01-23 11:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-01-23 11:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-01-23 11:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-01-23 20:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2015-01-16 17:38 | 社会 | Comments(9)