コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

『海猿』の作者らを裁判に訴えよう

 朝日新聞の報道に言いがかりをつけて、精神的苦痛を受けたとかほざいて集団訴訟起こした連中がいるけれど、随分とデタラメな内容だった。
 これも、稲田朋美という悪い先例が出来てしまったからだ。前におなじことをして敗訴しているが売名にはなって、ヘボ弁護士から大臣に出世した。
 
 それなら対抗して、この裁判を担当した弁護士に対して、とんでもない訴訟をしたからと、みんなで懲戒請求しよう。これはあの橋下徹が、弁護士は我慢するべきという最高裁のお墨付きをもらってくれたから、安心してやれる。
 
 あるいは、実態は暴力集団の海保を美化した『海猿』の作者・佐藤秀峰、原案・取材・小森陽一、発行・小学館を訴えてもいい。
 これで訴えたら、作者も出版社も、あくまでフィクションだと言うだろう。そんなことは関係ない。世間に訴えるダシにしているだけなのだから。
 
 とにかく、悪い政治家が悪い先例を作ってしまったら、それを逆手に取ってやるべきだ。もちろん、一つや二つでは権力にすり寄っている者にとって屁でもないだろう。だから市民の側は根気よくやることだ。
 

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented at 2015-02-01 06:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by L at 2015-02-01 17:44 x
こんにちは。
 その通りですね。昨年、9条の会などが自治体にアヤをつけられて後援がつかなかったり、イベントからパージされたりしました。川柳の広報への掲載が拒否されたこともありました。憲法99条公務員の憲法遵守擁護義務違反で訴えてやればいいんです。公務員は、契約の時に憲法遵守擁護の誓約をして署名捺印していますから、そいつらのハンコついた誓約書現物出させてそれを引き合いにネチネチやればいいんですよ。そういうのが役人・役所には一番堪えます。逆に、マシな役人にとってはまともな運用の口実に出来て助かるはず。
Commented by ruhiginoue at 2015-02-02 12:32
その時は、よろしくお願いします。

変な行動する者に対しては、行動で立ち向かわないと効果がありません。
by ruhiginoue | 2015-01-31 21:34 | 司法 | Comments(3)