コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

トータルリターン

 一瞬SF映画のことかと思ってしまいそうな「トータルリコール」ではなく「トータルリターン」というのが始まった。
 これは、1投資したのが幾らで、2投資したうち幾ら残っていて、3利益から分配されたものまたは解約や償還つまり幾ら受け取ったのか、これらを2-1+3で出した運用損益が「トータルリターン」ということになる。
 これは要するに、分配金があったのでそれがそのまま儲かったとは限らず、投資した元本がどうなっているかという問題があり、もしもそこで完本割れしていたら、それを差し引くと分配された金額どおりの利益ではないわけで、だったら差し引いた金額も告知し、最終的に幾ら得したか、あるいは損したか、というのを「トータルリターン」と称して告知するということだ。
 これならわかりやすいだろうが、この名称はやはりSF映画の題名と引っ掛けてあるとしか思えない。このSF映画の原作はPKディックの「追憶売ります」という短編小説だが、映画化の題名は記憶を総て呼び戻すという意味。
 その点では、今ちょうど確定申告で一年分の支払いと受け取りの書類をトータルしているところだ。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2015-02-02 20:22 | 経済 | Comments(0)