コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

オウム教とイスラム国と朝日新聞と読売新聞

 かつて、筑紫哲也の番組で、オウム真理教へ破防法適応に賛成する元警察官僚の亀井静香議員に対し、元検察官の佐藤道夫議員が、案件にそぐわないこと、効果がないこと、などを具体的に挙げ反対したところ反論に窮した亀井が「なんでオウムの味方をするのか」と繰り返したため、あれはひどいと批判されたのだった。

 これと同じことをやっているのが安倍総理だ。人質を殺させたも同然で、誤魔化したうえ利用するつもりだろうと批判されている。その反論に窮したのだろう。

 こんな安倍を擁護するために、国会答弁と食い違う記事を、人質を助けるため中東に赴いた総理という大見出しにした読売新聞は、虚報だという指摘と批判をされている。

 かつて「91 1事件」の直後にアメリカのやり方とこれに追従する日本政府を批判する意見広告に対し、読売新聞の記者が日テレで「テロリストを野放しにしろ言っているんだ!」と一方的誹謗。
 これでも反論のつもりなら結構だが、市民が金を出し合い広告を載せたのだから、手前も電波使用料金を払って言うべきだ。政府は税金で広報するからマスコミが勝手に批判してよいが、逆にマスコミが政府に成り代わり市民を非難するなんて最低だ。もともと読売の記者っていうのはこういうクズが目立つ。

 また、オウムの残党が何かやったら破防法に反対した人の責任だと言った非常識な人がいた。佐々淳行とか井沢元彦とか、なぜか朝日新聞にデタラメ批判してることも共通している。

 ところが、破防法には反対し、今では朝日新聞に頼まれて偉そうに意見なんかしているけれど、かつてのオウム事件では、不適切な捜査は人権侵害になるという危惧に対しオウム寄りとレッテル貼り攻撃したのが江川紹子だった。オウム擁護してなくても自分のヒステリーに合わせない人には「じゃあラチカンキンしていいんですか」と、こじつけ攻撃。オウム教団が脱走信者を強引に連れ戻して問題になったことを「拉致監禁」と呼び、それを意味など関係なくレッテル貼りにしてるから言葉が軽く、「ラチカンキン」「ラチカンキン」と喚き、権力の行き過ぎを諌める人を貶めた。

 その後も江川紹子は、個人情報をツイッターで軽々しく書いてしまい、それも例の「だにゃ」というふざけた調子で。こんな人の意見なんて朝日新聞は聞いては駄目だ。

 朝日新聞の上丸洋一記者が指摘するとおり、テロに屈しないとは、テロを口実に民主主義を後退させないこと、軍事化を促進させないこと、暴力を容認しないこと、民族差別・宗教差別を招かないこと、理性を放り出さないこと。そしてより真っ当な世界にすること。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 弱猫 at 2015-02-05 20:42 x
朝日のいわゆるW吉田誤報に関する第三者機関のメンバーに選ばれた日産の重役は、誤報を生みだす朝日の体質改善にゴーン氏の経営理念を参考にするよう提案した。

日産はゴーン氏の就任以来、リコール台数が30倍近くに跳ね上がっているというのに。普通ならリコール台数を減らしてから提案すべきものを。

そんな日産の重役の言葉にお追従を述べたのが、同じくメンバーに選ばれた江川紹子と湯浅誠で、かろうじて残っていた2人になって対する幻想を吹き飛ばしてくれた。

江川紹子は湯浅誠が数年前に書いた、ヒーローを待っていても世界は変わらないとかいう当たり前のタイトルの本に感激したようで、ツイッターでその要約を興奮したように投稿していた。元ネタになっている湯浅誠の本を読んでいないので本については批判できないのだけど、江川紹子の要約の限りでは新たな自己啓発本にしか思えず、そんなやすい言葉に興奮してしまう「だにゃ」おばさんに苦笑するしかなかった。
Commented by Neutralizer at 2015-02-06 14:19 x
ご無沙汰しております。
我々日本人には論理というものがない故に(あっても詭弁だけ)ああいう論調とも言えぬ言葉のごり押しがまかり通るのでしょう。
 つくづく我が国がいかに平和ボケしているのかを実感しますね。
Commented by ruhiginoue at 2015-02-06 14:25
ゴーン社長はコストばかり削減して安全性や研究がないがしろにされていると言う事は前から言われていたはずですけどね。
中身をちゃんと読み解く論理性が日本では求められていないというか、伝統が無いんでしょうね。
Commented by 次郎くん at 2015-02-06 15:26 x
中身をきちんと読み解く論理性の伝統は日本にもありますよ。別の分野で本多勝一さんが記述していた記憶がありますし、田布施部落民支配体制よりも前には、二流以上の仏閣寺院が、宗教という形での精神医学の鍛錬をする伝統があります。詳しくは「日本トランスパーソナル精神医学会」にお尋ねになられた方が早いですね。専門バカ集団だけど、餅は餅屋です。しかも日本を支配する朝鮮部落である田布施部落民たち自身が、真っ先に手をつけた文革のデストピヤとして、高麗仏教で二流以上になろうとした同族の人々を政(まつりごと)関係から排除場合によって抹殺することを「塊より始めた」のが明治維新の本性です。
Commented by ruhiginoue at 2015-02-07 21:35
 ただ宗教になると事情は異なるということではありますが。
Commented at 2015-02-08 10:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by ruhiginoue | 2015-02-05 20:37 | 社会 | Comments(6)