井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

小沢一郎と山本太郎あしゅら男爵

 山本太郎は、とにかく一人だけ目立とうという活動方針を貫いてきたから、天皇に手紙を渡したり、全会一致に天邪鬼な退席したり、というのは当然の態度だろう。それをとやかく言ってもしょうがない。

 しかし、退席の件は、もう無所属ではないのだから、そうまでして異論を差し挟むなら、共同代表という立場なのに、なぜ自分の党の議員らを説得しなかったのか。
 また、その共同代表の矜持を理解しない人たちの党に留まることが、なぜできてしまうのか。
 そんな党と所属議員らのために、山本太郎は政党助成金をもらえるようにしてやったのだ。まるで「マジンガーZ」の悪役あしゅら男爵みたいに、小沢一郎と山本太郎はくっ付いたのだ。
 そして、NHKからお呼びがかからなかったと文句を言うけど、どちらの代表が出るかによって党の意見が違っては、どこのテレビ局だって出てもらいたくないだろう。
 
 そもそも、とりあえず同胞の死を悼み政府に誠実な対応を求めようという、最大公約数的な決議を全会一致でしましょう、という程度のことを、あたかも報復戦争に翼賛するかのように大袈裟な批判をし、それにスタンドプレーで退席しただけの一議員をダシにして、他の議員や党を非難し、そうすることで、蒙昧な大勢と違いワタシってなんとエライんでしょうと気取り自己満足している人たちがいるけど、これは実に見苦しい。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2015-02-08 22:11 | 政治 | Comments(0)