井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

松田九郎もと議員が死去

 松田九郎もと衆院議員が92歳で9日に急性呼吸不全のため死去したとのこと。
 彼は1983年に衆院旧長崎2区から自民党で初当選した。だみ声に特徴があった。
 選挙区に農家が多く、それで農産物保護に熱心なのはいいけど、農業ができなくなったら失業してしまうというのを「農民は筋肉労働しか能がない」と言ってしまい落選したことがある。
 また、先日亡くなった長崎の本島市長とは親しかったが、天皇の戦争責任発言に対し「共産党に味方した」と罵っていた。
 実際は、共産党の議員が、どう考えるかと質問したのに対して「長崎としては、もう少し早く終戦していれ原爆の惨事にならなかったので、終戦の決断が遅くなった責任ならあると思うが、そこまでは問うべきでないと思う」だった。
 なのに、擁護するどころか勘違いして責めて、市長は右翼のテロで銃撃され負傷した。
 さらに、テレビの討論で大島渚とお互い感情的になり怒鳴り合いも演じた。この番組で大島は天皇をコケにする発言をしていたら右翼から脅迫状が来て、慌てて天皇に陛下をつけたり戦争責任を擁護したりと、逆の発言を始めて実に見苦しかった。
 
 しかし、松田、本島、大島、みんな鬼籍に。
 ただ、問題なのは舛添要一が都知事をしていることだ。

 その討論番組で松田議員は、沖縄で基地に反対している年配の人を左翼呼ばわりしていたが、詳しく話しているうちに、政治的立場は異なっても同じく戦争体験のある世代なので、その話になると涙ぐんで理解を示していた。
 ところがそこへ同席していた舛添要一当時東京大学助教授が割り込み、体験の裏付けの無い薄さを俺様は東大出て成績が良かったと自慢していた延長で論点逸らしをしたから、大島渚も怒ってしまったのだった。

 こういう苦労知らずが威張っているのは都知事だけでなく総理大臣もだが、その兆候は80年代にすでにあったわけだ。
 

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by keitan020211 at 2015-02-12 09:47
色々と自分なりの流儀はあるかと思いますが、
『元』を「もと」と常に記されるのはどんな理由によってなのですか?
Commented by 次郎くん at 2015-02-12 10:14 x
誤解を与える表記方法として有名になった例として、森元総理という呼称があるからではないでしょうか?反日左翼ではあってもこうなった理由は、存在の重さとして中川八洋先生よりも奥深い存在です。ロシア正教会の奥義を三世代にわたって識っているゆえの反日左翼です。しかもロシア語ではなくて日本語とスペイン語とポルトガル語での伝道の功績もありますし、日本トランスパーソナル精神医学会会長よりも凄い存在に対してそれなりに経緯を払う必要があります。間違いだったら済みません。

Commented by 阪神 at 2015-02-12 10:43 x
本島市長が銃撃された時には長崎市民でした。あの事件後、デモがあったので参加もしました。天皇に戦争責任はあると主張したかったからです。集会もあって参加したのですが、会場入口付近でヘルメットを被り、竹槍を持った中核派?らしき3人がメガホンで何か叫んでいました。それしかこないのかよと残念な感じでした。あの当時のデモ参加者は40代以上が殆どでしたね。今はもう60代後半以上ですね。
Commented by ruhiginoue at 2015-02-12 19:05
昨年、自民党の田村元もと議員の訃報について書きましたが、名前に元が付く人が結構います。
肩書きにも、元老院議員というのがあります。それで、区別するためです。

Commented by ruhiginoue at 2015-02-12 19:17
長崎市長の発言は、的を絞りにくかったと思います。天皇の戦争責任を追及することと、保守系の政治家のあの程度の発言を非難するのは勘違いも甚だしい、という問題がうまく区別できませんでしたから。
マスコミがきちんと整理せず、自らの言葉でなく市長の発言の陰に隠れて騒いでいると、右翼の赤尾敏が発言し、そのとおりマスコミがだらしないと大手で唯一発言したのは朝日新聞の本多勝一記者で、フリーではもと雑誌記者の立花隆と松浦総三くらいでしょう。
Commented by keitan020211 at 2015-02-12 21:19
「森元首相」には一見して誰のことかと思ったことがあります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2015-02-11 23:13 | 政治 | Comments(6)