コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

曾野綾子みたいなカトリック信者はざらにいる

 日本は人権意識が低いどころか人権は悪だと信じている人のほうが多いくらいなので、女性差別や人種差別の発言が問題になることは少ない。
 だが日本は外圧に弱い。それで外国で騒がれることに配慮しないと失敗する。橋下徹の慰安婦と風俗、都議会のセクハラ野次、曽野綾子のアパルトヘイト、国内では一部から顰蹙を買っただけだが、海外にも紹介されて炎上している。

 ところで、筒井康隆の小説『大いなる序走』の映画化『文学賞殺人事件』で、堕落した出版界が話題作りのために、聖心女子大の馬鹿っぽいお嬢様が趣味で書いただけの小説を受賞させてしまうけれど、これは曽野綾子をからかっていると昔から指摘されてきた。
 しかし現実の曽野綾子は、そんな受賞すらしていない。文学賞には無縁で、受賞したのは「正論大賞」というお粗末。
 そして、あの竹田恒泰が祖先は明治天皇とか言ってマスコミで馬鹿なことやるから皇室はさぞ迷惑しているだろうと言われているけど、その前から曽野綾子が聖心女子大で皇后と学友だったを売りにしていたから、さぞ迷惑していただろう。

 そうはいっても、南アフリカ共和国のアパルトヘイトは、もともとキリスト教会が説いた宗教右翼思想に基づいているのだから、幼稚園から大学まで聖心の曽野綾子が右翼新聞の産経紙上で説いたことは、むしろ当然のことだ。
 また、曽野綾子のトンデモ発言により、カトリックの印象が悪くなるとか、あんな人は本当のカトリック信者じゃないとか、言う人がいるけど、あの狂信性を発揮していることを指して「日本を代表する作家」と持ち上げたのは、上智大学のデーケン神父である。
 
 さらに、曽野綾子は、チェルノブイリ原発事故より妊娠中絶の方が死人が多い、などと狂信的な発言を繰り返してきたが、これを言うカトリック信者はとくに珍しくない。原発より中絶が悪いとし、どんな命も神が授けた大切なものだ、と言いながら、従って他所の神を信じたり神を信じない者すなわちイスラム教徒などの異教徒や共産主義者などの無神論者は殺してよいという逆立ちした発想を真顔で説いたりする人も一人や二人ではない。
 つまりカトリック信者には曾野綾子のような人がざらにいるのだ。
 
 これは教会の中でそういう役割を担っている政治的勢力がある影響だ。今も辺野古で大変な沖縄では、軍事基地に土地を取り上げるため教会が地元を懐柔する役割を果たしてきた。我慢すれば共産主義との戦争に協力したとして死んでから神様に褒められて天国に行けると説教してきたのだ。

 それで昔から、こういうジョークがある。
 神父と異教徒の会話。
 「改宗しなさい。天国に行けなくていいんですか」
 「天国って、そんなにいい所なのかい」
 「もちろんですよ」
 「じゃあ、行きたくないね。そんなにいい所なら、とっくにあんたの国の植民地にされてるだろうからね」



追記
「教会の中でそういう役割を担っている政治的勢力がある影響」と書いてるのに「B!」で「カトリックに対するヘイトスピーチ」という人がいて、やれやれ。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします

[PR]
Commented by 次郎くん at 2015-02-14 01:23 x
冗談抜きで、主宰者様は、もう半世紀以上前から欧米人のインテリの間では「キリスト黒人説」かつ「キリスト女人説」が常識になってることをマジでご存じないみたいですね。失礼ながら捏造歴史を告発する系列の本はあまり読書されていないのでしょうか?
もっとも最古代から中世に至るまでの大半の文明を創設したのは「黒人たち」ですから、当然文明病による大量死を最初に引き起こした「四流以下の黒人の後継者たち」がああいった主宰者様が取り上げられた連中なのですが。
Commented by 弱猫 at 2015-02-14 01:38 x
子どもの時に読んだ人魚姫の絵をいわさきちひろが描いていて、無償の愛にとても感動したのに、大人になってから読み直したら文が曽野綾子になっていて愕然としたことがあります。いま調べたら約50年前の出版でした。

人間にするかわりに声を奪うとか、王子がほかの女と結婚したら泡にしてしまうとかいった人魚姫の魔女のように、日本で仕事をさせてやるかわりにゲットーに囲えとか、産休とるような女はクビにして泡と消してしまえとか。

若いときの純真さが更年期障害で消えたというなら救われますが、もともとの素質だとなると子どものときの思い出が悲しいですね。原作はアンデルセンだから、そこまで気にしなくてもいいのかもしれませんが。
Commented by ruhiginoue at 2015-02-14 07:37
マルコムX自伝とその映画化にも、イエスキリストは黒人という話は出てきますが、悪いのは白人だから、キリストは黒人である説に納得するという逆の結論になるはずです。

曽野綾子はスポック博士のベストセラー育児書にも翻訳版に関与したことになっています。
こういうことは名義貸しです。
Commented by 次郎くん at 2015-02-14 10:07 x
失礼ですが、主宰者様は映画版のマルコムXをご覧になられたことないかブサヨ女たちがお得意のあきめくらな見方をなさっておられるのでは。終わりの方で
「黒人も白人も関係ない、正しいムスリムとはアラーの神との霊的交流を四六時中可能なくらいに自己開発できるようになってアラーの神の召使とのしてご意志を社会変革のために生かす存在である、マムルーク人という伝統派の善玉白人はゴマンと存在するし、この人々の存在のお蔭で全人類同胞主義を理解できた」との感涙ものの場面はお忘れになられたのでしょうか。
Commented by 次郎くん at 2015-02-14 10:20 x
同構造の内容は、ヘレンケラーやスウェーデンボルグも語ってます。アラーの神から主イエズスクリストにと名前と形が違うだけです。若き日の全国「精神病者」グループの皆様方が凄かったのは、パソコン通信時代から、特に物理と数学の高校教師資格をもっておられる河井熊五郎先生の指導のもとで機械の操作方法を教わって、敢えてネット検索無料サイトだけで書店に迷惑をかけない中身で、ヘレンケラーというキーワード検索を極めただけで「真のキリスト教」と同じ結論に至れたことです。主イエスキリストとの霊的交流史に関しても先住民史(原住民)や「黒人」を高く評価したキリスト教徒としては一流の存在であることを理解できた凄い皆様方です。哲学者タレントのヘーゲル学長やケンウィルバー博士よりも、比較宗教学に関して格上の「聖なる狂気」を爆裂させることのできた物凄い若き獅子たちの集団がそこには確かに存在していたのです。
Commented by ruhiginoue at 2015-02-14 21:32
それで、映画では学生っぽい若い女性がマルコムXに共感し、私は白人だが何か出来ないかと質問したら「ナッシング」とデンゼルワシントンが言うだけだけど、原作となった「マルコムX自伝」では、その対応を後悔していると書かれていました。
そしてメッカ巡礼に行く場面では、映画が大幅にはしょっているその部分を詳しく語っています。
これについては前提としており、ご指摘とはぶつかる部分がありません。
Commented by 次郎くん at 2015-02-15 12:33 x
外圧で次期フランス大統領当確と言われた人が落選したことありました。ジョスパンもとフランス共和国首相兼もとフランス社会党党首で、外圧のもととなった失言の内容は「エスペラント語は失敗した言語、フランス語は世界一愛の囁きに秀でた美しい言語なので、リア充になりたい人々はフランス語を学んで下さい」場所は2000年に中共を親善訪問した時の上海大学の講演だったと思います。この失言で世界中のゲイ解放運動家とラテン語を学ぶ人々、スペイン語ポルトガル語イタリア語の母語話者および学ぶ人々からも広範囲の抗議を食らい幾許かの貿易利権を失った咎により、2002年の大統領選挙で第一回投票で三位落選の結果で引退させられました。クレマンソー外交とドゴール外交の技術をスマートに悪用できるようにエリート特訓を受けた人々ですらこの有様ですから、外圧に強い国なんて存在しないのではないでしょうか。
Commented by ケーキイーター at 2015-02-17 11:19 x
 小話の「神父と異教徒の会話」を読んで思い出したのがこの事実。あるイスラム教徒さんがキリスト教に改宗して母国に帰ったら、死刑判決になったらしい。という事。私は「こりゃよほどしつこく改宗を迫られたんだな。改宗しないと頭がおかしくなるくらいに言われたんだな」という第一印象。最近は改宗を勧めた側が「こいつを改宗させれば多分うまく殺すことができるな」って認識の元で、こういうことになっちゃったんじゃないかな。という第二印象。ちょっと妄想が過ぎたかな。そんなことないかな。
 で、私は頭が悪いので、次郎くんさん(この呼び方おかしいかな?)の話の内容をほとんど理解できないでいるんだけど。アフリカの人は止むを得ずに英語やフランス語を共通語にしているのよね。で、最近になって「ああ。それで昔のヨーロッパ人は、ラテン語を共通語にしていたんだっけ」って解った。
Commented by 次郎くん at 2015-02-17 15:28 x
このジョークの目的は「権力犯罪者を笑い飛ばす目的としての、武器としての笑い」の使い方を述べたものですから、キリスト教の道を通って自らに内在している神性を開発に成功した人々とは全く無関係ですから、このジョークでキリスト教の全てを知ったなどと己惚れてしまうととんだ範疇錯誤です。アフリカの人々に対する言語帝国主義からの開放問題に対しては、土着の言語かつ古代海洋貿易の国際共通語でラテン語の原型でもあるスワヒリ語とアラブ語の、全ての各民族にとっては第三言語かつ共通語だったのを二言語併記で復活させるのが望ましいです。またラーマクリシュナ関係者やシャンカラチャーリャー関係者ですら言えない大正論を、全国「精神病者」グループの四国支部長を勤めておられた、河合熊五郎先生や藤原礼子先生がおっしゃっておられます。「最古の世界共通語のコイサン語が再び世界共通語になれば、書物や文字に頼らなくても口伝で地球人類がラージャヨーガを実践するのが当たり前の本物のユートピアがくるよ」と。まずは「ブラフマン」で検索されると如何ですか、ワイロまみれで情報操作されてるwikiでさえも放送大学のコピペですが理解しやすかったですよ。
Commented by ruhiginoue at 2015-02-18 00:29
宗教が異民族支配植民地主義に利用されてきた歴史がありますから。アルバニアのように宗教禁止なんて言うことをした国があるけれども、ここも異民族支配に苦しんだからですね。
江戸時代のキリスト教禁止も、封建制度に不都合な思想とか言う以前に植民地にされないようにと言う意識がありましたからね。
Commented by 次郎くん at 2015-02-18 15:58 x
江戸時代の「ローマ教皇庁と日蓮宗不授布施派だけは禁止」は徳川幕府の設立者たちの自信の表れでしょう。八切止夫さんやサイト「日本の陰謀」とか八幡和郎先生の「本当は恐い江戸時代」を鵜呑みにはしません。が、徳川家康を崇拝させる仕組みは、仏教東光浄土派やキリスト教カトリックネストリウス派が成功した洗脳方法を得意技としていた人々の方法を、極東の状況に合わせることができた人々が設立した『物』ですので。ただ徳川家康とその嫡男家光との関係は現代史でいえばキューバ島のカストロ兄弟に近いのではないかと思いますし、徳川は隣の当時の超大国中国に対して民帝国から清帝国に交代させるだけの「公明党的な力」を持ってましたから、柳生但馬守がゲバラの役割ではないかと。
Commented at 2015-02-18 16:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 次郎くん at 2015-02-19 16:22 x
これが江戸時代初期の洗脳方法です、徳川家康は仏教東光浄土派の御本尊様の薬師如来に使える12神将の一人である鉄鍛冶を司る佛が静岡城下の町医者の子供として再生した姿だから、認めて崇拝する者のみマトモな人間として生きる権利を与えてやる、というものです。
キリスト教カトリックネストリウス派とも同構造で、薬師如来がキリスト・家康は12使徒の一人であるトーマスに相当します。またネストリウス派(景教)は「海のシルクロード」を通って、アフリカ大陸アラブ半島で登場した2世紀後半には日本中国韓半島に同時に伝播していたという説が阿修羅掲示板を通じて2007年くらいに知りました。「広島+佐伯博士+ネストリウス」で以前は検索すると詳しい資料が出たのですが現在はどうなっているのか解りませんでした。
Commented by ケーキイーター at 2015-02-20 17:44 x
 もしも。信長さんが長生きしていて、天下でもとっていたら、やはり「キリスト教は禁止する」政策をとっていたかもしれませんね。
 で。次郎くんさんの書いていることがやっぱり理解できない、情けないケーキイーターなのさ。
Commented by 次郎くん at 2015-02-21 02:47 x
信長時代に渡来してきていたポルトガル人神父たちは日本人と比較して肌の色が浅黒くまた体格も筋肉質ではありませんでした。そのポルトガル人神父たちの記録によると献上したはずのキリスト像を「これを俺の姿だと思って崇拝しろ」との強制をまず安土城周辺から開始していたそうですから、ローマ教皇庁の洗脳方法を自らの物となせば当然ローマ教皇庁の神父たちは追放、ローマ教会派と
日蓮宗不受布施派は徳川幕府と比較しても遥かに過酷な中身で禁圧していたことでしょう。小説や講談の信長像は美化されすぎであります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2015-02-13 23:09 | 社会 | Comments(15)