井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

耄碌して記憶が混濁している曽野綾子

 南アフリカ共和国の人種差別政策「アパルトヘイト」が世界中から非難されている時、経済制裁どころか日本は貿易が世界一多く、これが国際世論から批判されていた。
 そのうえ、貿易による利益により日本は南アフリカ共和国から感謝の気持ちをこめて「名誉白人」の称号をもらっていた。むしろ侮辱というべきだが、鹿鳴館さらに敗戦による白人コンプレックスで「バナナ」「家畜人ヤプー」と化していた日本人は、いい気になっていた。
 
 それを受けて、「南アフリカ共和国に人種差別政策があると批判する人がいるけれど、他のアフリカ諸国に比べたら黒人も良い暮らしをしている」と言ったのが、加瀬英明という「外交評論家」で、右翼文化人として、またオノヨーコの親戚として有名な人。
 この人も右翼文化人の必須課題である朝日新聞批判の本を出していた。題名は「日本の良識をダメにした朝日新聞」

 そして、その朝日新聞の本多勝一記者が、南アフリカ共和国に取材のため入国を申し入れたら拒否された。日本の外交官か誰かが、朝日新聞の本多記者は、よく人種差別を告発する記事を書いているので入国させない方が良いと忠告したから。

 こういう日本だったが、時代は変わっている。しかし、80歳を過ぎて耄碌した後期高齢者は、過去と現在とで記憶が混濁しているのだろう。だから産経新聞で曽野綾子が人種隔離を主張したと考えられる。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 次郎くん at 2015-02-14 22:14 x
「名誉白人」の特権たるもの「悪徳守銭奴越後屋」ですから、実質的には白人と認可された人々よりも特権がありました。何せ当時でも現在でも大半の日本人にとっては苦役である徴兵制が免除ですもんね。確かに選挙権はもちろん非選挙権もなかった事実はありますが、投票制度への参加よりも五体満足な守銭奴であることが第一な連中ですから、ビスマルク外交の技術を悪用しまくった連中でもあります。戦後日本に独自外交政策がないは全くの大嘘であります。
Commented by 次郎くん at 2015-02-15 12:47 x
お言葉ですが、大半の日本人には「白人コンプレックス」なんてありませんよ。第二次世界大戦敗戦問題でも「アメリカの物量作戦に負けただけ、精神性の高さは今も昔も日本人のほうが上」と、阿Qも真っ青の日本民族ホルホルしてる連中が多数派です。具体例としては周囲の知人たちの大半は
廣済堂新書の副田護(そえだまもる)著「太平洋戦争49の謎」を勧めても読まず、るいネットや2ch嫌儲板や専門板すら無料検索せず、テレビのホルホル番組を見て「テレビ局に取り上げられないのは負け犬だからそんな活字読む必要なし、テレビ局の採用試験に合格した皆様が優れた啓蒙思想家である事実に対する嫉妬をするお前の心こそが『白人崇拝の自虐史観』だからこれからも同じバカなことぬかすとつきあってやんないよ」と知性以前の低い段階に退行する段階に陥っているのを、知性を超越したさとりの段階に到達しているなどと、「精神勝利法」だけは一人前の連中、それが敗戦後の日本人の多数派であります。
Commented by ruhiginoue at 2015-02-16 01:30
そうした日本人の発言は、ただの負け惜しみなのか、本気で信じている狂気なのか、何とも言えませんね。
Commented by 次郎くん at 2015-02-16 13:51 x
本気で信じている狂気で間違いありません。こういう人々は在特会やチャンネル桜のゴロツキ連中とは違いまして、悪く言えばマジメ系クズ・良く言えば地方ボスの命令したシゴトを有能に忠実に実行できる存在ですから、キリスト教プロテスタントカルヴィン派という洗脳機関が存在しなくても「優秀な労働者でなければ魂は救済されない」という間違ったイデオロギーを盲信し、外圧など全くなくてもカルヴァン派の戒律は墨守できる存在であります。良き言葉で事実を語らなかった長崎県選出の某もと衆議院議員が落選したのも言葉の選び方がヘタクソゆえの自己責任なのでこの点では全く同情できません。またカルヴィン派の奥義を極めかつ、比較宗教学およびトランスパーソナル精神医学の権威である存在であり、ヘレンケラーの精神的アニキでもあった、カルヴァンクーリッジアメリカ合衆国もと大統領というお方もおられましたので、マジメ系クズな知人たちの現世や来世については機が熟すのを待つ意味から心配は一切しておりません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2015-02-14 21:16 | 国際 | Comments(4)