コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

『老いの才覚』ではなく『老いの錯覚』、『戒老録』ではなく『耄碌録』

 曽野綾子が、「委員」を「アドバイザー」と表現されたことについて、微妙に意味合いが違うという指摘をするのではなく、1度もやったことがないのに間違った報道に基づいて批判されたとわめいている。このはぐらかしは曽野綾子の常套手段だ。

 例えば86年には、小森義久という右曲がりすぎて毎日新聞から産経新聞に転職した記者が、曽野綾子に怒り右翼誌『正論』で批判した。自分の言ったことに否定的な解釈をされたら「国語力を疑う」と言う手紙を送りつけたそうだ。

 今も、書いた内容を間違って解釈されたと弁解してる。人のせいにする性格らしい。そしてネットでの批判について、ブログやツイッターはまるで縁がないから知らないと言っている。

 昔、小説家は、高級万年筆で原稿書いてると自慢したものだった。次は高価なワープロを自慢し、雑誌の記事や広告に出たりもした。
 これについて曽野綾子も、(どんな機械もそうだけど)出たばかりで機能は単純だが馬鹿でかいワープロを、これ使ってますと言ってひけらかしてた。

 それが今では、ブログやツイッターは知らんとか、電子機器の意味で「エレキ」とか言ってる。下手に歳をとると無様である。
 曽野綾子は、上手に歳をとろうということで、『老いの才覚』という本を書いたが、現実には「老いの錯覚」をしていると指摘された。
 また、同じテーマで、過去に『戒老録』(かいろうろく)という本を書いていたが、今は『耄碌録』(もうろくろく)を書くべきだ。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 次郎くん at 2015-02-18 16:18 x
ここでも「麒麟も老いては駄馬に劣る」ですね。曾野先生も駆け出しの頃においては「若者に受ける文章を書く」能力は凄かったのに残念です。もしも賢熟女になっておられたらネット検索されて「白人が迫害虐殺された世界史」でも執筆されておられたでしょうに。(優性思想に文句を言わせない根拠として西式渡辺療法を推薦されておられた時代もありました)
アイルランド人奴隷・魔女狩り・ロシア帝国とユダヤ人虐殺・スターリンと毛沢東、などネット検索すれば引用書物案内は幾らでも出できますのに・・・・。ブサヨ反体制が掛けていて自覚のない色眼鏡からは、自由な存在な時期もあったのにまことに残念です。これでは三浦朱門先生ともども、親ロックフェラー派や親ロスチャイルド派からお取り潰しの対象にされても仕方のないことなのでしょう。
Commented by ruhiginoue at 2015-02-18 23:55
やはり保守論壇で女性の後継者難という問題でしょうね。後継者がいたらとっくに引退でしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2015-02-18 12:20 | 文学 | Comments(2)