コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

226事件と朝日新聞

 戦前の軍隊叛乱事件は515事件と226事件だが、両者は性質が異なり、「515」はテロ事件で「226」はクーデター未遂事件だった。
 515は反乱兵が大臣など要人を殺害し、対して226は組織的に政治の要所を制圧しようとした。そのさい情報を遮断するため朝日新聞社も襲撃し、印刷機に砂をかけて発行できなくした。

 それにしても、公的機関ではない新聞社が狙われ、しかも朝日新聞社というのはなぜか。これは、朝日新聞が政府系と看做されていたからで、実際に内容も組織も国策新聞であったという指摘がある。
 なのに、この事件を朝日新聞社は、軍国主義勢力に迫害され闘ったということにして、宣伝に利用したのだった。

 だから、よく、朝日新聞の報道と論調が左寄りだと言う人がいて、これに対し、ちゃんと読めばちっともそうじゃく、それどころか保守的だと否定する人がいるけれど、これは戦後に朝日新聞社が「226」を実態とは異なる宣伝に利用したことから始まっている。

 また、マスコミの中で朝日新聞が悪口を言われるのは、世界の高級紙の一つと数え数えられることへの嫉妬である。
 Jメリルのジャーナリズム研究で、充実した新聞として、イギリスの「タイムズ」と「ガーディアン」、フランスの「ルモンド」、ドイツの「フランクフルターアルゲマイネツァイトゥンク」、アメリカの「ニューヨークタイムズ」と「ロサンゼルスタイムズ」とともに、日本の「朝日新聞」と並べられるなどしていたからだ。

 そして、その権威を批判する自信のない人ばかりが日本のマスコミにおおく、自信があるとしても、それはせいぜい(朝日新聞と同様に落ち目ではあるが)NHKと岩波書店くらいで、だからそれ以外は権力にすり寄る形でしか批判ができない。
 すると、日本の政府は政権交代した一時期を除けば一貫して右派だから、それにすりよって悪口を言うと当然「朝日は左だ」と非難することになる。だから本当に「左」なのかという実質は無関係なのだ。
 それだから当然に、もし左派の政権下だったら、それにすりよって、今「朝日は左だ」と言ってるのと同じ人たちが「朝日は右だ」と非難するだろう。

 というわけなので、そもそも僻みで悪口を言うことが情けないことであるうえ、自信のなさから強者に媚びたうえで中身などそっちのけの罵声を浴びせる嫌らしさと卑屈さは、同類の人たちには受入れられても、それ以外の普通の人たちには嫌悪感しか与えない。

 だから朝日新聞への悪口は、そのほとんどが実態を伴っていないうえ、不愉快で無力なのである。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 弱猫 at 2015-02-26 17:02 x
昨日の朝日新聞で年金のマクロ経済スライドについて、将来の年金受給額の減少を防ぐ仕組みだと書かれていて、これがまさに朝日だと感じました。物価の上下に関係なく系統的に年金受給額を削っていくのがマクロ経済スライドなのに、減少を防ぐ仕組みだとは。

朝日の社会保障や税制についての報道は日経以上に財務省の広報、ところが社会面では朝日が推進してきた社会保障削減の犠牲者についての迫力あるルポが載るので、左翼だと勘違いする人間がでてくるのかもしれません。
Commented by ケーキイーター at 2015-02-26 17:35 x
 朝日は東から。
 ってのは駄目かな。つまりその人が北を向いて立つか南を向いて立つかの違いであって…。
Commented by ぷろんぷと at 2015-02-26 23:59 x
その意味では電通なども入るでしょうか。
リベラルからは「政府御用達の宣伝機関」と罵られ、ネトウヨからは「在日優遇の左翼機関」と罵られている・・・(笑
Commented by ruhiginoue at 2015-02-27 07:26
その上、経済の話などは読んでもどう違うかわからない人が多いという事もありますね。

南を向いて左側どっちかと言うのが、ボクシングや野球のサウスポーとやつてすね。

電通はマスメディアというよりも広告の裏方ですから。大下英治の本・解説佐高信なんかは、謀略機関のように書いてるけど、田原総一朗の本ではあくまで商売と言ってますね。
Commented by 次郎くん at 2015-02-27 11:58 x
日本の新聞の中では、朝日だけが硬派系、それ以外はナンパ系とかチャラ男系とするだけで充分ではないでしょうか。それ以上の言葉は朝日を褒めすぎです。朝日だけが硬派系である理由としては 1番一面記事と二面記事だけで読者を獲得できる執筆陣の合法総会屋としての能力の高さは週刊文春よりも格上だから 2番朝日はエッチ系広告に一切頼らないので硬派・日刊ゲンダイは大きな収入源なのでナンパ 3番朝日は記者の裁量権がかなり認められているから硬派・赤旗は上意下達の考えない記者育成教育だからナンパ 4番朝日はトラッガーカイゼン方式に学んで独自の販売網をもっているから硬派・東京と日経は朝日または読売の販売網に頼ってドラッガー方式を学ぶ知能すらない経営陣だからナンパ 5番朝日の固定読者は新聞本体の割引料金でとってはいても他紙と違って景品につられないから硬派 6番朝日の読者は信念で記事の内容を見て購読してる活字ヲタクの人しかいないので硬派 7番反体制的な記事傾向は幾つかのブロック紙や地方紙のほうが朝日よりも凄い場合がある新聞が存在するけれども購読者の側は隣近所のつきあいで購読してるのが理由であって記事そのもので選択しての購読ではないからナンパゆえに朝日だけが硬派、と具体例を挙げて解釈しても構わないのでしょうか?
Commented by 次郎くん at 2015-02-27 17:58 x
朝日が日本で唯一の硬派系新聞である理由は 8番朝日はどんなに落ちぶれても読者は一面記事と二面記事が目当てて確信犯的に購読しているので、政府広報紙に完全に堕落してもこの情報量の多さと舗装作業員的記事の詳細さが売り物ですので、解約される心配ありません。これに対して圧倒的なシェアで、読売・産経・毎日・日経・ブロック紙・地方紙が独壇場になっている場合は、三面記事・地域密着情報・近隣が購読してるから話題についていくために自覚なく俺も購読する(小室直樹アノミー理論が解明した現象)・景品目当て・贔屓のスポーツや野球球団の応援記事目当てと、ナンパ系新聞の「多様性」を証明してるに過ぎないです。少なくともこの次郎のつきあってきた知人たちや次郎が朝日に肩入れしない理由(のホンネを内省しましたら)ナンパな理由しかありません。
by ruhiginoue | 2015-02-26 08:05 | 社会 | Comments(6)