井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

メルケル首相と朝日新聞に騙されてはいけない

 ドイツのメルケル首相が来日し、東京・築地の浜離宮朝日ホールで講演した。そして脱原発を説き、これを朝日新聞が強調して報じた。
 メルケル首相は、わざわざ朝日新聞社の施設を選び、日本の主要メディアが歴史修正主義者の安倍政権から公然と攻撃されていることについて意思表示をしたと解釈している人たちもいる。
 
 しかし保守派のメルケル首相が説くドイツの脱原発は欺瞞に満ちている。

 まず、メルケルはドイツが欧州で和解を進められたことについて「ドイツが過去ときちんと向き合ったからだ。隣国(フランス)の寛容さもあった」と述べたが、これは事実上、日本の歴史修正主義を牽制するよりも、歴史で日本を非難している中国や韓国への非難となっている。

 また、NATOがリビアを攻撃した時、最初ドイツは中国やロシアらと共に反対した。ところが後で同調した。攻撃の急先鋒だったフランスに「寛容」の見返りで同調し、また脱原発と言い出した代わりに、産油国に傀儡政権を作り石油資源を強奪する勢力の仲間入りする意図がミエミエであった。
 これを指摘したのは、日本のメディアの中では、あの商売右翼放送「チャンネル桜」で、クライン孝子というこれまた右曲りの欧州在住のジャーナリストだけであった。

 そしてドイツの諜報機関がカダフィの暗殺に一役噛んでいたと指摘されている。今リビアはカリスマを失い混乱状態である。
 しかし、この侵略戦争について、日本の大手メディアはすべて翼賛報道した。そこでは朝日新聞が最も悪質だった。過去の朝日新聞の報道と整合性もない、ひどいものだった。まったくNATO軍記者クラブの幹事という状態である。
 
 そんな中で異を唱えたのは、クライン孝子の他には堤未果という女性のジャーナリストくらいだった。この二人の立場は異なるが、どちらも普段は疑問を感じる言動が目立つ。
 しかし、そのおかげで逆に偽善から距離をとっていたのだろう。資源の強奪とそのための侵略戦争を、イスラム世界の民主化とか脱原発とか言って表面を飾り、ついでにイスラム絡みでテロが頻発したり、脱原発が進まないことへの不満についてガス抜きをする偽善である。

 これを積極的に推進または迎合することにより、民主主義とか歴史の反省とか脱原発で上辺だけ良識派を気取って見せた、ドイツと朝日新聞なのである。まさに偽善者の提携である。これに騙されてはいけない。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2015-03-10 12:56 | 国際 | Comments(0)