井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

戦争と原発事故と被害と責任

 三月は東京大空襲のことが話題になる。悲惨な記憶だけは語り継ごうとする人がいて、取り上げるマスメデイアもある。けれど、その悲劇を引き起こした責任となると、避けられる。追及しても黙殺か圧殺される。裁判でも、政治的な課題だとしてしまい、裁判官たちは判断から逃げる。

 例えば、東京大空襲では、非現実的かつ荒唐無稽な防空演習の指示に従った大勢の都民が犠牲になった。

 当時すでに、あの桐生悠々による「防空演習を嗤う」が指摘していた。日本の街は木造建築が多いので大火災が発生してしまう。敵機に侵入されないようにするべきで、爆撃されたあとにどうしようという発想は間違いだ。
 この論説は軍に弾圧された。軍は迎撃機により敵機の侵入を防ぐ体制を作れなかったから、それが判ってしまうと困るのだった。
 
 そして無意味で有害な防空演習の指揮をとった官僚は、人体実験で有名な731部隊で働いたこともある人だった。その名は鈴木俊一。彼は後に東京都知事になる。もちろん選挙中その過去は隠されていた。マスメディアは、戦後最も優秀な知事だと絶賛していた。
 また、空襲のルメイ指揮官に、日本政府は勲章を授けた。戦後、航空自衛隊の育成に協力したとして。中心になったのは小泉防衛庁長官。その跡を継いでアメリカ追従したのが小泉総理であることは周知のとおり。だから靖国神社で参拝者が「小泉に騙されるな」と言っていたりする。

 このように、戦争を「一億総懺悔」と称して責任をあいまいにしてしまったから、戦争の責任を追及することは国民全体を貶める自虐史観であるとか反日であるとか言い出す人がいるわけだ。これはさらに歴史修正主義という発想になる。

 こうした戦争にまつわる構造と、原発事故の件が同じようになってきた。政府や業界や御用学者を追及させないように、政府を支持したとか消費者だったとか言って、原発事故を国民全体の責任としてしまう。そして瓦礫など被害は皆で分担しようと言い出す。

 この屁理屈を押しつけるためには、地元の声で泣き落としするのが効果的だ。「被災地の復興が何より大事だから、再稼働も脱原発も関係ない」とか「鼻血の話をすると福島の人がかわいそう」とか。
 さらに「福島県民にも色々な意見があるのだから、被害ばかり強調するな」とか「原発事故を運動に利用しないでください」とか。

 これらのほうが、むしろ政治的な意図を感じさせる。そもそも原発を建設する時にも、反対があるとまったく同じことが言われたのだから。他の開発でも、米軍基地でも、これは同様だった。

 こういうことを許していると、そのうち歴史修正主義と同じように、原発事故も起きなかったことにされる。最後の最後に行き着き先は、当然そうなってしまう。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by そらこ at 2015-03-16 12:04 x
覚えていていただけていたら、嬉しいです!
6年前は大変お世話になりました。
Commented by ruhiginoue at 2015-03-16 13:06
お久しぶりです。
最初は、もう6年も前になりますか。
Commented by そらこ at 2015-03-16 23:43 x
7かもしれません(;^ω^)
月日が過ぎるのは早いのかもしれません。
私は粘着質かもしれないのです。
ジブリは今でもお好きでしょうか。
勘違いな解釈でしたらごめんなさい。
そのとき褒めていただいたことがとても嬉しくて、今でも自身のひとつとして生きるための礎になっているので、感謝しているのです、勝手ですが。
Commented by ruhiginoue at 2015-03-17 12:45
 あと、一昨年、文具の話をしたことが記憶にありますね。
Commented by そらこ at 2015-03-18 05:28 x
ごめんなさい!
知りたいな。
Commented by ruhiginoue at 2015-03-18 12:05
キーワードに「万年筆」を入れると、二つ出ますよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2015-03-15 14:42 | 社会 | Comments(6)