コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

福島県民の怒り

 福島県出身の知人が憤ってた。
 
 福島第一原発の事故について、福島県民の多くが責任追及しようと思っておらず、騒いでいるのは被災地とは関係ないところから事故を政治的に利用しようとしている人たちだ、と言う人たちがいる。

 もちろん福島という土地柄は大変に保守的で、例外的に会津は歴史的経緯から中央への反発があるけれど、それ以外では「お上」の言いなりで当たり前。被害者になっても我慢するものだと信じているから、責任追及なんてとんでもない、ということになる。
 こうした県民性が利用されている。

 また、損害賠償請求も、案内の冊子を配布しているにもかかわらず請求しない人たちが大勢いるから、辞退しているのだと勝手に言われる。
 しかし、政治的な意図をもって自分は請求しないと言う住民が、みんなそうするべきだと周囲に同調圧力をかけている。こういうことは田舎だと強烈だ。

 また、このあいだ確定申告があったけど、これも冊子を見て書類に記入するのはちょっとめんどくさい。だからあきらめてしまう人もいる。原発事故の補償の書類はこんなもんじゃ済まない。田舎の農家の老人なんて「オレわがんねぇ」(俺には解らない、という福島弁。他の東北でも似た言い方になる)と言って目を回してしまう。
 専門用語を羅列した分厚い書類を読むことは、一部の専門家を除けば誰にだって一苦労だが、田舎の老人にとっては拷問も同然だと、その親類が怒っていた。

 こうしておいて、地元の多くの人は賠償を求めてない。怒ってなんてない。被害は少ない。騒いでいる人たちは県外で政治的意図から騒いでいる人たちだ、という宣伝をされてる、ということだ。

 この悪辣なプロバガンダに、地元でも怒っている人がいるし、その子供や孫で東京などに出ている人たちが、親やそのまた親への仕打ちに怒っていてる、ということだ。外から無関係の人が勝手に騒いでいるわけではない。

 だから、みんな騙されないで欲しいと言って、福島出身者が憤っていたわけだ。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 山城 at 2015-03-18 22:23 x
私の住むところもこの記事の中に書かれている「俺わがんねぇ」を聞くことが出来ます。その言葉の響きを聞くと本当に呆れるのです。興味のある話以外は、誰でもチンプンカンプンになってしまうけれど、日々社会で起きていることや実際に何かあった際に「俺わがんねぇ」を常にやっているから、どうせ分からないんだからということで、コントロールする側にはありがたい人達です。記事の内容とは全く違う話題なのですが。
Commented by ruhiginoue at 2015-03-19 19:48
コントロールしやすい人も、選挙で投票できますから、「一票の格差」が是正されないわけです。
by ruhiginoue | 2015-03-17 12:33 | 社会 | Comments(2)