コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

もと弁護士とは思えない稲田朋美の頭の程度

 稲田朋美が、産経新聞のインタビューで、とんでもないデタラメを言っている。産経新聞が何か間違いをしたのなら稲田から抗議があるはずだが、それがないということは、実際に言ったのだろう。
 
 稲田朋美は自分から売り込んだ「百人斬り裁判」について述べているが、まず、なぜ敗訴したかに関して自分の弁護のお粗末さを隠している。産経の読者を舐めていて、騙せると思っているのだろうか。
 
 周知のとおり、稲田は、手前で売り込みけしかけた裁判で負けたその日に、応援してくれた人たちへ弁護士として力及ばなかったことを侘びもせず、選挙に出ると宣伝ばかりしたから、そこに来ていた秦郁彦があきれたように、裁判そっちのけになり一番得したのは弁護士だと述べていた。
 まったく稲田という人は恥知らずだ。

 ここで驚くべきは、稲田はヘボとはいえいちおう弁護士だったということにも疑問を持ってしまう発言内容だ。
 稲田は、裁判で新聞社の側が「新聞は真実を報道する法的義務はない」と言ったので驚いたと抜かすけれど、これはあくまで「法的義務」だ。「義務はない」と言えば問題だが、そうではない。「法的」が付くかどうかで意味が全然違う。

 「新聞は真実を報道しなければならない」という趣旨の法律は日本に無いから、そんな「法的義務」があるわけない。当たり前のことで、ほんとうは説明するまでもないことだ。
 そして、裁判は法律に基づいてやるものだから、どの法律に違反しているのかという問題になる。なので、法律で決まっていないと言う話が出てくるのは当然だ。このうえで、社会的責務など法律で決められたこと以外の「義務」を問題にするなら、それは、裁判以外の場でやるべきことになる。

 こんなことも、弁護士だったくせにわからない稲田朋美。これではド素人だ。それが何年も経過してまだ敗訴を愚痴っている。まるで霞ヶ関の裁判所前で何年も敗訴の怨恨を訴え続けている名物老人たちと同じだ。

 しかし、仕事はお粗末で目立とう精神ばかり発揮したおかげで、しょぼい弁護士から大臣になってしまった稲田朋美。つまり日本では無能な奴が無能であるが故に出世するのだ。これは亡国の兆しというべきだ。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 次郎くん at 2015-03-24 14:58 x
「右の左翼」な反日日本人たちなこういう連中は、旧ソ連のノーメンクラトゥーラや新生ロシアのオルガリヒ・そして中国の太子党の手先となって、日本の国際的評判を落とす行動に精を出すのに、道理で阿吽の呼吸で出来て当然というワケですね。
Commented by 次郎くん at 2015-03-24 15:26 x
中川八洋や大森勝久が「アホや」いうことは、正しい道徳教育を理解できる小学生にでも突っ込みできますね。「メルケルが本物なら、首相執務室には、幽体旅行の名人だった哲学者カント学長または、ブラフマンに意識を同一化するのに成功した人間革命成功者かつ東西和合の象徴であるショーペンハウエル教授の肖像画を貼れて当然」とは言えないからです。
Commented by 安打製造屋 at 2015-03-27 20:16 x
そのオツムが極度に軽い稲田朋美が総理大臣を狙っていると公言したというのですから、一国の宰相も随分軽くなったもんだ。稲田朋美みたいなヨタ公が総理大臣になったら益々日本は、世界から孤立しますね。
Commented by ruhiginoue at 2015-03-28 13:58
クリントン議員に「あの人には心がない」と言われたプーチン大統領は「少なくとも政府の仕事をするには頭が要る」返して名言だと言われたけど、この点、日本の議員たちは頭がなくて、ハートもなく、ヘイトがあります。
Commented by しろねこ at 2015-03-29 04:51 x
映画を作るときに大臣も総理も適当な俳優で回せるようになったからよかったじゃないか。
by ruhiginoue | 2015-03-23 12:01 | 司法 | Comments(5)