コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

「いわさきちひろの孫は、いわさきちひろではない」

 原発事故があったため避難していた一家が、「科学的に」安全であることが証明されたので福島に帰るという「美談」の絵本を、作者がツイートで熱心に宣伝しているだけではなく、組織的な背景がなければ到底不可能な売り出しぶりである。

 また、絵本の内容の元ネタが具体的に指摘されている。それで読んでみたところ、例の池田という翻訳家の女性が新聞で語っている内容と酷似していた。 

 今、福島で使われている「安全」や「風評被害」といった言葉は、科学的な意味合いではなく、経済的な利益を守るために使われているだけである、という批判があり、その「科学的」「安全」には、甘いとかツッコミどころ満載という指摘も。
 実際に、これらの「科学的」は、暗闇の中を進んで衝突しないかと心配しているところへ、「私は幽霊が存在しないことがわかっているので恐くない」と得意になって言っているようなものである。
 
 最近は、福島に対する「不安」や「否定的な意見」を過剰に攻撃してしまう雰囲気が異様に強くなってると感じている人は多い。
 芸能人の発言に対するバッシングなど、「福島愛」を免罪符にして他者を攻撃することに無自覚となり、これが福島について発言できない空気を作ってしまう。
 デマや差別を根絶することは大事だが、だからといって不安や批判的な意見を押し潰すというのでは、外から福島に関わることがますます面倒になる。
 これを意図してやってる勢力も、当然あるだろう。
 極端すぎる放射性物質忌避は不適切であるという前提に立ったとしても、被害は健康問題だけではないし、加害者を免責する言説は、社会にとってより不適切だ。
 また、実際に福島から避難した人は、被災者や被害者が「前を向こう」「頑張ろう」と言うことは否定しないが、被災者や被害者に、それ以外の言葉を語らせないこと、および被災者や被害者を報道するメディアが、それ以外を言わないことは、批判している。

 こうした批判や危惧が出るのは、「安全」とか「風評被害」とは異なる見解や意見を圧殺しようという態度が露骨だからだ。思いや言葉は、人の数だけある。それを科学的とか美談とかで否定することは、まずそれ自体が危険であるし、それをやるということは裏に何かあると疑うべきだ。

 その「絵本作家」松本春野は、糸井重里や早野龍吾ら「安全」と宣伝している大企業宣伝請け負い業者たちが神輿に載せて担いでいる。このことが、その規模と周到さに加えて、組織的背景があるとしか考えられない状況証拠となっている。

 これを指摘し、各々で彼女の主張の意味と効果を注意深く検討して欲しいという人がいたので自分でも試してみたところ、「松本春野」で検索をかけ表示されるツイート群で誉めちぎっているアカウントは、いろいろな原子力ロビーのアカウントが入っていた。これでは偶然とは言えず、業界のプロパガンダに利用されている蓋然性が高いというべきだ。

 しかも、松本春野は、福島は安全だと言うとともに、それによって脱原運動を批判している。運動に利用するため、安全なのに危険だと騒いでいる人たちばかりだと言うのだ。そして、彼女は三代前から共産党だが自分は体質が違うとも言う。

 よく右派メディアないし新左翼系は、共産党の悪口を書く中で、党員の子供は、親が教条とかドグマとかいうものを押し付けがましいうえ、党活動のため家庭をないがしろにするから共産党嫌いになると言ってきた。
 これは一部には実際あるだろう。実際にそう言う人に会ったこともある。そして松本春野も、三代前からの活動家という家系を無理に否定しようとしているような言動だ。

 しかし、否定を試みても、DNAに組み込まれているのではないかと思わせる。例えば、その発言は文字絵や文体などホンワカした調子なだけで、内容は攻撃的だ。
 自分の意見に反するものは政治的と決めつけるが、そもそも政治的と非難することほど政治的なことはない。
 また、自分らのスタンスに合致しないものは福島県民のためにならないから排除の対象とする発想は「人民の敵」というスターリン主義の発想と酷似している。悪い部分だけ残っているのでは、読売のナベツネと同じだ。

 ところが、父と一緒に活動する松本春野に、松本家の人だからと無条件に追従する共産党員が一部にいる。原子力業界から大歓迎されている現実よりも、「共産党の国会議員の松本善明の妻であり、自身も共産党員であり、そして何より子供の絵で国民的人気がある画家いわさきちひろ」の孫というだけで。
 しかし、既に他で言われているが「いわさきちひろの孫は、あくまで孫であって、いわさきちひろではない」のだ。

 ここで心配なのは、自民党のバカ息子内閣に見られるような露骨な世襲ではないが、日本共産党にも、中国共産党で言うところの「太子党」が一部に存在していることだ。誰々の息子、誰々の娘、誰々の甥っ子、誰々の姪っ子、誰々の孫、というのが幅を利かせ、これを批判すると、取り巻きから攻撃される。

 現実に、東京都狛江市の例がある。
 腐敗した保守市政が、地元の名主のバカ息子を市長にしてしまったため、その市長が賭博にはまり借金と夜逃げさらに不正が発覚して逮捕という前代未聞の不祥事となった。
 これに対抗し、市民運動が中心となり共産党と提携し、同党の市議会議員団幹事長を選挙に担いで当選させた。
 共産党が関与しているというだけで気に入らない自民党と公明党に民主党や生活ネットさらに連合まで野合して引きずり降ろしにかかったが、無所属で個人的に共産党員という市長は、四期もの長期政権となった。市民の市長なので、地元の著名な文化人らが応援し、無党派や保守の有権者からも支持されたからだ。
 なのに、思い上がった共産党が、市長ではなく党が支持されたと錯覚し、あげくに縁故政治までやらかしてしまった。そして後継者選びに失敗し、保守反動の市政に逆戻りしてしまった。
 だから、今はひどい市長だという怒りは、その市長本人と、担いだ自民党と公明党や民主党などとともに、共産党にも向いている。

 これを放置したら、共産党も自民党と同じことに将来なってしまう。今から厳しく批判しておくべきだ。敵と闘うために批判は控えるということが、駄目な人や不適切な行為の隠蔽に利用されてしまうこともある。この区別をしておかなければならない。

当人からの反応について




人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします

[PR]
Commented by 安打製造屋 at 2015-03-27 19:06 x
世襲の悪癖は本人の自覚無自覚に関わらず、変な権力を与える処にあるのでは?共産党も個と集団の評価等を区別し、相手に余計な批判を与えない隙を作らない事です。(其れは独善的とは言われないと思う)佐高信氏には其処を突かれて批判されているのでは?
Commented by ruhiginoue at 2015-03-27 19:58
佐高信の共産党批判は、「宮本顕治があ〜」などと古臭すぎたし、最近では本業だった総会屋の体質が露呈していますから、話になりません。

問題は世襲というより、自分で判断できない人が多いことです。考えられないから、血統主義になるのです。
Commented by Neutralizer at 2015-03-28 20:13 x
 …正直耳が痛いです。自分としてはただ『マシだから』という理由で今までの選挙で共産党に一票を投じていたのですから。それだけ自分自身も考察し、判断できる頭を持っていなかったことを痛感させられました。
 来月、私の住む浜松市で市長選挙と静岡県議会議員選挙が行われますけど、本当に共産党で大丈夫なのかよく候補者の声を考察して投票します。
Commented by ruhiginoue at 2015-03-29 15:47
ちょっと共産党を批判すると、大喜びで社民党その他の弱小野党が寄ってきます。
必ず投票するとは決めていない、という態度を明確にしておくことが必要です。そうでないと、政党も緊張感を無くします。そして有権者の声に耳を傾けなくなります。
by ruhiginoue | 2015-03-25 13:46 | 社会 | Comments(4)