コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

エイプリルフールとハリセンボンと報道と政治家

 英国のBBCは、エイプリルフール向けの嘘報道を予告無く放送するので、ずっと録画している人もいるそうだ。だいたいが「恐竜が生存しているのが発見された」などというユーモアである
 これを真似して、かつて筑紫哲也が『こちらデスク』というTV番組で「大発見です。木星に生物が居ました」というネタを披露したところ、真に受けた人が怒ってしまい苦情殺到だったらしい。


 
 『ドラえもん』に四月馬鹿のネタがあった。
 ドラえもんがポッケから出した「ハリセンボン」は、魚のハリセンボンを模したトゲトゲのバッヂで、これが「ノーマス」と言うと、付けている人に嘘をついた人は実行しなければならなくなる。
 そして、自分のコレクションをあげると言ったスネ夫が、のび太にあげるハメになるなど、のび太をからかおうとする者たちが制裁を受ける。

 しかし、悦ばせておいて嘘だとわかりガッカリさせる、というのはユーモアではなく、いくらエイプリルプールでも良くないと、しずかは正論を説く。
 そして、びっくりしたけど嘘だとわかりホッとするならよいだろう、ということで、ハリセンボンを知らずに「のび太さん大変よ、あなたのうちが火事よ」「ノーマス」。彼女はマッチを持ってのび太のうちへ向い、慌てるのび太、というオチだった。

 「ハリセンボン飲ーます」の魚は、埋め立て工事など環境破壊の犠牲になっている。もしかすると、政治家は嘘ばかりついているので、絶滅させようとしているのかもしれない。
  

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-04-01 16:53 | 雑感 | Comments(0)