井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

愛川欽也が石原裕次郎を殴りたくなった戦争体験

 愛川欽也の戦争体験は学童疎開だったという話の続き。

 愛川欽也が学童疎開した時、親がお菓子を作って送ってくれた。原料の砂糖は、戦時中の統制で配給はなかったのだが、一部の特権的な人は入手可能で、その人から母親が着物と引き換えで手に入れた。つまり非常時で日本国民が一丸となり我慢し戦ってると言うのは嘘だったと、この時に判ったと言っていた。(承前)

 また、愛川欽也は『徹子の部屋』に出演して学童疎開の話をしたさいに、「戦争については色々な考え方があるけれども、子供の頃に戦争があった世代でありながら、戦争を軽々しく正当化している人は、きっと、私の母親に砂糖を譲ってくれたような家の子なんだろうな、と思う」と言っていた。

 彼のお母さんが送ってくれたお菓子とはカリントウだったそうで、教師に没収されないよう内緒で食べないといけなくて、しかし噛むと音がしてしまうから、内緒で食べるため口の中でふやかして食べたそうだ。美味しかったけれど、辛かったと語っていた。

 ところが石原裕次郎のうちは新興成金の特権階級だったから、戦時中でも飢えることなく汁粉とか食べていたと言うので、その時に愛川欽也は不愉快になり殴りたくなったと言っていた。
 これは、裕次郎より兄の慎太郎のほうが、より問題だろう。

 また、祖父から戦争の悲惨な体験を聞いて平和の尊さを思う人がいるけれど、その一方では、安倍総理のように祖父が戦争を推進して負けたら敵に寝返った人だったという特殊な人もいる。そういう人は祖父の体験談を聞いても、全然違う発想をして当然。

 ところが、自分も砂糖などを譲ってもらえるようにするためには、特権的な人とつながっていようと思い、特権的な人、ないしは、そういう人につながっている人を、選挙で応援したり投票したりする、という図式がある。これにより、結局は一部の特権階級だけが得をするのだと解ってはいても、それを選ばざるを得ない状態に囲い込まれる。

 だから、わかっていても、なかなか変えられない。選挙で投票する人が少ないからだという人がいるけれど、投票率が高くなったらよけいに悪くなる可能性のほうが高いかもしれない。だから、とにかく投票率を上げようではダメで、意識を持つ人たちに働きかけることが重要ではないだろうか。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 弱猫 at 2015-04-22 23:29 x
高投票率=善というキャンペーンは、無投票当選=悪という最近のメディアのキャンペーンと対をなしていると思います。無投票当選よりは選挙のほうがいいというのはおかしな形式主義であって、意見の違いがほとんどない候補者同士で選挙をやるのはやらないのと同じだと思うので、選挙になったからいいというのはどうなってるのかと思います。
Commented by ruhiginoue at 2015-04-23 19:19
 意見の違いがほとんとない候補で選挙する最たるものが二大政党制ですね。
 だからアメリカの大統領選挙など、政策論争ではなくスキャンダル暴露合戦などネガティブキャンペーンになり、選挙の投票率が低下している。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2015-04-22 20:11 | 芸能 | Comments(2)