コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

天皇の火葬と紫禁城の黄昏

 天皇が火葬を希望していると報じられた。また、満州国皇帝の弟が死去したとも報じられた。

 満州国皇帝の戦後を描いた中国と香港の合作映画『火龍』の題名は、火葬にされた皇帝という意味で、「火」は火葬、「龍」とは皇帝を示す言葉である。
 中国の皇帝は、革命が起きて一市民となったため、祖先と違い火葬にされたということだが、そうではなくても日本の天皇は火葬を望むということだ。

 中国先代皇帝の墓は、一緒に宝飾品などを納めていたので、それを目当てに墓荒らしされ、骨に肉が残っている遺体が棺から放り出されるなど、ひどいことになった。そうした中国人に怒って、満州人の皇帝は、日本の誘いにのり傀儡の満州国皇帝の道を選んだ。
 そう記述しているのが、皇帝の家庭教師だったジョンストンという英国人の回顧録『紫禁城の黄昏』だった。この本を根拠に、戦後に戦犯の疑いで裁判にかけられた元皇帝は追及される。

 これはヨーロッパ映画『ライトエンペラー』に描かれ、ジョン=ローンふんする皇帝が、祖先の墓を暴かれたと怒ったり、ジョンストンの著書に記述してあると責められたりする場面がある。
 また、ソ連の攻撃が始まると、日本に逃げてアメリカに降伏しようと言う場面は、日本の天皇についても同様だと遠回しに批判しているし、南京事件について語られる場面もあり、日本公開の当時、配給会社が揉め事を恐れて削除したため、国際的に騒がれた。

 そして映画の公開からしばらくして天皇の代替わりがあった。そのことでテレビが一色になってしまったため、テレビがつまらないとレンタルビデオ店が大繁盛した。当時はまだビデオ入力端子を使わず2チャンネルでビデオを観る人がいたので、最高視聴率は2チャンネルだったと皮肉られた。
 また、レンタルソフトで人気があったのは、もちろん『ラストエンペラー』および『ゆきゆきて神軍』であった。

 これらの映画は観ていたが、『紫禁城の黄昏』は最近になって岩波文庫で読んだ。あまり期待していなかったが、実に面白かった。満州族より前に滅びた明の皇帝の子孫がいて、没落しているが気位ばかり高くて貧乏でいる話など、こっちを映画化してもいいくらいだった。

 そして、ジョンストンという英国人についてだが、彼は英国の官僚であり、国策で中国に赴いたにもかかわらず地元に肩入れし、それで疎まれもし、好きなことをしたいからと生涯独身でいて、回顧録を書いて話題になった、ということだからアラビアのロレンスと同じであり、それで『ラストエンペラー』でジョンストンに扮しているのがピーター=オトゥールだったのか、と納得したのだった。

  
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by ケーキイーター at 2015-04-27 16:16 x
 映画の『ラストエンペラー』にまつわる話。ベルトルッチ監督は最初、「甘粕は切腹で死ぬ」という台本で行こうとしていて、坂本龍一さんはそれに必死で対抗したらしいです。いわゆる欧米人が持つアジア人史観なのかな。
 参考文献は、キョージュの『音楽は自由にする』というインタビューをまとめた本。まだよくしっかり読んでないけど。
Commented by ruhiginoue at 2015-04-27 22:44
映画の甘粕は拳銃で自殺してましたね。この頃の軍人がやる切腹は、介錯は拳銃になってましたから、あまり変わらないかも。
坂本教授は、ちゃんと中国の音階でテーマ曲を作ったけど、一緒に作曲していた中国人の作曲家スーソンから、全然中国の旋律になってないと言われ、音階だけではダメかと思ったそうです。
Commented by ケーキイーター at 2015-05-03 13:39 x
 ラジオの向こう側の坂本さんが、こんな話もしていたような覚え有り。一般に日本人に「ファンキーだな」と思われる雰囲気の音楽を作ったんだけど、アフロ系アメリカ人の誰かに「こんなのファンキーじゃないよ」と言われちゃったらしい。
 キョージュのこの本によると、甘粕は実際は服毒自殺だったらしい。
by ruhiginoue | 2015-04-25 12:45 | 映画 | Comments(3)