コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

保坂世田谷区長の再選と住民気質

 世田谷区長選挙で現職が再選された。現職は知名度があるので選挙で有利といわれるが、保坂展人氏はもともと後ろ盾が弱いうえ国会議員だった当時は選挙に強くはなく、当選と落選を繰り返していた。
 それが、同じ世田谷区の選挙で再選し、しかも敵対する保守系に倍の差をつけた。

 これについて、彼はもともと左派だけど、高額所得の多い世田谷なので保守に配慮してきたからだと言う人がいる。しかし、かつて長期政権となった大場世田谷区長は共産党が応援していて、人気があるから追い落とせないとあきらめた自民党が相乗りしてしまった。
 
 それに、世田谷に限らず、高額所得者が多いところでは学者とか文化人とかもいて進歩的な雰囲気になる。これにより左派に有利な場合がある。
 一方、平和とか反核とか、庶民はあまり関心がない。日々の生活で精一杯ということだ。
 実際に世田谷区では、名誉区民だった向井潤吉画伯とか、小説家の大江健三郎とか俳優の三船敏郎や三田佳子などなど、芸術家や芸能人は平和運動に熱心だった。
 もっとも大江健三郎は、地元の平和運動に、ただ声をかけられるだけだと断っちゃって 、他の著名人がいると大喜びで一緒に出ると言う、典型的な戦後民主主義者の進歩的文化人だが。

 アメリカでも、ベトナム反戦運動発祥の地と言われるバークレーを抱えるカリフォルニア州は、ハリウッドスターやシナリオライターなど文化人が多く、セレブだがリベラルな雰囲気だ。
 それで、アーノルド シュワルツネッガー知事は、逆に、父親がオーストリアでナチス党員だった影響か、共和党の中でもさらに極右だが、土地柄に合わせて中庸な政策をとった。

 つまり、保坂区長は世田谷区の住民気質に迎合したのではなく、属していた社民党が洗練されていないためセレブたちから充分な支持を得られず、だから党を離れて成功したということだろう。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by L at 2015-04-29 16:50 x
こんにちは。
 投票前に、下北で非戦を選ぶ演劇人の会主催で、いろんな活動をしている人たち十数人を集めた会がありました。ろくでなし子、志葉玲、高遠菜穂子、三上智恵、のじれん、といった人達の中に、区長も来ていてチラシもくれました。
 そんなに印象的な話はなくて、選挙に来てくれと、内申書裁判は負けたけど、もう悪口は書けなくなったからやってよかったとか、地域を回って車座で話を聞き、地元で考えてもらうようにしたとか、効率的にいろいろやれるようにしたとか言っていたと思ういます。
 彼が強かったのは、橋下じゃないので、95%は引き継ぎ、5%独自色を出すことに徹したということが一つ。これで敵を作らなかった。PPSとか、太陽電池のまとめ買いとかはありましたが、特に先鋭的な彼らしいことはしなかったように思います。もう一つがこまめに区内を巡って地域の人達の話を聞いたことでしょう。集会に出た人は話を聞いてもらって嬉しかったでしょう。地域に金や権限の一部を下ろすこともしたようなので、ウケたと思います。この辺りは現職の強みです。
 期待した方は微温的すぎてガッカリですが、よそに投票もできません。下北再開発とか戸籍の記載(一部は良くしたようですが)とかで不満はあるようですが。
Commented by ruhiginoue at 2015-04-30 14:50
保坂区長の前から、世田谷区政はオール与党でした。それが最も上手くいくからです。これを批判する議員もいましたが、常に一人会派の少数派です。
前に住んでいた時、最初は奇妙に思ったけど、五年くらいして慣れてきたら、これでいいと思うようになりました。
だから保坂区長は、地元の要望に応えているのでしょう。
by ruhiginoue | 2015-04-29 12:29 | 政治 | Comments(2)