コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

孫崎享vs前田日明 

 鹿砦社が主催する「前田日明ゼミin西宮」で、ゲストに外交評論家の孫崎享氏を招いての対論となった。
 この両氏の対論を収録した記事【日本「従米」政策による「日本人」の危機】で、構成を手がけた。後から録音で確認すると、孫崎氏は明瞭な音声で語るのに対し前田氏は体格のためか図太く低い声なので、直接聴くのとは違い難儀したが、どちらも面白い語り口であった。
 これは同社の関連会社が発行する月刊誌『紙の爆弾』6月号に掲載された。
f0133526_7361691.jpg

 書店で見かけたら手に取って、あるいは
こちらから注文してお読みいただけたら幸いである。
 この両氏の意見に全部賛成ではないが、「TPP」「集団的自衛権」「中東情勢と人質事件」などについて、違った視野からというのも興味深いもので、参考になる。
 ぜひ、読んで感想を、こちらに、または雑誌の投書欄に。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-05-07 08:01 | 政治 | Comments(0)