コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

福島香織と朝日新聞の愚

 ネトウヨライターの福島香織が、中国と比較して日本は自由で素晴らしいと言う。言論に圧力がないからで、殺されるのでなければ圧力ではないのだそうだ。
 しかし殺されたら圧力の域を超えている。そう指摘をうけて批判されたら、今度は、圧力をかけられたと騒げるから日本は良いと言う。
 あまりにバカらしくて呆れてしまうが、こんな人を最近では朝日新聞が持ち上げている。朝日新聞も堕ちたものである。殺傷された阪神支局の記者たちについて、87年の憲法記念日など、とうに昔のことだということか。
 現実の日本では、言論に対し、有形無形の脅迫も暴力もあれば、阪神支局事件のように見て見ぬ振りもあれば、警察から暴力を振るわれた人だって、いっぱいいる。
 しかし大手マスコミが取り上げないし、裁判に訴えても握りつぶされる。だから、しかたなく騒いでる。そこに弾圧がある。こういう現実を知っていたら、騒げる自由があるから日本は良いなんて、そんな寝言は言えない。
 ところが、福島香織のようなのが「普通の日本人」の感覚であるかもしれない。現実を知らない。見ようとしない。そうした「多数派」の意識を朝日新聞は斟酌して迎合しているという部分もあるだろう。
 ところが、そうした程度の低い読者に合わせているだけでなく、朝日新聞の記者自身も、記者クラブから垂れ流しを報道してると思いこみ、日本には言論の自由があると信じている。現実を知ってはいるが声に出しにくいという人もいるだろうが、多くの記者は、日常の業務に慣れ切ってしまい、それでちゃんと給料を貰えるので、日本は自由で結構な社会だと思い込んでいるのだろう。
 そうとしか思えない、記者たちの無見識が目立つ。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by Neutralizer at 2015-06-07 06:19 x
 それは言えてますね、福島という女性のような輩を『普通』と感じ、批判者は『認定』・『仮名』呼ばわりしていじめで叩く。自身の周囲が平穏であるだけで満足してしまっている人が多すぎますね。江戸時代の鎖国に始まり、明治の自由民権運動の弾圧と戦争による不満逸らしで完全に奴隷根性が染みついてしまってますね、我々日本人は。
Commented by ruhiginoue at 2015-06-07 23:12
 江川紹子が、仕事で圧力を感じたことがないと発言したため、上杉隆から、圧力を受けるほどのことをしていないから当然だと言われてましたから、福島香織だけの問題ではありませんね。
Commented by L at 2015-06-08 01:42 x
 こんばんは。サンケイ福島を持ち上げるとは益々朝日は情けないですね。先日、クレオで青木理さんが”朝日は叩かれても仕方がない。それは日本を代表する新聞だからです”とプライドに恥じぬ紙面を作れとエールを贈ってらっしゃいました。
 水島朝穂教授は戦争法について取材に来た朝日の記者に「覚悟を決めろ!」と迫ったそうです。3人の憲法学者が「これは違憲だ」といった記事は、新聞の相場観ではもっと扱いが小さくなるところが1面トップになったのは折伏・糾弾の成果だそうです。毎日とかも折伏したか?までは仰りませんでしたが。

 まあ、朝日の出したパンフによると、一体化している権力の弾圧よりも、災害時などに読者を含む大衆に「この嘘つきが!よくも騙しやがったな!このクソ御用記者が!」とリンチされることのほうを恐れているようで。
Commented by ruhiginoue at 2015-06-09 01:01
朝日新聞の体たらくは、覇気の問題じゃなくて、見識の問題だと思います。こんなことも知らないのかと呆れる記者が多いですからね。
Commented by L at 2015-06-12 01:02 x
 こんばんは。
 同意であります。
 ウヨクのゲスどもにに攻撃されている植村隆元記者を大いに応援します。しかし、この人、ホンカツや上丸記者を見ていながら、自分の状況を理解できていないように思います。話を聞くと、「僕は悪くない!」ばかり。ウヨクはアヤをつけて攻撃してくるものなんで、身内に事々しく言うことじゃないということが分かっていない。言うべきことは、「私の過ちは2本しか記事を書かなかったことだ。ネトウヨも含めてデマゴギーどもを叩き潰す」と言ったことでしょう。
 昔から、右翼の激しいデマ攻撃の対象だったのに認識が甘い。取材や勉強で知ったことを他人事だと考えていたのでしょう。
 右翼に脅された女子大に負けて教授を諦めたのも馬鹿に餌をやる悪手でした。にも関わらず、自分を守る盾である朝日を辞めてハダカになってしまう。北西への攻撃が始まり彼自身が火達磨になるのは当然。しかも、海渡さんがやって来るまで混乱していて説得されるまでファイティングポーズが取れない。
慰安婦問題をやってきた方から見ると、何やってんの、言ってんの、わかってなさすぎというところでしょう。朝日ーNHK・自民党戦争とかどんな目で見ていたのでしょう。
 まあ、渦中に居るときにはわからないことはありがちですが、今もわかっていないように思います。
 それでも、舐めた右翼芸人を引きずり出す契機を作ってくれたのは嬉しい。あとは、ネトウヨを開示攻撃で巣から引きずり出して賠償を取っていけば少しは意味が出るでしょう。こいつらが裁判で勝つ可能性は無視できますからね。
Commented by ruhiginoue at 2015-06-13 22:33
 朝日新聞には本多勝一も筑紫哲也もいなくなったけど、上丸洋一がいるし、好き嫌いは激しいが本田雅和もいる、というけれど、他はどうかというと、かなり頼りない感じがします。
by ruhiginoue | 2015-06-06 06:30 | 社会 | Comments(6)