コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

戦争を望む高須克弥と形成外科界・美容外科界の体質

 相変わらずネトウヨ発言をしている美容診療所経営の高須克弥医師は、積極的に戦争を日本から仕掛けるべきだと吠えている。
 「日清戦争の時よりは有利な状況、今、中国に攻め込むべき時期。中国の空母沈めたら?カッコいいから」
 こうした発言は、まずスポンサーの立場からメディアに出て目立とう精神を発揮しているのだろうが、それだけではない。
 もともと、彼の他にも好戦的で狂信的な発言をくりかえす形成外科医・美容外科医がいる。この分野の医師が伝統的に戦争大好きである。
 昔から美容外科・形成外科の医師は戦争を渇望するものだった。大勢の負傷者が出て、豊富な練習台とお客様の両方を供給してくれるからだ。
 これについてはあのマイケル クライトンも指摘していた。もともと戦争によって発達して来た医学なので、他の医師と違って積極的に戦場に行きたがる。ただちに軍国主義とは断定できないが、他に比べて特殊であると。
 この調子で社会の格差が進行したら、「経済的徴兵」で生活や奨学金のため自衛隊に入る人たちが増え、「集団的自衛権」でどんどん死傷し、治療の練習台となり、その練習の成果はセレブの人たちが美容で受益するということになるだろう。
 しかも、美容外科業界が解禁を望んでいた自費と健保の混合治療も、TPPのおかげで実現しそうだと言われている。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 山城 at 2015-06-10 22:05 x
高須は本当に金だけ、自分だけなんですね。その精神が気持ち悪いことこの上ないです。これは、すべての国内外の美容外科と称して医療でない医療をしている輩、全員に当てはまります。術後ほったらしで知らんぷりの話は、「これは、ホラーだぁー。」と思いました。
結果どうなろうと、金さえ取れるから、後はどうなろうと全く考えない精神意識なのでしょうね。
ただ、強い批判はできるのですが、これまでに利用する人の中には問題もなく、満足してしまう場合は、「悪だ!」とは思わないでしょう。
「え?そんな変な事起きなかったよ。」、「とても良い先生だったよ。」などなど。
 最近、美容外科のHPを見るのですが、井上さんの著書の発行後の影響があるのかなと思ってしまうのですが、「カモらないよ」という様な含みを入れ説明を書いているところもあるのですが、実態は変わってないと思います。
Commented by ruhiginoue at 2015-06-11 20:03
商売のために、いい人そうにしているのは医師もセールスマンも同じなに、錯覚している人が多いようです。
あと『ジキル博士とハイド氏』の場合もあります。
高須氏については、ここを読んだ人の中には、ただのバカと言っている人もいます。たまたま商売で成功しただけだと。
Commented by 元京都市民 at 2015-06-12 16:21 x
昔、高須の宣伝番組に「なんで西原が出てるの?」と思っていたら、昔からの友人だとか・・それが高須の嫁が亡くなった後、後妻になっていた。

それからは毎日新聞に連載されてる西原の漫画は白々すぎて見なくなった。
どう転んでも高須の生き様と西原の漫画は違和感がありすぎる。
Commented by ruhiginoue at 2015-06-13 22:36
高須と西原といえば、高須が実験と確認も兼ねて自ら美容を試して若作りしてみたけれど、外見だけで頭の中身は変わらないから価値観が古くて西原と合わないと言っていたのがおかしかった。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2015-06-09 22:04 | 社会 | Comments(4)