井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

法学部も神道文化学部も政治家には邪魔

 人文系学部の廃止論について、そんなこというなら國學院大学の神道文化学部いらんということになれば、この宗教を利用したがっている体制側の人たちは困るのではないかという疑問が出ている。

 もっとも、神道学なんていらんと思ってるのは当の國學院大学ではないか。渋谷の丘の大学構内で、神社の隣にノッポビルなんか建てたりしてるんだから。かつて、看板の文学部に神道学科があったのだが、それが再編で神道文化学部と独立したが、それと同時に、むしろないがしろにしているのかとすら思える奇妙さである。

 そもそも、伝統的信仰や文化たる神道と、明治に作られた政治イデオロギーの神道とは大きく違い、これをたまに國學院の専門家が指摘することがあるから、邪魔に思う人が権力の側に確実にいる。
 この代表的な例として、神道学者の助教授(当時)が、靖国神社が英霊を祭っているというのは宗教の趣旨から間違いだと指摘したことに対し、神社庁が政治的意図から圧力をかけ、論文が撤回された「三橋助教授騒動」があった。

 かつて慶応法学部の小林節名誉教授が改憲論を説いているのを聞き、これならわざわざ条文を変えなくてもいいじゃないかと思った。専門家としての細かい拘りだったのだろう。
 そうしたら、彼は突然『赤旗』に出て当時の小泉首相を批判した。さらに最近では、集会に飛び入りして安倍総理に怒りをぶちまける演説をしている。
 これは、自民党の改憲論や、解釈の変更で勝手な法案を出すなどのやり方が、あまりにも無茶苦茶なので頭に来てしまったということだろう。
 
 これと同じように、滅茶苦茶をやりたがっている人たちにとっては、右派でも専門家ゆえ邪魔というわけだろう。歴史をみても、例えばナチスは、自らを熱烈に支持しているインテリたちを、インテリだから面倒なことを言いかねないと弾圧した。
 
 この調子では、安倍総理が、成蹊大より偏差値の高い大学は潰せと言い出しそうである。
 
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 次郎くん at 2015-06-21 01:12 x
そういえば、旧日本帝国政府も「高等教育は赤化の温床」と因縁をつけて、ヒトラーやスターリンや蒋介石や毛沢東やポルポトやピノチェトと同構造の結果になることをしてましたですね。悪夢の再来が来る前に、阻止出来れば良いのですが。
Commented by ruhiginoue at 2015-06-22 10:33
毛沢東は古い価値観の知識人は反動だと排斥しようとしたけど、ナチは新しい知識を推奨しながら他所では支配に邪魔になると排斥しており、後者である日本は外国に支配されているのでしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2015-06-20 18:35 | 学術 | Comments(2)