コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

森永乳業の粉ミルクヒ素混入中毒事件

 2008年に中国の粉ミルク汚染で患者が千人を超え、2容疑者が逮捕されたという事件があったが、これで森永乳業のヒ素混入粉ミルク事件を思い出した人は多い。
 森永乳業の粉ミルク製造過程でヒ素が混入し、飲んだ乳児130人が死亡、1万3千人に健康被害が出た事件(1955年)から今年で60年になる。被害者らでつくる「森永ひ素ミルク中毒の被害者を守る会」(事務局・大阪市北区、会員約2200人)の全国総会が、21日に岡山市で開かれ、各地の会員代表196人と、厚生労働省や森永乳業の関係者ら計約280人が出席したそうだ。

 80年代の半ばに、社長が襲われたり製品に毒を混ぜたりした連続企業脅迫事件があり、これは「グリコ森永事件」とも呼ばれた。このさい「かい人21面相」を名乗る脅迫状や反抗声明文が企業やマスコミに送りつけられ、その内容から愉快犯の要素も指摘された。そこには、こんな一文もあった。
 「森永 まえに ひそで どくの こわさ よお わかっとるや ないか」
 大不祥事を皮肉ったものだった。

 また、大学生協などで、森永乳業中毒事件のさいの無責任を批判して製品ボイコットをしたところがある。
 これについて、たくさんの森永製品を扱い続けている東京の某生協はどう考えているのか、組合員だったころに質問したことがある。するとその解答は、
 「消費者のニーズがあるから応えなければならない」
 代替商品が無いわけでもないのに、また、無関心な消費者が多いというだけで、ニーズがあるから構わず売るということだった。アホらしくなり、他の商品の品質も悪いから、脱退して出資金の返還をうけた。
 学生時代に大学生協でバイトしたことがある。通っている大学のではなく、家の近所にある大学のだ。そこの社員の人たちも、消費者運動的な関心は全く持ってなかった。
 「生活協同組合ではなく、生協とかコープと言う名のスーパーになっちやったんだよ」
 そう言われるようになって久しいが、ボイコットしていたうちの一つである神奈川大学生協は、グリコ森永事件の当時、新入生向けパンフで、「森永は被害者面しているが。昔は自ら毒を商品に入れてを売り大勢の被害者を出し、現場に責任を押し付け森永資本は逃げをうった」と批判していた。

 このように批判する組合もあったので、「かい人21面相」と名乗る者の皮肉り方からすると単に金目当ての犯罪者ではなく政治的関心をもっているに違いないと言われたものだ。
 そして目撃された犯人の人相書き「キツネ目の男」とソックリな宮崎学という人が疑われたのだった。
 これについて、先日、その分野に詳しい人が、「グリコ森永事件を起こしたのは実際に彼だ」と断言していた。

 それはともかく、これだけの騒ぎになる深刻さという森永ヒ素ミルク事件であった。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 次郎くん at 2015-06-23 10:18 x
E先生、お言葉ですが、あの事件の真相は森永の狂言(当時は自作自演テロという用語はありませんでした)で、極左の仕業に見せかけて同情を引くミエミエの手口ですね。それから暫くして、劇画家のももなり高の「やさぐれ刑事(デカ)」で暴力団を雇って極左テロの被害者を装う悪徳大企業の手口が描写されていました。阿修羅掲示板の理念を知らなくても、推理物が好きな小学生でも理解できる事実を、攪乱する工作員にE先生が堕落したと思うと悲しいです。森永事件当時、小室直樹センセイが雑誌対談で「世間の不特定多数の人々の精神を洗脳した罪で死刑!!」と言っていたので株を大きく下げたもの事実です。もしかして「宮崎学オヤビンが犯人に間違いない」とたわけたことを抜かしている詳しい関係者というのは小室直樹センセイではないですよね(爆笑)
Commented at 2015-06-23 10:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 元京都市民 at 2015-06-23 11:30 x
誘拐から解放された時に「墓場まで持っていく話・・もある」と、グリコの社長が言っていた記憶がある。
当時、このセリフが気になって仕方なかったが、あれはどういう意味だったのかなぁ?と今でも思っている。

それと森永の社員が一軒一軒戸別訪問で森永製品を売りに歩いていました。母は森永ヒ素ミルクの事を知っていても、「気の毒だから」と言って1パック(1000円)を買っていたのを覚えている。
Commented by 天谷 at 2015-06-23 15:04 x
森永製品ボイコットは某左翼党派が理事会を支配していた某大学生協だと前世紀末ごろまでかなり徹底して行われていました(自業自得の内部分裂で消えてしまいましたが)
今はヒ素ミルク事件といわれても何のことかも知らない人が増えてきていると思います。
ブログ主様のように国や大企業の大失敗とその隠蔽に問題意識を持つ人がいないと、東京電力・福島第一原発事故でさえもいずれは民衆の記憶から消えていくのかもしれません。
Commented by ruhiginoue at 2015-06-24 19:48
 色々な陰謀説はともかく、グリコ森永事件のときは「お菓子が食べられないと子供が可哀想」とか「正社員だけでなくパートで働いている主婦が解雇される」とか言って、同情論と「食べて応援」という今の「福島愛」と同じでした。
 そして、ヒ素ミルク事件で被害者が今も苦しんでいることと企業責任を言うのは一部の左翼系の生協だけとなったものでした。
 ひっかかる者がいる限り、何度でも同じ手口は使われます。
by ruhiginoue | 2015-06-22 18:22 | 社会 | Comments(5)