コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

自民党の連中はそんなに殺されたいか

 集団的自衛権とやらで自衛隊の人員が足りなくなり、入隊する人もいなくなれば、徴兵するしかないという危うさを指摘する政治家もいる。また、経済的徴兵という、奨学金などを釣り餌にする手口になるだろうとも言われていて、それを念頭においた発言が自民党から出ている。
 
 これは危ないと言う人が、自民党に反対している側からばかり出ているから不可解だ。もっとも心配すべきは自民党の側であるのに。

 つい先日、池田小学校事件の14周年があり、乱入した男に殺された児童も生きていたら大人になっていたとかいう話ばかりしていたが、犯人が元自衛官であったことは語られなかった。
 あの犯人は、子供のころから利発と評判だったのに、親が教育不熱心で「お受験」させてくれず、学歴がないため就職でも結婚でも失敗の連続だったから、自暴自棄になって、名門といわれる小学校の恵まれた児童を妬んで犯行に及んだ。そして、自衛隊で習った銃剣術を応用したので、手際よく児童を次々と刺したとも言われる。

 また、元自衛官が警官を殺害した事件もあった。「元」とは言っても直前まで自衛隊にいて、留学したいからと一時的に除隊していただけだったから、自衛隊は警察に遺憾の意を表明した。
 この犯人は、交番に道を尋ねて入って行くと、警官が持っている拳銃に興味を持ち盗ろうとしたため、二人の警官と乱闘になった。二人の警官は柔道と剣道の有段者である屈強な男性であり、それが警棒を振り回したり拳銃を発砲したりと激しく抵抗したが、それをサバイバルナイフで殺害してしまった。まるで活劇映画の『ランボー』であった。
 そして逮捕された犯人がテレビに映ると、真面目で大人しそうなので驚かれると同時に、だから警官たちは油断し、まさかと思っていたところへ不意打ち食らわされたのだろうと言われた。
 
 こういうことがあるから、経済的徴兵なんて危ないし、そこで自民党は恨まれている。そもそも日本では「515」と「226」という大規模な叛乱が起きていて、総理大臣が殺害されている。自民党の政治家たちは「はなせばわかる」「問答無用」ということに自分がなることが恐くないのだろうか。

 今の若い人はどうか知らないが、我々の世代では、「若い者がだらしないから徴兵で鍛えるべきだ」と古い右曲がりの教師が教室で言うことがよくあって、そうしたら「ぜひ、鍛えてもらい、武器の使い方も覚えて、先生をぶっ殺したい」と言ってやったものだ。
 これは冗談の部分もあったが、それでは済まない外国の話に直面した。大学のとき外国人の留学生と一緒にバイトしていると、韓国人の学生が屈強で、しかも体育会系で目上に従順というのではなく、ガリ勉の成績優秀で社会や権力に批判的な人だったりするから驚かされ、これは兵役のためだと言っていた。

 だから、日本で自民党が安泰なのは、何より平和憲法のお陰だと思った。しかし、お坊チャマ私大に付属からという安倍総理を始め自民党の政治家たちも、防衛大出の田母神とかヒゲ佐藤とか元自衛官も、バイトなんてしてないので現実をまるで知らないのだろう。

 

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by L at 2015-06-29 23:42 x
 こんにちは。陸軍幼年学校出身のなだいなださんも、60年代かな、似たような指摘をしていました。自民党の政治家がケネディ暗殺の報を聞いて「日本は暗殺とかなくていいね」と言ったのを聞いて、”政治家の暗殺が横行したのはついこの間のことじゃないか”と政治家の記憶の短さを嘆くというものだったと思います。
 先日は”イラク帰還兵”による殺人も話題になりましたね。ダグラス・ラミスさんは、”日本もアメリカのように戦争をする国になれば、(心を病んだ)”殺人者”が身の回りにたくさんいるようになる。多くの日本人にはその恐ろしさは理解できないだろう”と言っていました。
 兵役のある韓国といえば、恵泉の李泳采准教授のお話をうかがったことがあります。背の高い優男で立派な方ですが、”まだ応召義務のある年齢なので、事があれば国に戻って戦争に行かなければならない。そうなったら、非常に苦しむだろう。私にとって平和の問題は、単なる学問ではなく極めて切実なんです。”という趣旨のことをおっしゃっていて、胃の底が冷えました。闘う正社員ジャーナリストたちも反体制パンクバンドのお兄ちゃんたちもみんな兵隊上がりなわけで、腹が据わっていると思います。
 全員を洗脳したり利益誘導することはできませんから、大杉栄も軍の学校へ通っていました、組織的に戦闘する技術と心構えを流布するのは偉い人・金持ちにとって極めて危険なことです。
 ホラを福澤嘘をゆう吉も”この世で最も危険なのは学問があって貧しい者だ”と指摘しています。奨学金で貧乏人を釣って兵隊にするそうですから、「平和ボケ」な金持ち・権力者は報いを受けるでしょう。戦後の激しい労働運動や社会運動は復員兵士たちが担ったものでした。マスオさんだって、元兵士ですからね。
Commented by 次郎くん at 2015-06-30 13:31 x
あの連中が報いを受ける前に、大量のB層が弱肉強食の犠牲になるのは仕方がないでしょう。福澤イズムの信者かつ実践者は早稲田卒業生かつ地方公務員試験合格者に多いですよ。絶対に忘れられない具体例として、この次郎の叔父の中で一番年下の叔父で、東京都庁都税事務所勤務の熟練壁ぎわ税務官がおるのですが、仕事が暇な時には自らが志願して、生活保護申請者や対象者に対して水際作戦に従事するのが本業よりも楽しいと「武勇伝」を語る野郎ですよ。「塊より始めよ」の中国の諺の実践者でもありまして、こういう連中は「仕事人としては優秀な」潔癖症精神病患者でもありますから、自らの親族に対する「予防作戦」の達人でもありまして、身内からの生活保護適用資格者の申請比率が0%の成果を自慢する奴で、かつ「昔っからの慶応の卒業生は青白いインテリ揃いでぶったるんどる!!福澤先生の教えをニッポンで一番実践しているのは早稲田卒の地方公務員だから、早稲田は慶応よりも愛国者かつ現場の状況を熟知して対応する能力も格上だよ」と暴言吐きまくってました。
Commented by ruhiginoue at 2015-06-30 17:29
 なだいなだ氏は、麻布高校から慶応大学という経緯でしたが、軍隊を知っているのですね。他にも、昔を忘れて美化する危険を指摘するエッセイを書いていました。
 
 一方、冤罪袴田事件の映画で、国立大に劣等感を剥き出している判事が、反骨精神ではなく出世亡者で、同様の同窓生たちと同窓会で「都の西北」と歌っている場面があり、こういうことあるな、と。
by ruhiginoue | 2015-06-28 06:58 | 国際 | Comments(3)