井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

池上彰とフジテレビの字幕捏造だけではない

 昨日に続いて手塚治虫のマンガの話。なぜなら、また思い出す騒動があったからだ。
 手塚治虫の1ページ読み切りの短編に、テレビ局が翻訳のさい改竄して別物にしてしまう話があった。
 あるテレビ局が、未公開外国映画の放送権を購入したが、担当者の男性は、地味なので視聴率がとれないと言い出す。これに若い女性の部下が、地味でも良心的で上質なドラマだから、きちんと翻訳して放送するべきだと主張する。ところが聞き入れられない。そしてお笑い芸人を起用し、オリジナルとは全然違う下品なセリフを入れてしまう。
 こうして放送しているところへ、その映画が国際映画祭で受賞したというニュースが入って来る。大変だと慌てたが、遅かった。その後、その担当者に女性の部下が「視聴者から送られて来た抗議、読みなさいよ」と怒って言いながら、手紙や葉書の束を投げつけるというオチだった。

 こうしたふざけた翻訳で映画を放送することを、もっとも盛んにやっていたのはフジテレビだった。これを手塚治虫は明らかに皮肉っていた。

 それ以前にも、映画の配給会社が字幕で内容を改変してしまうことなら時々あって、例えば日本で勝手につけた題名に合せてセリフを変えてしまった『ミスターブー』とか『バタリアン』は有名だし、『フェノミナ』で主人公の父親の秘書のことを父親ということに変えてしまい、ジェニファー コネリーが秘書の名前を叫んでいるのに「パパ」と字幕が入る。これは、最後に主人公の目前で殺害されるので、悲劇性を高めようと勝手に変えたのだろうと言われている。

 これらは、注意して聴いている人や、外国語が解る人や、主演の大ファンなど何度も観ている人には気づかれてしまうし、後からビデオなど販売ソフト化されたさいに気づく人もいる。DVDなどは「あれ?」と思ったら戻って確認することも出来てしまうし、字幕と吹き替えと両方を比べられてしまう。

 だから『フェノミナ』は、映画館で見た時に変だと思っていたら、ビデオでは字幕が違った。だいたい、主人公の美少女の父親は映画スターという設定だから、まるで似てないうえ配役とその演技からすると芸能人ではなく秘書という感じが見ていて判る。
 また、同じ主演の映画で『ラビリンス』がテレビで放映されたさいは、主人公の吹き替えを声優の経験が無いタレントがやっていて、酷いセリフだった。これは毎度お馴染みのフジテレビだった。 

 こういう話をしていると、あとは何が言いたいのか判るだろう。
 まあ、朝日新聞をあそこまで批判していた池上彰だから、きちんとした真相究明と謝罪をするだろう。そして、さらに批判されそうになったら「罪なき者が石を投げよ」って言うんじゃないかと思う。

 もちろん、デタラメな翻訳は悪いに決まってるが、故意でやったのに、チェックが不十分だったという言い訳が変だし、そもそも外国に対する嫌悪の感情を煽る番組を作ることに、どんな意味があるのかという批判がある。
 この騒動のため、日本は、韓国からだけでなく、色々な国から色々と言われてしまったことが、インターネットでも判る。

 結局、池上彰の番組での捏造をテレビ局は謝罪したが、これは日本で韓国語が判かる人が多いから簡単に発覚したわけだ。
 しかし、今も混乱が続く中東情勢は「アラブの春」と称して欧米が仕組んだ民主化という名の侵略を、地元の人たちが「独裁政権が倒れて良かった」と言う方はどうか。テレビはどれもヤラセ臭く、字幕が変だという指摘もあるし、中には流暢な英語でインタビューに応じている人がいる。
 これは変だと判っても、欧米の圧倒的な情報操作とそれに従う日本のメディア、および、軍事的に混乱ないし屈服させられた国々からは抗議が来ないということだ。



人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 弱猫 at 2015-07-02 11:08 x
外交映画の尺を配給会社が館内の回転率を上げるために勝手に縮めてしまい、予告編で気になっていたシーンが本編には出てこないっていうのはよくありますが、設定まで勝手に変えちゃうというのは初耳でし驚きました。

池上彰の番組の件、別のシーンでは字幕の内容を話しているということですが、疑わしいものです。字幕の問題も当然ですが、同番組内の池上彰の発言も相当なものだったようですね。
Commented by 次郎くん at 2015-07-02 15:48 x
「毒をもって毒を制する」の意味あいで、中露同盟とも友好関係が必要でしょうね。たとえば阿修羅掲示板の小澤内閣待望論さんみたいに。ただこの方法は「天皇の陰謀」ネット版でも暴露された昭和天皇猊下こと西園寺裕仁師の「独自外交路線」そのまんまであり、まだマトモな部分が多かった頃の1980年代以前の太田竜さんとか、全国「精神病者」グループに信奉者が多い久慈力さんの方法でもあるので、どこまでイルミナティの詐術から自由になれるのかはギモンですね。面倒見の良い奥方どんの尻に敷かれてしまっている結果、イルミナティの歴史偽情報にだまされっぱなしクリシュナムルティ(一世)先生の盲信者の癖に、地球原住民史の奥義を極めた存在である、マスターマハーシャヤ先生・スワミ=ブテシャーナンダ先生・ナーグマハーシャヤ先生を、受け入れる事が出来なかった。近代合理主義以前の低い段階に留まっている弱点があるのは驚きです。(理解出来ない個人名刺は検索すると詳細なサイトが出ます)
隠れエスぺランチスト疑惑で満杯の(爆笑)森もと総理・小泉もと総理親子・安倍現総理たちに、「個性を重んじる共産主義者」として負けてはなりません。
Commented by ruhiginoue at 2015-07-02 18:15
池上彰も田原総一郎と同じ電波芸者だけど、一見は真面目そうだから騙される人が多いのでしょう。
本当に編集し間違えたなら、その部分を改めて放送するべきですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2015-07-01 20:18 | 国際 | Comments(3)