コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

劣化が著しい「軍事アナリスト」小川和久という話

 「軍事アナリスト」小川和久が、集団的自衛権のことや強行採決について、テレビに出たりツイートしたりで、政府に媚びていた。
 これがあまりにも無茶苦茶だという批判も起きている。

 それとは別に、この人はかなり昔から商売優先で、そのため古巣である自衛隊への愛情を失っているという批判も聞いている。それであの「反戦自衛官」も追及していた。それによると、顔を合せないよう逃げ回っていたとのこと。しかし、それも過去の思い出だ。

 また、自衛隊学校の区隊で同じだった人の話も思い出した。その、出席番号と同じで五十音順だから寮でも同室だったという人が言うには、
 
 「あいつは喧嘩して俺に殴られてもやり返せない気の弱いおとなしい奴だったんだ。それが卒業してから大学に進学して学生運動したとか、ましてデモで機動隊とやり合ったなんて武勇伝をテレビなんかで語ってやがるけど、そんなのウソに決まってるだろ(笑)」

 そもそも、なぜ小川和久を自衛隊の元同僚たちが批判したかというと、元自衛官の軍事アナリストと名乗るなら、先日死去したジェーンの江畑健介のような純粋に軍事的な解析をするべきなのに、素人のくせに政治に口を出し、それが商売のためマスコミからお呼びがかかるよう意識して、政府に媚びた内容となってるからだとのこと。

 それにしても、なぜ今でもテレビは小川和久なのかと多くのひとが疑問を持つ。いい加減、元自衛官で見識ある人など、探せばいくらでもいるはずだろう。そうした怠慢についてテレビなどの責任は大きい。見た人から「あんなのコメントにすらなっていない」「賞味期限切れ」などと言われている。
 あのしょうもない田母神俊雄だって、内容は別にして、小川和久よりは気の利いたこと言っているのではないか。暴論でも極論でも受け狙いでも、いちおう談話の体をなしているだけマシ。それほど劣化した御老体の小川和久ということなのだろう。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 小川和久 at 2016-05-03 21:14 x
貴君がどのように思おうと自由だが、以下の点は覚えがないことなので申し上げておく。

1)あの「反戦自衛官」からも追及され、顔を合せないよう逃げ回っていた醜態を思い出した。
→私を追及した「反戦自衛官」などいないが、誰のことだろう。
2)また、自衛隊学校の区隊で同じだった人の話も思い出した。その、出席番号と同じで五十音順だから寮でも同室だったという人が言うには、
→「出席番号と同じで五十音順だから寮でも同室」ということはあり得ないし、自衛隊では「寮」などと呼ばない。
 
3)「あいつは喧嘩して俺に殴られてもやり返せない気の弱いおとなしい奴だったんだ。それが卒業してから大学に進学して学生運動したとか、ましてデモで機動隊とやり合ったなんて武勇伝をテレビなんかで語ってやがるけど、そんなのウソに決まってるだろ(笑)」
→私から喧嘩を売り、それで殴り合いになったことはあるが、その相手は墜落事故で殉職し、この世にいない。私の同期生ではないことは明らかだ。
→機動隊と殴り合ったといった話はしていない。

4)そもそも、小川和久がどうして自衛隊の元同僚たちから批判されてきた
→同期生とはうまくいっているし、自衛隊の関係では声をかけてもらっている。関係団体の役員もしている。悪意のある何者かが、同期生を名乗って語っているのではないかと思う。

5)貴君に申し上げたいのは、小川和久なんか相手にしないで、もっと生産的な仕事をした方がよいということです。
Commented by ruhiginoue at 2016-05-04 02:53
 コメントありがとうございます。
 その元自衛官には同窓会で一緒にいる写真を見せられました。
 寮で同室というのではなかったなら、単に五十音で並んでいたという話だったのかもしれません。ただし、ここはどうでもよいことです。
 問題なのは喧嘩した人の存在です。その人は、上記の一緒にいる写真を見せたうえで言いました。
 反戦自衛官と呼ばれた人の話では、著書で批判したり機会をとらえて追いかけたりしたということでしたが、それに気づかないと言うことも可能ですね。
 もちろん、マスコミに出て派手に目立っている同級生を批判したり学生時代のことで揶揄したりは世の常です。
 それで社会的な評価に影響するわけがないので、あくまで余談です。言われたほうはあまり面白くないかもしれませんが「有名税」と思うしかないでしょう。
 どちらの話が本当かは「藪の中」ですが、ただ、この話の趣旨はあくまで出演させているテレビの体質を問題にしているので、個人のことではありません。
Commented by 小川和久 at 2016-05-04 13:47 x
有難うございます。

軍事専門家について誤解があるようなので、説明しておきます。

1)江畑さんは兵器と軍事技術の専門家です。

それに対して、私は、日米同盟が専門です。

私は、内外の政治、国際関係、憲法などに触れなければならない立場なのです。

TVは、私に兵器などの解説をさせることはありましたが、本業についてはコメントさせる機会を与えることが少なく、むしろ私を排除してきたのが実態です。

2)その人物が本当に同期生であるのなら、私が外見とは違って手が出る方が早く、誰も手出ししなかったこと、しかも教官や520人の同期生で知らない者はないほど、目立っていたことを知っていなければなりません。

一緒に写っている集合写真が制服制帽姿なら、間違いなく同期生ですが、それ以外なら同窓会で一緒になったほかの学年の人間で、私のことを知らないのに勝手に反感を抱いている場合もあると思います。

その人物は誰ですか。私と一緒に写っている写真を持ち歩くなど、有名政治家と一緒の写真で相手を信用させようとする詐欺師のような人物ですね。

3)反戦自衛官なるものに追及されたことがないのですから、私が「逃げ隠れ」するはずがないので、その本人を連れてきてもらいたいほどです。

事実の確認を怠らず、ますますの健筆を振るわれますよう、祈念します。

小川和久
Commented by ruhiginoue at 2016-05-04 21:07
丁寧にありがとうございます。

マスコミを通じて活躍するなら、そこから受け取られる内容が一般的な評価となりますから、そこは不本意なこともあることは当然だと思います。

同級生の方の言っていたことは、本人としては親しみが混ざって、からかっていたのかもしれませんが、言われたほうが気に障るなら告げ口になりますので、この場は伏せておきます。

写真は、その方の自宅で見ました。

ただ、反戦自衛官と呼ばれる人は、口頭でも著書でも、ことあるごとに批判しています。
文書で公然と言って出版もしているということですが、相手の土俵に乗るかは話が別ではあります。

一方、その同級生の方は、反戦自衛官氏を「今は平気だが、昔はぶん殴ってやろうと思っていた」と言っていました。
Commented by 琴吹 at 2016-05-06 01:25 x
はてなブックマークの指摘が正しいと思う。
Commented by west at 2016-05-07 21:07 x
↑ たしかに。

1 本人なのか?
2 マスコミで発言すれば色々と言われて当然、いちいち構っていられないはず。
3 気になるとしたら、陰口の内容は別にしてそれを話す同級生に誰か心当たり?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2015-07-17 12:47 | 社会 | Comments(6)