コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

菊池誠に騙される共産党議員の頭の程度

 個人攻撃は目的でないので、それが誰なのかはツィッターのフォローワーやリツイートでも見れば判るとだけ言っておくが、共産党の議員があの菊池誠センセイに騙されている様子があまりにも無様なので、嘆いておく。
 
 まず、メディア懐柔や国民分断や世論操作の工作「PA」(パブリック・アクセスタンス)について、特に原発事故から盛んになっているので、共産党の機関誌『赤旗』は入手したマニュアルを暴露して注意を呼びかけており、そのなかに「文系はやたらと数字をありがたがる」という手口が紹介されているのだから、読んでいるはずの共産党の議員が騙されてはいけない、という前提がある。

 ところがその議員は、その記事を全然読んでいなかった。まあ、共産党に限らず党員なのに機関紙を読んでいない人はいくらでもいて、聖教新聞と同様「お布施」の感覚でいる人も少なくない。
 それに、読まずにチラ見しただけだったとか、忘れてしまったのかもしれないが、とにかく認識が全くなかったうえ、こちらからその記事を提示したのに、「菊池誠先生の著書は数値をあげているから正しい」と言い、それでいて数値が正確かという検証する能力は文系なので無いとも認め、さらに「私は日本共産党員として唯物的弁証法によって立っているから、科学的であることを重視している」という調子だから失笑させられた。これはギャグみたいだけれど言質を取っている。

 しかも、数字など素人の部分でお粗末というだけでなく、政治とか社会の基本的な認識すらできていないことが、次の菊池センセイのツイートに共産党の同議員がすっかり感心してしまっていたことから判明した。

 〝おそらく、人数で言うと、戦争反対の人は原発反対の人よりも圧倒的に多いと思うので、「戦争に反対の人は原発にも反対のはずだ」という思い込みは間違っている〟

 解説するのもあほらしいが、自分の思うことを根拠に他人の思い込みを否定する奇妙さや実際の数はともかく、「こうであるはずだ」という言葉の表現は、何らかの訳や理屈によってそうだと考えることができる、という意味であり、思い込みではない。思い込んでいる場合は、推定などではなく断定する言葉を使うものだ。
 そして、「戦争反対なら原発反対のはずだ」というのは、そういう考えの人なら、この考えにも賛同する可能性があり、少なくともそうでない人よりは可能性が高い、ということだ。

 こんなこともわからない人が国立大の教授ではあるが、ただ、言葉の表現の適切さとか、戦争と原発に反対する理由が重なっていることとか、これらについては、素人だから詳しくないということかもしれない。だから仕方ないとまでは言えないが、そうであろうということで理解ならできる。
 
 しかし、政治家は困る。とくに戦争と原発とで反対の人たちがいる構造については、ちゃんと考えていないと駄目だ。しかも共産党の議員なら、同党の理念や主義主張から、とくに関心が高くなければならない。どんな主張をどんな人に訴えるか、ということを考えなければならないからだ。

 なのに、このお粗末である。これで議員が務まるのが信じられないが、駄目な人はどこの組織にもいるものだ。それがいちおうの位置にいたりすることも、よくある。だから仕方が無い。
 「共産党に対する長年の信頼が少し損なわれてしまいましたよ」(羽仁五郎著『都市の論理』より)

[PR]
Commented by L at 2015-07-30 01:50 x
 キクマコは悪い薬でもやっているのですかね?香山リカ先生に診てもらえばいいのに。
 ここでいう「戦争反対の定義」「原発反対の定義」にもよりますが、戦争法案反対の数字と再稼働反対を仮に使えば、原発反対と戦争反対の数字は同じくらいか、戦争反対の方が少し少ないくらいじゃないかしら。また、国会前で見かけるみなさんは両方とも同じに見えます。特に311後、目覚めちゃった皆さんが、戦争法やら秘密法やらに反対しているわけで。
 11年には「エア御用」と揶揄されていましたが、もう本物なんでしょうね。
 教職で科学史を学んだ時、優れた研究者にも見られる限界をいくつか学びました。曰く”優れた学者でも、人間的には普通に俗物である””優れた学者でも、専門外ではえてしてとんちんかんである””あることについて最も真実を突いていても、それ以外については正しい説ではなく誤った説を信じていることは珍しくない。”…。
 キクマコはこの好例ですが、こいつがアンチニセ科学の筆頭であったということは、泣きたくなるほど教育的です。
 
Commented by 次郎くん at 2015-07-30 08:08 x
諺である『塊より始めよ』で日共の志位や不破などの指導者層から、無責任根性を叩き直すしかないでしょう。フランクフルト学派の最前線情報でシゴキ直してもらう以外に、日共を再建する方法はないでしょう。日共がマトモ人間の集団であったならば、池田大作先生から直接薫陶を受けた創価学会エリート工作員どもによって、日本の高知能連中高機能連中ががグダグダ状態にされることもなかったでありましょう。
Commented by 次郎くん at 2015-07-30 08:15 x
Lさん、香山リカは、ニセ科学の使いパシリですよ。ここ十数年の日本国民の大半の鬱病の原因はブラック企業の不当労働行為の強制なのに、「労働者個々人が、昔と違って自己中になったからだ」とテレビで大嘘を吐いた前科がありますよ。また幾つかの討論番組で、小林よしりん先生やWハシモト体制の引き立て役を引き受けたダメダメ女でもありますよ。
Commented by ruhiginoue at 2015-07-30 11:02
 菊池誠という人をからかう人は多いけれど批判する人が少ないのは、真面目にやるのがバカらしいということに加えて、どうもあの人の雰囲気が気持ち悪いという人が多いからでしょう。
 ニセ科学批判する人は、大槻義彦に安斎育郎もそうだけど、原発で業界寄りです。安斎は原発を批判して東大を追われたといっていたけれど、私大に売り込むために言っていただけではないかと東大で聞き、そうではないかと思ったのは、本を読んだとき以上にテレビに出ていた時です。
 どうも変な目立ちたがり屋であることは共通しています。
 医者もそうですね。タレント医師は香山も西川も変わりません。
 共産党は、思考力が弱い人が多くて困ります。もちろんものを知らない人が多い。松川事件も知らなかったり、唖然とさせられる人が少なくなく、それが一介の党員ではなく議員をやっていたりします。
Commented by L at 2015-07-30 11:35 x
 こんにちは。
>共産党は、思考力が弱い人が多くて困ります
ガビーン!!妄想の中の党員は、高学歴で頭が切れるが官僚的で融通が効かない、意志が固い、疑い深いが根は善人なので悪人に引っ掛けられるなんですけどね。多分、古い小説やノンフィクションの影響なんでしょうが。
 先日、イベントでさおりんのスピーチを聞きましたが、きらりんよりもいい。暗記したことでなくその場で、自分の言葉で過不足なく挨拶と自分の考えをすらすら話せるのは大したものです。主催に、「志位さんに叱られたんでしょ」と振られると「まだ叱られてません。もっと突っ込んでいこうと思います!」と元気で、さすがパンク議員と大いに感動しました。
 杉並の原田あきらさんとか優れた人しか覚えていないので、ショッキングな話ですね。
Commented by 次郎くん at 2015-07-30 12:19 x
西暦2015年3月のことなのに、日共本部にとっては都合が悪いことなので日共党員は教えられていないことがあります。神奈川県議会では日共の議席がゼロ空白区の時代でしたが、市民運動の粘りによって「差別禁止条例」とやらが賛成多数で可決されたことです。日共より左寄り中国盲従分子な自民党の紅野傭兵派に票をさらわれても自業自得な集団であります。
Commented by ruhiginoue at 2015-07-30 12:20
吉良さんや原田さんは、共産党らしからぬ斬れがある人で、例外的です。
たとえは、最近では都営住宅にエレベータをつけることを共産党の議員が熱心に訴えていたけれど、それで家賃が値上げされてしまうので生活が苦しい人は困ると言う人の意見を聞かず、共産党の議員は党のスローガンである「住は人権を」ステロタイプで繰り返すばかりで話にならなかったということが最近ありました。
どうも自分の頭で考えることが苦手な人が多いと思います。
これで頭にきて、長年共産党に投票してきた人が社民党に投票したなんていう話もありました。
共産党には高学歴の人ならいるでしょうけど頭の良い人は少なく、だから紋切り型の発言をする人が多いし、なにより勢力が衰退してるというのが証拠です。
Commented by 弱猫 at 2015-07-31 00:21 x
私には、池内さんは言うまでもなく、吉良さんや原田さんも、自分の頭で考えるという点では物足りないですね。じゃあ誰がいるのかと言われると困りますが。私の共産党員のリトマス紙は、不破さんの言っていることを疑えるかどうかですね。彼は能才ではあらますが、とんでも発言もかなりしていて、ところがそれに疑問を持つ人は、これは驚くほどいません。上記三人をはじめ
Commented by 弱猫 at 2015-07-31 00:31 x
共産党員がハイインテリだったのは、恐らく戦後直後から70年代初頭まででしょう。良かれ悪しかれソ連があり、社会主義への憧れが社会全体に一定程度あった時代の話です。この時代の共産党員で、特に労組で鍛えられた人たちは、かなり知的水準が高いです。ただ、それでもリトマス紙には引っかかるんですけどね
Commented by 次郎くん at 2015-07-31 04:16 x
弱猫さん、誤誘導はいけませんよ。日共党員がハイインテリだったのは1970年代初頭までは正しいですが、1960年代に独立派非同盟中立宣言をして以来、ソ連好き・中国好きの浮動票とB層票は得られなくなりました。投票先が社会党・公明党・自民党三木派・河野派・革マル派中核派と、あっちコロコロこっちコロコロのダーティな無党派層な有権者たちはね。よど号事件が勃発してからは北朝鮮シンパからも逆恨みされて、潔癖症で右の左翼の思想をもつ有権者たちからしか票田を刈り取りできなくなりました。別に日共を擁護する訳ではないですがね。
Commented by ruhiginoue at 2015-07-31 04:50
これは前にも書きましたが、佐藤忠男さんが国鉄の職員で例の首切りで解雇されちゃったから職場を変わったりした後に、投稿マニアで何度も採用されているうち評論家になったけれど、雑誌とか新聞で働いてる大学出の共産党を見る目が労働者と全然違って驚いたと言ってました。労働者の間では、共産党員なら政治に関心があるだろうと組合の役員に祭り上げられたりした程度だったのに、そうではなく変に権威のあるような見方をして持ち上げたりこき下ろしたりすることに意義を見出していたと。大島渚なんかもそうですね。
しかし一般の支持者たちは、下層の労働者の生活を考えてくれるのは共産党だと言っていて創価公明党支持している庶民よりは民度が高いほどだという感じだったはずです。
あと共産党員だったけど自民党になった渡辺恒雄とか早坂茂三は、共産党員であったことを隠した隠さないし、うたごえ運動なんか楽しかったとまで。また戦争で苦労した世代なので平和への想い等も率直に語るんですよ。
なのにどうして右旋回したのか。それは田中角栄とか中曽根康弘とか総理大臣になる人は頭がよかったんで一緒に仕事して楽しいとか、やりがいがあったんだと思います。
そういう人が共産党にはいなかったのでしょう。実際に共産党員の人って、全員じゃないけど多くは、ちょっと話していてもイライラしますから。
Commented by H.KAWAI at 2015-07-31 17:17 x
○菊池誠センセイって自身のツイッターで「物理学者ですが、つぶやく内容の1/4は「でたらめ」です。残りの半分は「ロック」と「SFその他」です。まじめなことをつぶやく場合もあります。 」って言ってるじゃありませんか。本気にする方がおかしいんじゃありませんかね。
Commented by ruhiginoue at 2015-08-01 09:17
そんなものを共産党の議員が賛同してリツイートし、個人の趣味なのかと問うたら、そうでなくて共産党所属議員としての活動の一環であるとはっきり言ってるんです。
そして、そうでない党員の存在が「残念」であり、党の「イニシアチブ」でもってこの考えに統一するようにするべきだと言ってるんですよ。
もともと見識に疑いのある発言の多い人でしたけど、遂に頭が正常かと疑うようになりました、はっきり言って。
Commented by 次郎くん at 2015-08-01 15:35 x
日共の専従は上から下までこういう連中ばかりなので、阿修羅掲示板で活躍している本格硬派なプロ教師チームであるgataro恩顧がなかりせば、全ての選挙において「非自民非共産」での戦略投票をすると、日田こまち氏や全国「精神病者」グループの人々も申しておりました。
by ruhiginoue | 2015-07-29 09:54 | 政治 | Comments(14)