井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

「野党の結束」なんて昭和臭い政治談義

 山本太郎議員の国会質問は面白いと持ち上げるのはいいが、これに比べて他の野党がダメだと言うのはおかしい。彼は元芸能人でパフォーマンスが得意なのだから、これを他の人が真似することはないし、真似しちゃいけない。
 それと同時に、他の党を支持する人も、彼の流儀と芸風なのだからレベルが低いとこき下ろすのは控えるべきだ。

 やりかたは人それぞれでいい。今は亡き小田実は、東京都知事選挙に社会党と共産党の統一候補として出ないかと誘われた時、共産党と一緒は断ると言った。この数年前に彼は共産党批判の小冊子を書いていたほどだ。
 しかし晩年は共産党の穀田議員と仲良くしていて「われわれも頑張るから共産党さんもがんばってください」とエールを送る大人の対応をしていた。

 ところが、それぞれで頑張ればいいのに、政権交代と言い出してから、おかしなことになった。
 大昔、昭和のそれも70年代に、マルキストのタレント学者で中核派と懇意だった羽仁五郎が、小異を捨て政権交代のため野党第一党に投票を集中せよと呼びかけた。
 だが、第一党の社会党と第二党の公明党が相次いで自民党と連立、さらに二度の政権交代は失敗、こうして、羽仁五郎の考え方は破綻していることが証明された。

 それでも、今は小選挙区制なので野党の共闘が必要だという人たちがいる。しかし自民公明の独裁を招いた小選挙区制を導入した時も、今と全く同じように、野党は小異を捨て大同団結すべきだと言う呼びかけから始まり、これが実施されたら、このとおりである。間違っていたことが現実に証明されているのに、同じ失敗を繰り返すのはバカとしか言いようがない。

 それに、今の政治情勢を見れば、反自公で結束ということは困難すぎる。選挙どころか護憲集会ですら、野党みんなで手をつなぐ場面で共産党の志位委員長と手をつなぐことを拒絶した民主党の長妻昭議員の態度は、集会参加者の面前だったため批判されたが、民主党でまともに問題とされていない。
 
 一方、政党は違うけど一致するところで共闘するといえば、中谷元防衛庁長官は、民主党の代表もつとめた前原誠司議員と一緒に、わざわざ記者会見開いて、所属政党は違うけれど安保防衛外交では意見が一致している「相思相愛の関係」なので一緒に頑張るとニコニコしながら言っていたのが忘れられない。

 また、高校生の頃に、知り合いの大学生のお兄さんが、ノンポリで政治に関心が全然ない人なのに、自民党が失政や醜聞で追い詰められ今度の選挙では議席を減らすだろうと言う報道を見て、これは危ないと言って自民党に投票したのに驚いたけど、その後そういう人が非常に多いと気がつき、そうなる構造も理解できた。

 そもそも、国会前で問題の法案に反対するため党派を越え結束するのと、選挙とでは事情が違う。法案反対では関心のある人たちが積極的に動くが、選挙では単に現状維持で与党を支持するから投票に積極的じゃないという人が圧倒的に多い。
 こういう人たちは、野党が野合して与党を追い詰めたら与党を助ける投票をするだろう。

 他にも挙げていたら際限ないのだが、とにかく、政権交代すれば良いとか、そのために野党が結束して統一戦線を結成すれば良いという発想は、昭和の時代に一部で信じられていただけの妄想である。
 なので、人それぞれで良い。好きなことをやったなら、結果がどうであれ無駄ではない。少なくとも、とっくに無駄だとわかっていることをやるよりは愚かでない。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 次郎くん at 2015-08-01 14:21 x
中露朝韓貿易利権で世話になったので自公に投票する、特亜とロシアの貿易利権のおこぼれについて民主や共産が一体何をしてくれたのでしょうか、というのが理由ですが、それで良いのでしょうか?
Commented at 2015-08-01 15:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2015-08-01 11:31 | 政治 | Comments(2)