コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

夏休みの恐い映画と『君待てども』

 もともと怪談は冬にやるものだったらしいが、お化け屋敷が、熱い夏に怖いからゾッと寒気がするという客引きをしたので、夏にやり始めたらしい。その影響で映画も夏にやるようになった。
 かなり昔からだったらしく、『怪猫有馬御殿』とか『怪猫岡崎騒動』など入江孝子の「化け猫もの」も、夏の興行で、後にテレビで放送されたときも夏休みだった。テレビでも夏休みに怖いドラマを製作して放送する。
 
 それで思い出したが、小さい頃、夏休みに昼メロのようでいながら実はオカルトというドラマがあり、とても怖かったのだが、なんという番組なのか不明なままだった。
 ただ、主題歌の「♪あーきらめましょーう、あーきらめましょーう、わーたしは一ひーとーりー」というのが印象的だったので、ここから検索してみたら『君待てども』という昔のヒット曲に基づいたドラマだった。しかも円谷プロの作品だったとは知らなかった。

 円谷プロの作品で怖いテレビドラマと言えば『怪奇大作戦』と『怪奇劇場アンバランス』だけど、『君待てども』はSFではなく完全にオカルトだった。
 そして監督は山際永三、脚本は石堂淑郎というコンビだった。山際監督はもともと新東宝にいたそうで、この会社は大映とともにオカルトが盛んだった。

 余談だが、新東宝の労使紛争では、共産党系の労組と対立する新左翼系の労組にいたため、その当時のことを山際氏はずーっと怒っていた。そのうえ山田和夫から共産党の理論誌『前衛』の誌上で「トロツキイストの山際永三」と書かれたものだから、ますます怒っていた。
 ただ、大島渚監督の『日本の夜と霧』は、いただけないと言っていた。安保闘争で悪い共産党員を描いても共産党に対する批判にはならない。むしろ健気に頑張っている真面目な末端党員の姿を描くべきだ、と。この脚本は石堂淑郎で、後に大島と決別宣言し、テレビでよく山際監督作品に脚本を書いていた。
 
 その後、新東宝は国際放映というテレビの製作会社になり、子供むけのドラマも量産する。小さい頃に印象的だったのは後から調べると『帰ってきたウルトラマン』も『あばれはっちゃく』も、みんな山際さんだな、という感じだ。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 次郎くん at 2015-08-04 09:20 x
これも山際永三監督作品でした。ウルトラマンレオ50話でのウルトラ史上もっとも残酷なシーンで蟹江敬三怪演が凄かった回と、次の最終回の51話です。1990年代初期に出されたサブカル評論本では、ウルトラマンレオ最終回51話は山際作品であるがゆえに、ホーチミン主席の「人民総武装論」を映像化したものだと断言してました。また日共赤旗編集部と円谷プロ身障者施設慈善慰問事業とは、共闘関係であるのは良いことです。
Commented by ruhiginoue at 2015-08-04 14:11
蟹江敬三は『ウルトラマンエース』にも出演して怪演し、これも山際・石堂コンビでオカルト風でした。
『レオ』の最終回は『太陽を盗んだ男』で沢田研二が自宅でテレビをつけたら放送しているということになっていました。
Commented at 2015-08-05 06:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by ruhiginoue | 2015-08-01 12:37 | 映画 | Comments(3)