コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

「安らかに眠ってください過ちはくりかえしませんから」で良いのか

 少年時代の原爆の日、テレビ朝日の朝の番組で、自民党タカ派ベッタリ商売する元読売記者の「評論家」塩田丸男は、原爆犠牲者の慰霊碑にある「安らかに眠って下さい 過ちは繰り返しませんから」について「一億総懺悔だ。気に入らない」と放言した。
 これには、政治に疎いうちの母親でさえ「国とは関係なく、生きている人みんなが亡くなった方々の御霊に誓った言葉なのに、この人おかしい」と言った。

 また塩田丸男は、敗戦の日に「靖国神社に参拝して何が悪いんですか。政教分離といっても、その国で一番の宗教があるんですから」と、無茶苦茶なことを言った。同じ番組の三宅久之でさえ、大臣であれば問題があるので参拝できなくても仕方ないという趣旨のことを言っていたのに。
f0133526_1853647.jpg


 これとは別の意味で批判していたのが『はだしのゲン』だった。

f0133526_19223.jpg


 この言葉を、なぜ日本が言うのか。アメリカが言うべきではないか。日本が自国の戦争責任を曖昧にしたうえ、敗戦でアメリカに従属し、自国民の被害についてすら追及しない、ということを被爆者の立場から問題にしていた。
 つまり、アメリカが犠牲者を無視していることが問題だ。これについて、オバマ大統領は、戦争中のこととはいえ、犠牲者には気の毒であったとし、アメリカから日本に対して謝罪する意向を示したが、なんと日本政府が断っていた。

 こういうことがあるので、今リメイクされて公開の『野火』の作者・大岡昇平が、かつて、戦没者に化けて出て欲しいと言ったが、たしかに、過ちを繰り返しているから安らかに眠らないでいて欲しいと思ってしまう。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented at 2015-08-09 00:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2015-08-06 19:07 | 社会 | Comments(1)