コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

刑事訴訟法改悪に共産党と社民党以外が賛成

 本日開かれた衆議院本会議で、刑事訴訟法改定案の採決が行われ可決した。反対は日本共産党と社民党のみ。生活の党と山本太郎となかまたちは賛成起立した。
 表向きは取調室の録音や録画をする「可視化」を実現するというが、実は刑事事件のほとんど約97%が対象外となり、この一方で、冤罪うみだす司法取引の導入と、いずれは通信傍受の乱用を防止する規制を無くしてしまうことまで盛り込んでいる。

 もとは、冤罪が相次いだので何とかしなければ、という話だった。すると検察の強い意向により、法制度審議会の報告書は、やりたい放題にさせれば間違いがなくなるんだと言うも同然の居直りの内容となった。
 これにそっくり乗ったのだが、ここには政治的意図もあるだろう。盗聴法ができた時、有事法制とセットと言われていた。アメリカの戦争に日本を協力させ、従わない国民を監視し取り締まるためだと。
 それで、自民党中からも造反者が出て、除名された議員もいる。そして安保法制とともに盗聴法の乱用防止規制を撤廃する法案というわけだ。

 こんなものに、有事法制に続き賛成した民主党。民主党は、自民党と公明党と談合をし、有事法制に賛成した。当時テレビに映っていたように、共産党や社民党の議員たちが反対と叫ぶそばで、自民公明と一緒に賛成の起立をする民主党の議員たち。その中には嫌そうに起立している元北海道知事の横道議員もあった。

 そして、今日は山本太郎と生活党まで賛成した。

 これこそが、野党共闘を阻んでいる最大の原因だ。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 安打製造屋 at 2015-08-08 15:05 x
山本太郎は小沢一郎と行動している限り、信用出来ない一例でしょう。
Commented by ruhiginoue at 2015-08-08 16:25
山本太郎は反対を表明してますね。党議拘束なんか無いからいいんだと。
これはやはり小沢一郎が政党助成金欲しさに取引を持ちかけて、好き勝手にしてもいいと言う条件だったということでしょう。
普通は政党として許されないんだけど、小沢一郎が山本太郎に足元見られていたのかもしれません。
しかし山本太郎は仲間を説得して一緒に反対するようにすべきだと言う意見もありますね。
大体、アメリカでも司法取引でえた証言により死刑判決を受けた被告が後に無罪であるとが明らかとなって釈放された人が大勢いて問題になり、他にも多くの冤罪事件になっているから、日本でも危惧されていました。
あの時この制度があったら小沢一郎は刑務所行きだったはずです。なのにどうして生活の党の連中は賛成するんでしょうか。ここが理解できません。
Commented by 次郎くん at 2015-08-09 07:25 x
日本の政党には野党がない、欲惨怠性(よくさんたいせい)だからではないでしょうか。たとえば実務の運用の問題で、中華人民虐殺国軍部の毛沢東派の鉄砲玉であると正々堂々と天下に放言している増尾由太郎の「誰も書かなかったケンカのしかた」「痴的闘争術入門」には日本の現行法制でも、エリート政財官に個人責任を取らせる合法的技法のみが触れていますのに、どこの政党も魯迅先生の仰られた鼠と猫のたとえ話すら守れておりません。特に誰も書かなかったケンカの仕方の44~50PはGHQが民主化政策に於いて、代用監獄制度の存続と引き換えに日本国民に与えて下さった、裁判官や検察官の個人責任を問える制度であります。つまりは「日本の陰謀」のサイトの管理人さんがまだ一部の有能な市民運動の成果を無視してしまうような陰謀脳に完全には陥っていなかった時代の見解であります「日本のエリート連中の正体は全員が秘密警察の警官が他の職業エリートになりすましているグルの体制、当然冤罪被害者とされる連中もグルの役者で、目的は日本を民主化しようとする国外勢力、特に中国と英国の有志と日本国民の団結を先手を打って妨害するためである」に妙な納得感を憶えたものでありました。
Commented by ruhiginoue at 2015-08-09 19:50
本は三一新書から出てましたけどね。なんか出版社からして、おかしくなりましたね。
Commented by 安打製造屋 at 2015-08-10 18:04 x
そうでしたか。山本太郎は反対でしたか。事実確認を怠り、大変失礼致しました。やはり小沢一郎と行動しているとどうしても信用するのには一抹の不安を感じるのですが
Commented by ruhiginoue at 2015-08-10 20:08
「山本太郎と仲間たち」という団体名のことでしたが、個人名に見えてしまう記載でした。
Commented by 次郎くん at 2015-08-11 03:55 x
阿修羅掲示板でのgataro氏の投稿に「無党派層は無責任層」という見解がありましたが、その通りですね。具体的には顔見知りのエリート創価学会工作員が知人として存在している連中どもは、まんまと口車に乗せられてしまいました。特に山口県在住の精神病患者たちと反体制B層たちは「権力批判したいなら今回の山口県知事は山本太郎と書いて投票するという、死票になるけれど、権力に強く異議申し立てする方法があるよ、共産党候補にも飯田にも投票したくないでしょ」の言い分を盲信してました。結果は山本◯太郎候補と票が数えられて山本◯太郎候補の粘り勝ちであります。SEALSが推薦する候補に自公工作員どもがぶつけて潰す候補にはこの手口を使うのではないでしょうか。2003年の総選挙の時にも新聞の漢字すら読めない半文盲のオバカ日本人は多いですから「比例は自由党と書けば小澤さん支持の異議申し立て白票として数えられるからこれほど権力がイヤがる選挙行動はないよ」にマンマと日本全国で数百万人が騙されて、騙されたことも知らず反省無き日本版阿Q状態があちこちで現出致しました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2015-08-07 18:50 | 政治 | Comments(7)