コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

御巣鷹山日航機墜落から30年と自衛隊の体質

 520人の死者を出した御巣鷹山の日航機墜落事故から30年になる。生き残った数名と、家族を亡くした人たちの、その後についてマスコミが報じている。
 これを題材にした映画も作られていた。ドキュメンタリーふうのドラマから、撃墜説の陰謀論を説くものまであった。

 この事件をきっかけに航空自衛隊をやめた人がいた。ひっそり深夜の放送だったので知らない人が多いけれど、テレビでとりあげられ、当人がその時について語っていた。
 その日航機が消息を絶ち墜落したらしいというとき、自衛隊がすぐに救助に向かわなかったことに批判もあった。これについて自衛隊は、墜落した場所が判らなかったからだと弁解したけれど、RF 4偵察機を飛ばすなどしてない。考えられること出来ることをしないで言い訳。国民のために働く気がないんだなとガッカリして辞めたと言っていた。

 そう言われてみれば、たしかに、自衛隊の上層部の連中と言えば、田母神とか佐藤とか、自衛隊をダシに使い、同僚や部下への思いやりもなく、自分だけ政界入りしたい出世したいで、選挙資金を集めておいて使い込みで豪遊していたとか、そんな連中が目立っている。
 そして実際に利益を得たり威張ったりしている。だから、そのガッカリして辞めた人の話に、昔はピンとこなかったけど、最近ではわかってきた。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 次郎くん at 2015-08-11 04:10 x
つまり牟田口二世や富永二世や源田二世がゴロゴロいるという訳ですね。いえ二世というには一世扱いした人々に失礼かも知れませんね。下級将校時代には勇卒の誉れが高く何度も勲章と体に傷を負っており、同じ考えの同志も幾ばくか戦死しております。田母神や佐藤にはとてもとても現場の最高責任者となってから君子豹変するという命懸けの詐欺の手口を使う勇気はない連中ですから。

Commented by ruhiginoue at 2015-08-11 20:51
 うちが貧乏だったから軍隊という人は昔から多いけど、防衛大にという人は出世に目がくらむのではないかと。
Commented by neobasara at 2015-08-13 00:00
自衛隊は,他の政府機関から要請を受けないと出動できないのです。自衛隊が勝手に判断して行動させないのがシビリアンコントロールだと勘違いして,そういう仕組みにしたのです。現に阪神淡路大震災で兵庫県から要請を受ける前に隊を出動させた指揮官は,後で防衛庁に責任を問われています。そういう役所的なこともご承知いただければと思います。
Commented by ruhiginoue at 2015-08-13 17:23
日航機123便が空中でコントロール不能の状態に陥ったとき、在日アメリカ軍は横田基地への不時着を考え米軍機がレーダー追尾していたため、墜落した1時間後にはその場所が判明していたそうです。
そのさい米軍機はスクランブルをかけて緊急発進していたそうです。
日本の航空自衛隊でも、スクランブルは現場の判断で、他所からの出動要請は必要ないはずです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2015-08-10 19:43 | 社会 | Comments(4)